研究会

【No.1】運用管理業務の研究

~システム運用のDXについて考える~
《運用管理研究会》(研究型・UF発表あり)

対象 次の業務に関わる実務メンバーやリーダー、または管理職の方
  • ITシステムの企画・設計・開発を業務として行っている
  • センターやオフィスでITシステムの構築・運用を業務として行っている
日程
  • 月1回、1.5日間の開催です
  • 開催地は参加メンバーの地区比率に応じて決定します

参加申込

※お申込フォームが別ウィンドウで開きます

研究会の概要

近年、企業は継続的に変化する事業環境に素早く適応するために、デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んでいます。
本研究会では、システム運用の観点からDXとは何か、何をすべきかについて議論し、参加メンバー様が持ち寄ったノウハウの共有や仮説検証を通じて研究を進めていきます。

研究会の進め方

業界や世間の動向、メンバー各社の事例、技術テーマを絞り込み、1年間を通して研究していきます。主な流れは次のとおりです。

  • NECからソリューションや製品の紹介、ショールーム・施設の見学
  • メンバー各社や世の中のDXの事例、付随する技術情報等のノウハウを共有し分析
  • システム運用におけるDXとは何か、何をすべきかのイメージを具体化し仮説立案
  • 仮説検証を行い、得られた結果や考察をまとめ、発表

検討テーマ

「システム運用のDX」
システムには性能データやシステムログなど数多くのデータが蓄積されています。DX実現のために、これらデータの活用方法だけでなく、システム運用のあるべき姿、要員のマインドセット変革など検討すべき課題は数多くあります。システム運用のDXとは何か、何をすべきかを描き、現実とのギャップを考察し、検討テーマをより具体的に掘り下げていきます。

研究会の進め方のイメージ
研究会の進め方のイメージ

(参考)参加メンバーの声

  • 研究テーマ以外にも新たな気付きを得られたことが良かったです。
  • メンバー各社の悩みを共有したり、新しい技術の導入状況などを確認することができました。
  • 関連技術の紹介もあり満足することができました。

参加申込

※お申込フォームが別ウィンドウで開きます