関東NEC C&Cシステムユーザー会

会合 2019年度

第4回ICTソリューションセミナー

“これから”を生き抜くリーダーと組織
~現代と歴史から学ぶ~

  • 開催日時

    2019年12月16日(月)14:00~17:15 (受付開始 13:30)

  • 会場

    フクラシア東京ステーション
    東京都千代田区大手町2-6-1朝日生命大手町ビル5F、6F
    羽田空港より電車で30分/羽田空港よりタクシーで20分

  • 定員

    200名

    ※先着順で、定員になり次第、締切りとさせていただきます。

  • 申込締切

    12月13日(金)

  • 参加費

    無料

    ※NUA会員以外の方は参加費2,000円(当日ご準備願います)

  • セミナー概要

    講演114:00~15:30

    テーマ:

    「DX時代のリーダーシップ」
    講師: 一橋ビジネススクール 国際企業戦略専攻 専攻長 一條 和生 氏

    <講演概要>
    今、デジタル技術が社会の基本インフラになる中で、企業の抜本的な変革が求められています。しかし変革は容易ではありません。変えるべきことと変えるべきではないことを間違ってしまうと、経営は危機に直面するからです。デジタル時代に経営はどう変わるのでしょうか。そのために変革をどのようにリードしたらいいのでしょうか。
    最新の事例に基づき、デジタル時代のリーダーシップについてご紹介します。
    <プロフィール>
    1958年東京生まれ、一橋大学大社会学部卒。同大学院社会学研究科修士課程修了。ミシガン大学経営大学院に留学し、経営学博士を取得。 一橋大学講師、社会学部専任講師、同助教授、同大学院教授を経て、現職。2014年4月より、一橋大学 大学院 国際企業戦略研究科 研究科長に就任。

    講演215:45~17:15

    テーマ:

    「歴史から学ぶ組織マネジメント」
    講師: 歴史作家  多摩大学客員教授
    早稲田大学教育学部非常勤講師 河合 敦 氏

    <講演概要>
    松下村塾、新選組、海援隊、三菱商会といった幕末維新に生まれ、歴史を動かした組織があります。吉田松陰が松下村塾で指導した期間は二年足らず。しかし高杉晋作、伊藤博文など多くの偉人を輩出します。その教育方針やスタイルはいかなるものだったのか?新選組という烏合の荒くれ集団を最強の組織に育てあげた土方歳三の戦略とは?日本初の商社とされる海援隊、実際はどう運営されていたのか?岩崎弥太郎はいかにして一代で三菱商会を日本最大の海運会社にしたのか?それらのリーダーによる組織マネジメントについて詳しく紹介いたします。
    <プロフィール>
    1965年東京生まれ。青山学院大学文学部史学科卒業。町田養護学校(現都立町田の丘学園)、小岩高校定時制課程、紅葉川高校、白鴎高校で勤務。2005年早稲田大学大学院教育学研究科修士課程修了。現在、多摩大学客員教授。早稲田大学非常勤講師。高校教師27年の経験を生かし、講演会、執筆活動、テレビで日本史を解説している。

  • 企画担当委員
    佐伯 優 (株式会社ニコン) 長谷川 聡 (株式会社大林組)
    小川 彰 (株式会社日本総研情報サービス) 森 義彦 (帝人株式会社)
    小田島 淳悦 (ミヨシ油脂株式会社)
  • お問い合わせ先
    関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局
    TEL:03-3798-8664 FAX:03-3798-8715
参加申込

※お申込フォームが別ウィンドウで開きます