研究会

【No.3】設計環境研究会(研究型・UF発表有り)
最新ICT環境を活用した設計環境を考える

対象
  • PLMの有効的な活用方法、効率的な運用方法を検討されている方。
  • 製品データの有効活用・流通方法を検討されている方。
日程
  • 1.5ヶ月に1回、1.5日開催。開催地はメンバーの地区比率に応じて決定
  • 決定した開催地によっては、会合出席に際して出張が必要となります
  • Webでの開催に移行の場合、1ヶ月2回、半日開催予定継続

参加申込

※お申込フォームが別ウィンドウで開きます

研究会の概要

ポストCOVID-19に向けたデジタル化の加速、ビジネス変革など、ものづくりを取り巻く環境は大きく変化しており、PLMの戦略的活用がますます重要になっています。このような変化に対応するために、デジタルスレッド、デジタルツイン、IoT、AR/VR、AIなどの最新テクノロジーの活用を検討されている企業も多いと思います。当研究会では、製品開発におけるICT活用の拡大、PLMシステムの効果的な利用方法、製品データの有効活用方法などについて研究します。

研究会の進め方

  • 研究テーマは、2020年度研究会で決定し、2021年度も同一テーマで継続研究となります。(下記参照)
  • 企業見学など「研究テーマ以外」でも各社の”気付き”に繋がる取組みを実施予定
    (※COVID-19状況により、Webセミナーなどに変更)

研究テーマ

以下のテーマで研究を進めています。

  • 3Dモデルの活用
  • 図面レスの実現性
  • リモートワークに求められる設計環境
図:設計環境研究会

参加申込

※お申込フォームが別ウィンドウで開きます