四国NEC C&Cシステムユーザー会

会合 2019年度

2019年度 第4回スキルアップセミナー 「部下の成果の上げ方研修」
~成長を促し組織貢献へとつなげる~

  • 日時
    2019年11月22日(金)10:00~16:30(受付 9:30より)
  • 会場
    サンポートホール高松 ホール棟6階 62会議室
    香川県高松市サンポート2番1号
  • 参加費
    NUA会員 無料
  • 募集定員
    24名様
    ※お申込み多数の場合は先着順とさせて頂く事がございます
  • 申込締切
    11月15日(金)
  • 講師

    株式会社インソース講師 植田 啓 氏


    ■主な経歴

    1983年 田辺製薬株式会社(現・田辺三菱製薬株式会社)入社。
    2002年 営業本部改革プロジェクトを通じ、業績につながるMR活動、営業マネジメントや人材育成のあり方を、数十名のMRとのOJTを通して組織的に開発。
    2011年 営業本部人材育成グループに着任。階層別教育の企画から運営、登壇まで担当。
    2017年 株式会社インソース講師に就任。

  • プログラム

    講義・個人ワーク・グループワークを適宜実施

    昼食はご用意いたします

    時間 内容
    午前
    1. 働き方改革で変わる評価軸
      • (1)働き方改革で管理職のリーダーシップが試される
        (2)「働き方改革」の背景にあるもの
        (3)働き方改革以降の組織とは
        (4)働き方改革で変わる管理者の役割~生産性向上に向けて~  
        【ワーク】チームおよびメンバーの成果を最大化するために管理職として求められることを書き出す
     
    1. 「がんばっているのに評価できない」の裏にあるもの
      • (1)部下の努力(がんばり)と成果を結びつける
        (2)部下の自己評価と上司評価がずれる理由
        【ワーク】組織方針・考え方を書き出す
    午後
    1. 組織方針に沿った目標設定
      • (1)組織方針と連鎖した成果=組織貢献度大⇒高い評価
        (2)目標を部下に伝えるステップ~組織目標のブレイクダウン
        【ワーク】サブ目標設定
        (3)目標を、部下に咀嚼して伝える
        【ワーク】組織方針、自部署の目標を、部下に伝える練習
     
    1. 部下が輝く場所を見つける~部下の強みと組織利益の連鎖
      • (1)大前提~「人」を見る
        (2)人員配置(アサイン)の仕方
        (3)部下を知る
        (4)部下を伸ばす業務配分を考える
        (5)期待を伝える
        (6)実践できる計画づくり 
     
    1. 部下に成果の見せ方、伝え方を指導する
      • (1)最終評価者を正しく伝える
        【ワーク】部下にとっての最終評価者を考え、最終評価者の判断軸を書き出す
        (2)成果は数字で示すよう指導する
        (3)部下への積極的な関与と関心~部下の成果は自ら確認する
  • 問い合わせ先

    四国NEC C&Cシステムユーザー会事務局 桑嶋、長瀬
    TEL:087-836-1201 FAX:087-836-1222

参加申込

※お申込フォームが別ウィンドウで開きます