MY CHRONOLOGY~未来へ続く年表~
地域開発プロデューサー 成田重行氏

江戸時代の新宿を真紅に染めた「内藤とうがらし」を復活させた異能の人

オムロンで常務取締役を務め、退職後は地域開発プロデューサーとして全国で30を超える町おこしプロジェクトを推進。現在は、「内藤とうがらし」を復活させるプロジェクトを牽引する。歳を重ねても変わらぬ熱量でチャレンジし続ける成田重行の原動力とは。

(文/井上 隆文 写真/信澤 邦彦)

成田 重行(なりた しげゆき)氏 Profile

地域開発プロデューサーとして全国の地域振興(地域力創造)を手掛ける。
現在は内藤とうがらしプロジェクトのリーダー。

1942年〜 原風景は幼少期の疎開先・軽井沢の豊かな自然

1942年、東京都世田谷区で生まれた成田は、戦火から逃れるため2歳のときに中軽井沢へ疎開した。当時の中軽井沢は現在ほど開発されておらず、見渡す限り麦畑が広がっていた。その自然豊かな町で幼少期を過ごしたことが、後に全国で町おこしをしたり、農業に勤しんだりする成田の原風景となっているのかもしれない。

1970年〜 禅の思想に心酔し、ドラッカーに学び、蕎麦と中国茶を極める

安定している大企業よりベンチャー企業の方がおもしろそうだという理由で、立石電機(現・オムロン)に入社。本社の社屋は時代劇スターの嵐寛寿郎などが使用していた映画撮影所を買い取って改装したもので、映写機などの撮影機材がたくさん置かれ、垣根を隔てた隣接地には日本最大の禅寺・臨済宗大本山の妙心寺があった。その環境が成田に与えた影響は計り知れない。

「仕事がないとき、垣根を越えて寺院へ遊びに行くんですよ。寺院の修行は朝晩だけだから、お坊さんも昼間は暇で相手をしてくれるんです。寺院を回ってお坊さんと話をする中で、生涯の趣味となる中国茶や蕎麦と出会いました」

仕事面でも、現代禅研究所を創設した赤根祥道と出会い、禅の思想を経営に活かす「ビジネス禅」を学び、ビジネスセンスと人間力を磨いた。

「上杉謙信や武田信玄などの戦国武将も禅を学んでいたそうです。戦国武将も人間ですから、戦地で命を賭けたギリギリの局面に立たされると、恐れに取り込まれてしまいそうになります。それに打ち勝つには、人間として確固たる軸が必要なのです。これは現代の経営者も同じです。企業買収や海外進出、リストラなど、ギリギリの状況に立たされたとき、ものをいうのは数字や理屈ではなく精神的な部分です。その点で禅はビジネスに通じるものがあります」

禅を通じた精神面と経営感覚の鍛錬に加え、30代から「経営の神様」と言われたピーター・F・ドラッカーやマッキンゼー・アンド・カンパニーの日本支社長だった大前研一らと交流する機会を持てたこともビジネスマンとしての成田を磨く糧となった。これらの成果によりオムロンでメキメキと頭角を現し、事業拡大や業務改革、海外戦略を牽引し、常務取締役を務めるまでになった。

仕事と遊びの二刀流。出る杭ではなく、動じない柱になれ

仕事と遊びの二刀流は、若い頃からのポリシーだ。朝7時に出社し、仕事の段取りを整え、就業時間中は鬼神のごとく働き、誰より成果を上げる、そして18時になると残業に勤しむ同僚を横目に退社、その後の時間は中国茶と蕎麦打ちにのめり込んだ。

「『あいつは蕎麦や中国茶ばかりやっていて仕事をしていない』と後ろ指をさされることのないよう、昼間は人の3倍働きました。先輩には『趣味なんて定年後にやるもんだ』と言われましたが、私は30代・40代のエネルギーで思い切りやりたかったのです。よく出る杭は打たれると言いますが、それはちょっとだけはみ出るから打たれるんですよ。私は蕎麦打ちと中国茶で何冊も著書を出版し、NHKの講師までやりましたから、杭ではなく打たれても動じない柱になっていましたから、何も言われませんでした」

仕事と遊びの二刀流は、海外でも変わらない。グローバル戦略を任されて世界22カ国を飛び回った成田は、どの国にも蕎麦粉と包丁を持参した。

「現地の取引先やパートナーのお宅へ伺ってよく蕎麦打ちをしました。そうすると、ご家族はもちろん近所の子どもまで集まってきて、初めて会った人とでもすぐに信頼関係を築けます。すると、翌日の商談もすんなりまとまるんですよ。個人の趣味で形成された人脈や経験、ノウハウは、企業へフィードバックされ、結果的に個人も企業もWin-Winになる。私はこれを“ブーメラン効果”と呼んでいます。もちろん仕事も趣味も一目置かれるまで究めなければダメですけどね」

さらに、成田は自分だけではなく、会社全体の働き方改革にも取り組む。ワークライフバランスを整えることが社員のモチベーション向上につながると社長に提案して、長期リフレッシュ休暇制度やフレックスタイム制度を実現したり、旅先から仕事をするワーケーションを提案したり、時代を先取りした改革に手腕を発揮した。社内の生産性を高めるフリーアドレスオフィスも、成田の提案から始まった働き方改革の一環である。

2001年〜 町づくりは人づくりから。全国30カ所で地域開発を成功させる

定年を迎えた成田は、きっぱり仕事から足を洗い、別の道を歩み出す。

「60歳まで世界を駆け回る大きな仕事をしてきたので、残りの人生は正反対の小さいことがおもしろい、小さいことが美しい、小さいことが楽しい、そこに照準を当てた活動をしようと思いました」

