NUA WORLD 北海道NEC C&Cシステムユーザー会

 

会合 平成30年度

論理的で分かりやすい文書の書き方研修

論理的で説得力のある文書作成ができるようになりたい方にお薦め!
日時 2018年8月9日(木) 10:00〜17:00
会場 NEC北海道支社 A会議室
(札幌市中央区大通西4丁目1 新大通ビル7F)
定員 最大30名
定員に達しましたのでお申込みを締切りました。
多数のお申込みありがとうございました。
参加費 無料 ※準会員価格:15,000円
本研修は参加無料ですが、<少人数の定員制>となっておりますので、できる限りキャンセルの無いようご配慮をお願いいたします。
申込締切 7月26日(木)
講師 株式会社インソース 森 順子 氏
概要

本研修では、論理的な文章の書き方を学んでいただきます。
読み手が必要とする情報を明確にし、分かりやすい文章の組み立て方を習得していただきます。

◆研修のポイント

①相手にとって、読みやすい簡潔な文章の書き方を学ぶ
〜相手の立場に立った要約力
②論理性を持った、分かりやすい文書の組み立て方を習得する
〜論理のピラミッド構造

プログラム
時間 内容 手法
午前
  1. 文章作成のポイント
    • 【ワーク】論理的で分かりやすい文書とはどのようなものか考えますか

  2. 分かりやすい構造を知る(文書の基本)
    • (1)ビジネス文書作成の基本
      内容を想定できる表題をつける
      一文は50字程度の短文
      主語と述語が明確かつ一貫している
      内容は具体的かつ正確に
      分かりやすい言葉を使う
      相手の名前・役職に注意する
      書き手の立場を明確に
      ぱっと見て「美しい」と思わせるレイアウト
講義
個人ワーク
グループ
ワーク
を適宜実施

午後
  1.  
    • 【ワーク】自分たちの周りの「専門用語」「カタカナ語」を洗い出す
      (2)簡潔な要約・的確なキーワード選択〜要点を明確にする

    • 【ワーク】1000文字の文書を200文字、50文字にまとめるワーク
      (3)作成後に再チェック〜声に出して読む
 
  1. 論理的共感できる内容で書く
    • (1)文章の作成における論理力
      ビジネスにおいて論理的であるとは
      論理的であるための3要素
      論理の基本構造
      (2)文章の論理構造
      ・MECE・ボトムアップ・トップダウン
      【ワーク】バラバラの情報を構造化して文章にする
      (3)論理を補佐する接続詞
      (4)共感を得やすいフレームワーク
      ・5W1H・QCDRS
 
  1. 総合演習
    • 【ワーク】違法駐輪対策に関する上司への現状調査報告書を作成する
 
  1. まとめ
    • 【ワーク】新たに気づいたことや、明日から活かしていくことを書きだす
 
問い合わせ先 北海道NUA事務局 石川、穐山(あきやま)、角田(かくた)、渡辺
TEL:011-231-3769 FAX:011-231-5254

このページの先頭へ