東北NEC C&Cシステムユーザー会

会合 2019年度

東北NUA 福島例会

~魅力満載!会津が誇る最先端施設~

  • 日時
    2020年 2月21日(金)12:00~(10:30JR郡山駅集合)
  • 会場
    「スマートシティAiCT(アイクト)」&「会津大学」
    (会津若松市東栄町1-77)&(会津若松市一箕町鶴賀)
  • 定員
    20名様
  • 参加費
    東北NUA会員様無料
    ※会場までの交通費は各自でご負担願います。
  • 申込締切
    2/14(金)
    ※一社で複数名お申込みの場合等、何かございましたら事務局までご連絡下さい。
  • 内容とスケジュール
    時間 内容
    10:30 JR郡山駅集合後、貸切バスにて移動
    12:00 会津若松市にて昼食(現地集合と合流)
    12:45 「スマートシティ会津若松」で、今、起きていること
    ~スマートシティAiCT(アイクト)&会津大学見学~

    会津若松市が「スマートシティ会津若松」の一環として取組んでいる“ICTオフィス環境整備事業”。その一つとして、昨年4月に、「スマートシティAiCT(アイクト)」が完成しました。
    福島例会では、今会津若松市で何が起きているかをテーマにご紹介するとともに、施設のをご案内頂きます。
    また、日本初のコンピュータ専門大学として開設され、多くのベンチャー企業を輩出している会津大学。その今をご紹介いたします。

    講師:会津大学 産学イノベーションセンター客員准教授 藤井 靖史 様

    15:30 会津大学出発
    17:00 郡山駅着
  • 見学施設のご紹介

    「スマートシティAiCT(アイクト)」

    2019年4月に完成した、ICTオフィス「スマートシティAiCT(アイクト)」。公募で決まった名称は「会津ict」の略で、AiCTの「A」には「AIZU(会津)」「AI(人工知能)」「Advance(前進、進出)」の意味が込められています。

    AiCTは、大きくオフィス棟と交流棟の2つの建物からなり、先端技術の実証・実装フィールドとして、ICT関連産業の集積拠点です。ICTオフィス環境整備事業を中心に、「ひと・しごと・データが集まる『まち』」として整備され、先端ICT関連企業の集積を目的に、集い・つながる場として親しみやすいエリアになるよう計画されています。


    「会津大学」

    会津大学は1993年に開学した日本で最初のコンピュータ理工学専門の大学となります。「先進的なコンピュータ教育」「国際的な教育・研究環境」「実力を育む舞台(会津から世界へ)」「未来に開かれた扉(開学以来ほぼ100%の就職率)」の4つの大きな特徴を有し、総敷地は20万平方メートル(東京ドーム4個以上はいる緑豊かな広大な敷地で1,073人の学生が学んでいます。

    今年度文部科学省の国際拠点整備事業に応募しスーパーグローバル大学に採択されており、地域に根差した全キャンパスの国際化を目指されています。また「産学イノベーションセンター」では共同研究、受託研究、奨学寄附金などの産学連携相談や技術的相談に応じています。ITに限らず、ものづくり現場での困りごとには、会津大学の産学官連携コーディネーターが、全国の大学とのネットワークで解決に向けた支援を行うなど、産学連携に対しても、積極的に取り組まれている大学です。

  • お問合せ先

    東北NUA事務局(NEC東北支社ソリューション推進グループ内)
    TEL:022-267-8706
    E-mail:to@nua.jp.nec.com

参加申込

※お申込フォームが別ウィンドウで開きます