九州NECユーザー会

会合 2021年度

新春フォーラム2022

1年の始まりを華やかに!
~仲間と夢を実現&聞き上手になろう~

  • 日時
    2022年1月14日(金)14:00~17:00
  • 開催
    ハイブリット形式

    ※会場参加とオンライン参加をご自由に選択していただけます。
    密を避けるため、会場参加は1社2名様までとさせていただきます。

    ※オンライン参加ご希望の方には接続方法をご連絡いたします。

  • 会場
    電気ビル 共創館 カンファレンスA
    住所:福岡市中央区渡辺通2-1-82
    TEL:0120-222-084

    ※COVID-19の状況に応じてオンライン開催への変更となる可能性がございます。

  • 参加費
    無料
  • 申込締切
    2022年1月7日(金)
    定員に達しましたのでお申込みを締切りました。
    多数のお申込みありがとうございました。
  • プログラム
    時間 内容
    14:00~14:10 ご挨拶 九州NUA委員長 株式会社QTnet 眞部 利應様
    14:10~15:10 【講演Ⅰ】 
    テーマ:最強のチームワークで目標実現
    ~仲間と共に掴んだ笑顔の金メダル~

    東京2020パラリンピック、女子視覚障がいマラソンで金メダルを獲得した道下美里選手。
    その際、道下選手のガイドランナー(伴走)を担当したNEC社員の志田淳選手。
    一緒に夢を叶えた同志のお二人をお招きし、チームで戦うブラインドマラソンの魅力やチームで目標を達成するために歩んできた道のり、金メダル獲得のエピソードなどをお話しいただきます。モデレーターは、2010年バンクーバーパラリンピックパラアイスホッケー銀メダリスト(現NEC社員)の上原大祐さんです。

    講 師:道下 美里 選手

    【プロフィール】
    1977年1月19日生まれ
    山口県下関市出身。
    2021年現在、福岡県在住。(三井住友海上所属)
    2004年盲学校在学中に陸上競技と出会い2008年フルマラソンに挑戦。144cmと小柄だが「あきらめない心」「挑戦する心」で次々と各地の大会へ出場。2016年にはリオパラリンピック視覚障がい女子マラソンで銀メダルを獲得。2017年防府読売マラソンで世界記録を樹立し、その後自ら二度更新。東京2020パラリンピックでは念願の金メダルを獲得した。

    講 師:志田 淳 選手

    【プロフィール】
    1973年6月16日生まれ
    東京都出身。
    東海大学時代は箱根駅伝に3回出場。大学卒業後は実業団としてNECに入社。東日本実業団対抗戦では2度優勝。また、世界ハーフマラソンのメキシコベラクルス大会に日本代表として出場。
    現役引退後はガイドランナーに転身し、北京パラリンピックやロンドンパラリンピック等に出場。
    東京2020パラリンピックでは、道下選手の後半のガイドランナーとして、金メダル獲得に貢献した。

    モデレーター:上原 大祐

    【プロフィール】
    2006年トリノ、2010年バンクーバー、2018年平昌パラリンピックパラアイスホッケー出場。
    銀メダリスト。
    NPO法人D-SHiPS32代表
    NEC障害攻略エキスパート。
    パラスポーツの楽しさを届けたり社会課題解決に取り組んでいる。

    <プレゼント企画>道下選手・志田選手に質問しよう!!

    道下選手・志田選手への質問を募集いたします。
    お申込みサイトに記入欄がございますので、是非ご質問をお待ちしております。
    または当日講演にて、会場参加の方は挙手、オンラインの方はZoomチャットでご質問ください。
    質問が採用された方には道下選手のサイン入り著書「一緒に走ろう」をプレゼントいたします。

    15:25~16:55 【講演Ⅱ】 
    テーマ:話し上手は聞き上手
    ~笑いで創る豊かな人生~

    日本の伝統芸能落語を通じて分かってくる楽しい会話の仕方。
    話しの上手い方は、皆さん聞き上手でもあります。皆様は聞き上手になっていますか?
    林家きく麿氏に講演いただいた後、落語や三味線漫談でお楽しみいただきます。

    講演・落語:林家 きく麿

    【プロフィール】
    一般社団法人落語協会所属。
    落語家。真打。
    本名 高田 大輔
    出身地 北九州市
    昭和47年7月生まれ
    平成8年林家木久蔵(現・林家 木久扇)に入門
    小さい頃から楽しい事が大好き、古典落語だけでなく新作落語の作成にも取り組んでいる。
    寄席・落語公演の他に地域活動や学校公演も多く手掛ける。

    落語:橘家 文太

    【プロフィール】
    一般社団法人落語協会所属。
    落語家。二ツ目。
    出身地 北九州市。1987年生まれ。
    2014年12月、八代目林家正蔵一門の橘家文左衛門(現三代目文蔵)に入門。
    前座名は門朗。2020年2月、二ツ目昇進で文太と改名。
    現在FBS福岡放送毎週日曜日17時25分からの「今日の焦点・北九州」にてナレーションを担当。
    2021年11月、第80回西日本文化賞 奨励賞(社会文化部門)受賞。

    三味線漫談:林家 あずみ

    【プロフィール】
    一般社団法人落語協会所属。
    2010年6月 林家たい平に三味線漫談家として入門。
    2014年6月 三味線漫談家としての前座修業を終える
    長唄の三味線を杵屋長桂之師に師事
    高座で弾き唄う端唄 小唄 俗曲の唄と三味線、様々な知識 技術を花季彌生師に師事
    2007年から2015年までの8年間ニッポン放送で中継レポーターを努める。

  • 問い合わせ先

    九州NECユーザー会 事務局 【黒木、大砂、松浦】
    E-Mail:kyushu@nua.jp.nec.com