NUA WORLD 関東NEC C&Cシステムユーザー会

 

会合 2019年度

第3回ICTソリューションセミナー
「DX時代のセキュリティ対策とは?」
(LIVE配信併設/4拠点:新潟・長岡・長野・群馬)

開催日時 2019年9月26日(木) 14:00〜17:15 (受付開始 13:30)
会場 NEC本社ビル B1F 多目的ホール
※本セミナーは、NEC新潟支店、長岡支店、長野支店、群馬支店とライブ中継を行い、どの会場でも受講可能です。
詳細は、担当地区事務局よりご案内させて頂きます。
定員 200名
※先着順で、定員になり次第、締切りとさせていただきます。
申込締切 9月20日(金)
参加費 無料
※NUA会員以外の方は参加費2,000円(当日ご準備願います)
概要
講演1 — 14:00〜15:30
テーマ: 「あらゆる企業が攻撃対象に!
 〜インシデント事例と最新防御技術動向〜」
講師: NEC 経営システム本部 主席セキュリティ主幹
谷川 哲司 氏

<講演概要>
サイバー攻撃の高度化・巧妙化が進み、企業システムに求められるセキュリティ対策は、重要性を増す一方です。本講演では、サイバー攻撃やサイバー犯罪・マルウェアの動向を追跡し続ける講師が、実際のインシデントに基づいた対策事例やクラウドセキュリティの考え方などを、最新の技術動向を交えてわかりやすく紹介します。

講演2 — 15:45〜17:15
テーマ: 「DX時代のサイバーリスク認識とセキュリティ投資のヒント」
講師: 株式会社サイバーディフェンス研究所
客員上級分析官
鎌田 敬介 氏
写真

<講演概要>
デジタル化が進み、様々なビジネスや業務のITへの依存度が高くなると共に、これまであまり語られてこなかったサードパーティリスクなど、サイバーリスクとの付き合い方も新たな局面を迎えています。本講演では、DX時代のセキュリティリスクの考え方、リスクを最小化するための体制や人材育成の考え方について、国内外の先進企業の事例と講師の経験を交えて、セキュリティ投資を考える上でのヒントをご紹介します。

<プロフィール>
ITエンジニア3年の経験を経て2002年からサイバーセキュリティの世界へ。インシデント対応、脆弱性分析、脅威情報分析、CSIRT構築、国際連携などを経験。その後、三菱UFJ銀行などで、大企業におけるサイバーセキュリティ体制構築に関与。現在は金融業界や個別企業における体制構築の支援や人材育成などについて国内外で活動。著書に「サイバーセキュリティマネジメント入門」。

企画担当委員
長谷川 聡 (株式会社大林組) 小田島 淳悦 (ミヨシ油脂株式会社)
森 義彦 (帝人株式会社) 小川 彰 (株式会社日本総研情報サービス)
佐伯 優 (株式会社ニコン)    
問い合わせ先 関東NEC C&Cシステムユーザー会事務局
TEL:03-3798-8664 FAX:03-3798-8715

参加申込

※お申込フォームが別ウィンドウで開きます

このページの先頭へ