北は北海道常呂町から南は沖縄県宮古島まで、在来線を乗り継ぎ、自転車を漕ぎ、全国の30を超える町で地域開発に取り組んだ。どの町も高齢化が進み、人口減少で税収が減り経済は疲弊していた。当然ながら地元では、行政が中心となって地域活性化が進められていた。しかし、その大半は助成金や補助金で箱物をつくったり、東京からコンサルタントが来て企画書を作成したりするだけで予算が消化され、数年後には元通りになってしまうのが常だった。

「地域開発には時間がかかるんですよ。私の場合、最初の1年間は町のあちこちを回って小学校を訪ねて子どもと遊んだり、おじいちゃん・おばあちゃんと話したり、消防団のお兄ちゃんにいろいろ教えてもらったり、人づくりに専念します。1年経つ頃には、何が問題でどうすればよいか見えてきますから、2年目から本格的な地域開発をはじめます。このやり方は時間がかかりますが持続性があります。一時期、B級グルメが全国で流行りましたが、あっという間に廃れましたよね。でも、私が手掛けた活動は、どの地域も今でも成果を上げ続けています」

山形県金山町の「四季の学校」、三重県尾鷲市の「お母ちゃんのランチバイキング」、岐阜県飛騨市のスキー場を使ったウォーキングコース開発など、成功例は枚挙にいとまがない。特に沖縄県宮古島で手掛けた「雪塩」は、2000年当時、世界一ミネラル成分の種類が多いとギネスブックに認定され、全国区のブランド塩となった。

2008年〜 江戸時代に栽培されていた「内藤とうがらし」を現代に復活

成田が事務所を構えているのは東京都新宿区だ。区長や商店街の会長から「全国で地域開発をしているのに、地元では何もやらないんですか」と言われたが、流動人口1千万人を超え経済規模も大きい大都会で手伝えることはないと思い、断ってきた。

しかし、ある会合で新宿に住む小学生に「大阪のいとこから、『強盗が出たり、火事が起きたり、カラスがいっぱいいる新宿なんかによく住めるな』って言われて、何も言い返せなかった」と言われ、ハッとさせられた。

「少年の悲しそうな顔を見たとき、自分は今まで新宿を外からしか見ていなかった。新宿だって、子どもからお年寄りまで30万人が住むローカルな町だって気付かされました。その目線で見ればできることはあるはずだと」

歴史を紐解くと、江戸時代の新宿一帯は徳川の家臣だった内藤家の領地で、内藤新宿一帯で唐辛子が栽培され、秋になると四谷から大久保まで真っ赤な絨毯を敷き詰めたようだったと伝えられていることがわかった。いわゆる八房系唐辛子という品種で「内藤とうがらし」と呼ばれるブランド品として人気を博していた。こうして調べた成果を2010年に展示会で発表したところ、区長をはじめ地元の方々から「これを復活させたい」との声が上がり、「内藤とうがらしプロジェクト」が発足した。

「内藤とうがらし」復活における最大の課題は、種探しだった。明治以降、鷹の爪に押されて栽培されなくなり、農家には一粒も種が残っていなかったのだ。成田は東奔西走して内藤家のルーツを辿り、第17代目の当主を探し当てて交渉に臨んだが、これも空振りに終わる。再度、調査を進めた結果、茨城県つくば市の国立研究開発法人農業生物資源研究所(現・農業・食品産業技術総合研究機構)に八房種の古い種があることを突き止め、研究員に事情を話して7粒の種をわけてもらった。これを手塩にかけて選抜育種し、3年後ついに原種を復活させた。これが2013年にJA東京中央会から伝統の江戸東京野菜として認定され、正式に「内藤とうがらし」が復活を遂げた。

ここから日本有数の地域開発プロデューサーの真骨頂が発揮される。

「小学4年生の総合的な学習の時間を使って、歴史を学び、苗を栽培し、加工品をつくって販売し、区内の全小学校を集めて『新宿とうがらしサミット』を開きました。子どもたちが熱心に活動すると、親が興味を持ち応援してくれ、それが近所へ、次に商店街へ広がり、企業にも認知されるようになりました。その結果、広告費などは一切使うこともなく知名度が上がり、有名百貨店やレストランが扱いはじめ、新宿駅には『内藤とうがらし』のスタンプが登場しました」

四谷では苗を住民や商店街に配布、町のあちこちに真っ赤な実をつけたプランターが設置され、レストランでは新メニューが開発され、ご当地土産として各種商品が開発・販売され、大手食品加工メーカーから商品開発の依頼が来るまでに認知度が高まった。

FUTURE 多様な分野のノウハウと経験を後世へ伝えたい

会社では世界を舞台に輝かしい実績を上げ、個人としては蕎麦打ちと中国茶を極めて尊敬を集め、地域開発プロデューサーとして全国に豊かさと価値を創造してきた異能の人、成田重行は、この先どこへ向かうのか。

「さまざまな活動を通じて培ったノウハウや経験を後世に伝えたいと考えています。今も3つの大学の講師をしていますし、早稲田大学ともつながりがあるので、彼らと連携しながら、新しい地域学を興すことを検討しています。私は今まで禅や企業活動、蕎麦打ち、中国茶、地域開発など、一見異なる取り組みをしていたように見えますが、実はすべてつながっていると思っています。そこには『源流』と呼ぶ人間の根底に宿るエネルギーのようなものがあり、そこに歴史、食、健康、経済、文化などが渾然一体となり、人を動かし地域を変える力になるのです。今は私塾のような活動をしていますが、それをもっと多くの人に伝える活動にしていきたい、それが今の目標です」と語る成田の瞳には、宝物を前にした子どものような輝きが宿っていた。