NUA WORLD 中国NEC C&Cシステムユーザー会

 

会合 平成30年度

ヒューマンスキルアップ研修
生産性向上研修
〜仕事の見直しと明文化による生産性向上〜

日程 2018年6月26日(火)10:00〜17:00
会場 NEC中国支社 5F ※2018年5月7日より下記へ移転してります。
広島市中区八丁堀16-11スタートラム広島
対象 中国NUA会員様限定
若手(2〜3年目)〜中堅職員向け
定員 20名
お申込みを締切りました。
多数のお申込みありがとうございました。
参加費 中国NUA会員様 無料
【ご参考】外部機関で受講する場合のご参考金額:26,000円/人
申込締切 6月15日(金)
講師 株式会社インソース 山田 睦憲 氏
本研修の
ねらい・目的
働き方改革時代に最適な“効率がよい仕事術”を学び、生産性向上をめざす研修です。「ムダ」をなくす分析方法、「見える」仕事の流れをつくる管理方法といった、組織の一員として生産性を高めるためのポイントを学びます。
本研修の
ポイント
  • 「ムダ」の認識・排除が「余力」を生み出す
    本研修では、業務のムダを5つに分類します。
      ①過剰品質のムダ   ②手持ちのムダ   ③コミュニケーションのムダ
      ④行程のムダ      ⑤分業のムダ
    ムダを認識し、徹底的に排除することで、業務スケジュールに「余力」を生み出します。
  • 自分の仕事の流れを「見える化」して管理する
    自分の仕事の流れを書き出し、「見える」ようにして管理することは、業務状況の把握、問題点の洗い出しを容易にします。本研修では自分の業務状況を他者に「見える」ようにする「マイかんばん方式」を学ぶことで、仕事の受け渡しを円滑にします。
概要
全体スケジュール
10:00 オリエンテーション
研修開始
1.時代が求める生産性向上プレイヤー
 【ワーク】身の回りにある効率が良い働き方・効率が悪い働き方を共有する
(1)働き方改革時代
(2)効率がよい働き方とは
(3)プレイヤーとして生産性向上を行うポイント
  • ①仕事のムダ・ムリ・ムラをなくす
  • ②仕事の流れを管理する
  • ③チームワークを忘れない
 
  2.ムダの徹底分析 〜「余力」を生み出す
 【ワーク】仕事においてムダだと思う事を共有する
(1)「余力」を生み出すために
(2)ムダがムダを呼ぶ悪循環
(3)ムダを認識する 〜5つのムダ〜
  • ①過剰品質のムダ
  • ②手持ちのムダ
  • ③コミュニケーションのムダ
  • ④行程のムダ
  • ⑤分業のムダ
   (4)ムダを徹底的に排除する
 【ワーク】5つのムダに自分の業務を当てはめる
 
11:45 【昼休憩】  
  3.ジャストインタイム 〜「見える流れ」で管理する
  (1)「必要な仕事を、必要なときに、必要な分」〜ジャストインタイム
(2)「目で見る管理」でジャストインタイムを実現する
(3)平準化 〜仕事量のバラツキをゼロにする
(4)自らの標準作業を認識する
  • ■標準作業の3要素
  •  ①サイクル・タイム(必要時間)
  •  ②作業順序
  •  ③必要な情報・ツール・タイミング
   (5)標準作業表
 【ワーク】自分の業務を標準作業表に書きだして細分化し、作業時間短縮のための改善点を探る
講義
個人ワーク
グループワークを
適宜実施
  4.マイかんばん方式 〜「チームワーク」を高めるカギ
   (1)仕事は個人競技ではない
(2)バトンタッチゾーン 〜チームプレーで生産性を上げる
(3)上手な仕事の受け渡し 〜「マイかんばん」を作る
 
  5.生産性を上げる心構え
   (1)生産性を向上させる決意を持つ 〜ルールを守る
(2)自主的な判断力を強化する
(3)周囲の人と「運命共同体」の関係になる
(4)「改革は永遠にして無限である」 〜大野耐一氏の言葉より
 
17:00 6.まとめ
 【ワーク】研修をふまえ自分の業務を効率化する改善案をあげる

アンケート記入
終了
 
担当委員

中国NUA委員 元永 裕治 氏(防長商事株式会社)

P.Fドラッカーは、「時間の使い方は、練習によって改善できる。
だが、たえず努力しないかぎり、仕事に流される。」と言っています。また、「やめても問題のないことをいかに多くしているかは驚くほどである。」とも言っています。
もしも、「ムダとり・見える化・IT化(ロボット化含む)」がルーチン作業の中で改善していければ、「真の働き方改革」に近づける気がします。
そして、そのヒントが持ち帰れる研修になればと思っています。

お問い合わせ 中国NEC C&Cシステムユーザー会事務局
(NEC中国支社事業推進部内)
TEL:082-512-1311 FAX:082-512-1315

このページの先頭へ