いのちのまなざし~Look of Life~

岩窟教会群を訪ねる~エチオピア~

(写真/文 小松 義夫)

エチオピアを訪れるのは二度目だ。以前行きそびれた北東部のエチオピア正教の聖地ラリベラにアディスアベバから飛んだ。ここは標高約2700メートルで空気が薄く、歩くと少々息切れがする。12世紀後半から13世紀初めにかけて造られた岩窟教会群は1978年に世界遺産に登録された。教会には朝から信者が礼拝に集まる。外国の観光客が多いので、観光地と思いがちだが、ここはエチオピアの人たちの聖地なのだ。 10以上ある教会には雨や強烈な日光から保護するための厳重な屋根がかかっているが、聖ギオルギス教会だけは屋根がかかっていない。岩を彫りぬいた教会はノアの箱舟を模しているとされ、特別な存在感がある。岩から削りだされた教会内部は彫り抜きで、柱はない。岩の上に立って、これを手彫りで建造した人々の強い意志に思いをはせる。

ラリベラの町から見上げると不思議な形の岩山があり、標高は3200メートルを超えるという。そこに小さな修道院や教会があるというのでインド製のエンジン付きの三輪車、通称トゥクトゥクで山道を約7キロ上った。ここまで来ると酸素が町より少なく、息をするのが苦しい。岩山を上り崖に掘りこんだ教会に入ると司祭が1000年以上前の聖書を見せてくれた。聖母マリアが幼子キリストを抱く絵は稚拙に見えるが、やわらかで豊かな表現が妙に印象に残る。教会を出て、ここより空気が濃いラリベラの町まで近道を歩いた。石が転がる急峻な斜面を下り、膝が疲れたが、転ばずに無事町に帰れたことを神に感謝した。

印象的な聖ギオルギス教会にはエチオピア人の信者、外国人観光客が訪れる。
十字架形の教会は縦、横、高さが12メートルというが、実際見るともっと大きく感じる
山の上の小さな教会で1000年以上前のグズ語で書かれた聖書を見せてもらった。紙ではなく羊の皮に書かれている
三輪車でここまで来て、岩山の麓まで歩いて登り修道院や洞窟の教会を訪れる。岩山はスピルバーグの「未知との遭遇」に出てくる宇宙から来た円盤の基地に似ている、と思った
香料の入った丸い器を振り子のように振り、聖堂に向かって祈りをささげる司祭を香りが包む

(コンセンサス 2016年5月-6月号 掲載)