研究会

【No.7】データアナリティクス研究会(課題討議型・UF発表無し)
~データ分析によって価値創造を図る~

対象
  • 企業や団体の中でBI/BAツールや人工知能・機械学習などを活用して、データ分析を行っている方
  • データ分析による課題解決や価値創造の企画・推進を行っている方
  • データサイエンティスト、及びその育成に携わっている方
日程
  • 月1回、各1~2日の開催です
  • 開催場所は原則東京です
  • 参加メンバーの勤務地を考慮して、数回程度東京以外の地区での開催となる可能性があります

参加申込

※お申込フォームが別ウィンドウで開きます

研究会の概要

図1:データ活用シーンの一例
図1:データ活用シーンの一例

人工知能・AIの時代を迎え、データ活用によって経営課題を解決したり、新たな事業価値を創出しようという動きが加速しています。昨今は、AIブームとも言われ、様々なツールや技術が拡がってきています。そこでキーになるのは、データを分析して隠れた法則や新たな知見を発見する「データアナリティクス」の取り組みです。データアナリティクスの取り組みを成功させるには、適切な目的設定を行い、それに沿ったデータの収集、分析手法・技術の選定分析プロセスの実行と結果判断、改善提案の実施などを行う必要があります。
本研究会では、各メンバーのデータアナリティクスの取り組みのレベルアップのために、課題や取組の共有・技術の習得を目指します。

● 関連キーワード ●

データアナリティクス全般について

  • ビジネス・インテリジェンス(BI)
  • アドバンスト・アナリティクス
  • 機械学習、ディープラーニング
  • 人工知能(AI)
  • データサイエンティスト

● 参加企業例 ●

  • 銀行・保険・航空・食品製造
  • 飲料製造・建設・機械製造
  • 医療機器製造・化学・商社・放送
  • 人材サービス

業務部門・システム部門とも幅広くご参加いただいています。

研究会の進め方

【課題共有セッション】

メンバー各社のデータ分析の取り組みや課題を紹介しあいます。

【ハンズオンセッション】

実データを用いた分析体験を行います。

【最新事例・技術の紹介】

NECのデータサイエンティストから、技術動向や事例の紹介を行います。

検討テーマ

  • データ分析やAIを経営に活かす方法
  • データ分析やAI活用で陥りやすい問題とその対処方法
  • データ分析やAI活用人材の育成方法
  • 自社のデータ活用状況と目指すステージに向けた課題の整理
  • 試験データを用いたデータ分析の実施・データ活用計画の作成
図2:NECの考える情報活用ステージ
図2:NECの考える情報活用ステージ

(参考)参加メンバーの声

  • 10以上の企業の取り組みを知ることができて参考になる
  • 自社の分析内容にアドバイスを貰えて良かった
  • ワクワクする人・技術・事例と出会え、将来やってみたいことが増えた

参加申込

※お申込フォームが別ウィンドウで開きます