中部NEC ユーザー会

会合 2021年度

中部NECユーザー会

若手研修会

主体性発揮研修

オンライン研修

中部NUAの若手研修会を開催致します。
COVID-19の影響を考慮し、「オンライン形式」での開催を予定しております。オンラインではありますが、集合形式と同じように講師との対話、グループ討議も可能ですので、出席者同士でのコミュニケーションを十分とって頂けるものと存じます。是非皆様のお申し込みをお待ちしております。

  • 開催日程
    2021年10月20日(水)9:30~17:00
  • 会場
    オンライン研修(使用システム:ZOOM)
  • 対象
    入社1~3年目程度の方
  • 定員
    30名 ※1社2名様までのお申し込みでお願い致します

    ※定員に達しましたのでお申込みを締切りました。
    多数のお申込みありがとうございました。

  • 参加費
    無料
  • 担当委員
    小林 秀樹(住友電装株式会社)
  • 申込締切
    10月4日(月)17:00迄
  • 講師

    講師:青木 朋博 氏

    アパレル会社、人材派遣会社にて営業や企画部門の管理職を歴任。所属した部門で成果を出し続けてきた実績により、説得力のある講義ができる実力派講師。

  • 研修内容

    本研修では下記4点を中心に習得いただきます。

    • これまでの仕事を振り返り、客観的に自分の実力を把握
    • 若手社員としての立場・役割を理解する=「主体性」の発揮
    • 「主体性」を発揮する上で必要な判断基準、思考方法、改善手法の習得
    • 「主体性」を持って周囲を巻き込んで仕事をする方法の理解

    テーマ 内容
    1. これまでを振り返り、これからの役割を考える

    1. (1)今後求められる役割を多面的に考える
    2. (2)若手エース級社員に求められる役割
    3. (3)現状を受け入れる

    2.主体的行動のためのスキル① ~目的意識

    1. (1)目的を理解することが「主体性」発揮のスタート
    2. (2)仕事の目的を常に意識する
    3. (3)「目的」「目標」「手段」の違い

    3.主体的行動のためのスキル② ~仮説思考

    1. (1)主体的に行動するために~「先を読む」
    2. (2)仮説を持って業務にあたる
    3. (3)「仮説思考」と「PDCAサイクル」
    4. (4)「主体的」とはPDCAを繰り返せること
    5. (5)仮説構築の基本は「ゼロ」から
    6. (6)仮説を立てたら「やり抜く」

    4.主体的行動のためのスキル③ ~判断基準

    1. (1)主体的行動とは「判断」基準を持つこと
    2. (2)ビジネスの基本となる判断基準 ~QCDRS
    3. (3)優先順位を決める判断基準 ~重要度×緊急度

    5.組織全体に関わる身近な改善に取り組む

    1. (1)改善活動への取り組み 4つのルール
    2. (2)身近な「もう少し」と、その原因を考える
    3. (3)「もう少し」を、どのように改善するか

    6.「周囲を巻き込んだ取り組み」へスケールアップ

    1. (1)上司や同僚、後輩を巻き込む力
    2. (2)周囲を納得させるための目標設定

    7.まとめ  
  • オンライン研修に関して
    • 研修はミーティングアプリ「Zoom」を利用してWEBもしくはアプリからの接続で受講いただけます。​
    • スマートフォン、タブレットPCでご参加の方は、事前にZoomアプリ​をインストール頂く必要があります。​
    • パソコンの場合は、アプリ接続・WEB接続いずれでも受講可能です。​
    • グループワークもZoom上で実施​します。
    • 受講者お一人ずつにWEBカメラ、マイクが必要となります。(ご自身を写して、ご参加頂きます。)
    • 出来るだけ安定したネットワーク環境でご参加下さい。
    • 研修テキストはご指定先に郵送させて頂きます。
    • 各種詳細、簡単な操作マニュアルはお申込み者各位に改めてお送りさせて頂きます。
  • お問い合わせ先
    中部NUA事務局(加美・池内・井上)

    〒460-8525 名古屋市中区錦1-17-1 NEC中部ビル
    NEC東海支社内
    Tel:(052)222-2148
    E-Mail:chubu@nua.jp.nec.com

    ★現在、COVID-19対策のため、事務局業務をテレワークにて実施しております。
    大変申し訳ございませんが、ご連絡はE-MAILにてお願い申し上げます。