北海道NEC C&Cシステムユーザー会

会合 2019年度

アサーティブコミュニケーション研修

  • 日時
    2019年10月24日(木)10:00~17:00
  • 会場
    NEC北海道支社 A会議室
    (札幌市中央区大通西4丁目1 新大通ビル7F)
  • 概要
    他者とコミュニケーションとるときには、自分の考えや気持ちを相手に言わないで我慢したり、自分の考えを一方的に押し付けて主張したりしまいがちです。本研修では、相手の考えを尊重したうえで自分の考えを率直に伝える手法(アサーティブコミュニケーション)を身につけます。
  • 講師
    株式会社インソース 松原 恵美子 氏
  • 対象者
    全階層
    (対同僚、対上司、対部下、対お客様とそれぞれのコミュニケーションの相手方を想定しております)
    • 言いにくいことを伝えることが苦手で、もっとうまく伝えられないかと思っている方
    • 自分の思っていることや意見を、素直に相手に伝えることができない方
    • 逆に、自分の意見ばかりを主張してしまい、かえって相手から反発を受けることが多い方
  • 定員
    最大35名(最低開催人数12名)
    ※申込多数の場合は参加人数をご相談させて頂く場合がございます。
  • 参加費
    無料 ※準会員価格:26,000円
    本研修は参加無料ですが、<少人数の定員制> となっておりますので、できる限りキャンセルの無いようご配慮をお願いいたします。
  • 申込締切
    10月11日(金)
    ※定員になり次第締め切りますので、お早めにお申し込みください。
  • 詳細
    内容 手法
    1. こんな時どうする?<自分の思考・行動パターンを振り返る>
      • 【ワーク】ケース
        「職場への配慮のない同僚に対して、どのように声をかけますか」
    ワーク
    1. 意見を伝えるときの考え方<アサーティブの定義を理解する>
      • (1)人の考え方と行動のパターン
        (2)アサーティブな思考とは
        (3)意見を伝えにくい場面を考える
        【ワーク】アサーティブでありたいにもかかわらず、それが難しい場面を考える
        (4)意見を伝える前に感情を整理する
        【参考】変えるべき考え方を知る~思考のクセ
    講義
    ワーク
    1. コミュニケーションにおける心構え<真意を伝える難しさを再認識する>
      • (1)コミュニケーションはねじれて伝わる
        (2)コミュニケーションにおける心構え
         ①自分の思ったことが100%伝わることはない
         ②表情、動作も使って伝える
         ③相手の感情を察する
    講義
    1. アサーティブコミュニケーションにおける伝え方<伝え方の手順とコツを学ぶ>
      • (1)状況を客観的に伝える
         ①伝える内容を整理する~事実と感情をわける
         ②事実を簡潔に伝える
        (2)相手の話を受け止める、相手の言葉に反応を示す
         ①最後まで話を聴く
         ②背景にまで思いをはせる
         ③相手の言葉に反応を示す
         ④相手の言葉を反復する・言い換える~事実・要約のフィードバック
         ⑤具体的な言葉で、相手の感情に理解を示す~感情のフィードバック
        (3)自分の考えを伝える~Ⅰ(アイ=私)メッセージの活用
         ①お互いにわかりあえると信じる
         ②考えを明確にし、相手に合わせて伝える
         ③単刀直入に分かりやすく伝える
         ④主観(意見・考え・期待)の伝え方~Ⅰメッセージの活用
        (4)論点を確認し、最良と思われる解決策を導き出す
         ①論点を確認する
         ②最良と思われる解決策を導き出す
    講義
    ワーク
    1. ケーススタディ<アサーティブコミュニケーションを実践する>
      • ※ケースごとに①シナリオ作り②ロールプレイング③振り返りを行う
         ケース①異動してきたベテラン従業員に、処理手順を現部署のものに変更してほしい
         ケース②仕事が山積みのため、参加必須でない説明会への出席を今回は断りたい
    ロールプレイング
    1. シナリオ作り~自身の課題を考える<アサーティブを実務に活かす>
      • 【ワーク】第2章(3)のワークで挙げた課題をアサーティブに対応するシナリオ作成する
    ワーク

    ※プログラム内容は変更になる可能性もございます。予めご了承ください。

  • 問い合わせ先

    北海道NUA事務局 昆、穐山(あきやま)
    TEL:011-231-3769 FAX:011-231-5254

※下記のサイトより、お一人ずつお申し込みください。

※受付トラブル防止のため、下記サイトからの申し込みのみ有効とさせて頂きます。

参加申込

※お申込フォームが別ウィンドウで開きます