九州NECユーザー会

会合 2020年度

変革リーダー研修のご案内

~人数を増やさず今のメンバーで変革を実現する~

労働人口減少の観点から人材活用の必要性が叫ばれる今、企業は変革を求められています。
このような時流に合わせ、昨年度ご好評をいただきました「変革リーダー研修」を今年度も開催する運びとなりました。つきましては、業務ご多忙とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご参加賜りたくご案内申し上げます。

  • 日時
    2020年7月3日(金)10:00~17:00
    (途中、昼食休憩1時間)
  • 会場
    Zoomミーティング
    (各自にてPC、ネットワーク接続環境をご準備下さい)
    ※受講確定者にIDとパスワードをお知らせします。
  • 対象
    リーダー層、管理職
  • 定員
    40名(先着順)
    ※多くの会員様にご受講頂きたいので、恐れ入りますが1社あたり3名までとさせて頂きます。
    複数お申し込み頂いた場合は調整のご依頼を申し上げます。
  • 講師
    株式会社インソース
  • 教材
    講師にて準備いたします。
  • 受講料
    無料
  • 申し込み期間
    2020年6月22日(月)~6月26日(金)
  • ねらい
    事業環境が想像以上のスピードで変化する現代において、組織を成長させるリーダーには「5年後、10年後の世界は?」「自分が経営者なら?」という高い目線が求められます。そこで本研修では、変革を「5年後、10年後の組織に有用な新しいことの実現」と定義したうえで、変革の具体的な進め方をお伝えします。
  • 概要
    プログラム
    1. はじめに
      ■本研修における変革とは
      ~5年後、10年後の将来を見据え、組織に有用な新しいことをやる

    2. 変革実現の手順
      ステップ1:高い目線で変革目標を設定する
      ステップ2:業務改善で変革人材や時間を捻出する
      ステップ3:捻出した2割の変革人材で特命チームをつくる
      ステップ4:チーム全体に「勢い」をつける

    3. 変革目標を設定する
      (1)将来を考えるための時代認識
      (2)5年後、10年後を考える
      【ワーク】5年後、10年後のチャンスとピンチ・課題を考える
      (3)実例から学ぶ変革すべきものの洗い出し方
      (4)実例から学ぶ変革すべきことの決め方
      (5)変革目標とKPIの設定
      【ワーク】自チームの変革目標とKPIを考える
      (6)変革を実現するための行動原理、偉人の言葉
      【ワーク】変革のキャッチフレーズを考える

    4. 業務改善で変革人材や時間を捻出する
      (1)人材や時間を捻出する業務改善のやり方
      ①リーダーの発想を変えるのがスタート ②業務改善の勘所
      (2)人材や時間の捻出策を考える
      【ワーク】人材や時間を捻出するために、既存業務の何を変えるべきか考える

    5. 変革を実現するチーム作り
      (1)捻出した人材で特命チームをつくる
      (2)変革を語り、部下を説得する
      【ワーク①】特命チームのメンバーを決める
      【ワーク②】メンバーが変革に反対してきたとき、もしくは不安があるといってきたときに説得するための言葉を考える
      (3)チームの発送を豊かにする

    6. 変革マネジメント
      (1)変革に「勢い」をつける
      【ワーク】変革に「勢い」をつける方法を考える
      (2)変革リーダーのリスク管理

    7. まとめ
  • 問い合わせ先

    九州NECユーザー会 事務局 【内野、黒木、大砂、松浦】
    TEL:092-261-2866
    Mail:Kyushu@nua.jp.nec.com

参加申込

※お申込フォームが別ウィンドウで開きます