中部NECユーザー会

会合 2020年度

リーダー研修会

クリティカルシンキンキング
~本質を見抜く力を養う~

オンライン研修

  • 開催日時
    2020年9月18日(金)10:00~17:00
  • 会場
    オンライン研修(使用システム:ZOOM)
  • 対象
    中堅社員、PJのリーダー、もしくは候補の方
  • 定員
    30名
    ※1社2名様までのお申し込みでお願い致します。
  • 参加費
    無料
  • 申込締切
    9月3日(木) 17:00迄
  • 概要
    講師: 登壇回数1,198回、良い評価97%の人気講師
    株式会社インソース  菅野 聡之 氏

    東京ディズニーランドでのアトラクション企画・開発や、ゲーム会社セガでの30以上の新規事業立ち上げの経験をもつ講師です。成功体験はもちろんですが、失敗・修羅場経験も数多くあり、実例を交えた講義が好評です。

    写真1

    研修内容

    本研修では、クリティカルシンキングの基礎的な考え方を習得いただきます。重要な要素・手順・注意点を学び、物事をありのまま受け入れるのではなく、現状を「疑う力」を実践していただきます。

    テーマ 内容
    1.クリティカルシンキングとは
    • 【ワーク】ケーススタディを読んで、「本当か?」「なんでだろう?」と疑問に感じることを自由に挙げてください。
    • (1)クリティカルシンキングの考え方
      • クリティカルシンキングの効果
      • クリティカルシンキングの流れ
    • (2)ビジネスにおけるクリティカルシンキングの重要性
    • (3)クリティカルシンキングによって身に付くスキル
    • 【ワーク】自身の業務において、「本当にこれでいいのかな」と不安を持つことがあるか考えてみましょう
    2.クリティカルシンキングの要素
    ~3つのポイント
    • (1)論理性が大前提~ロジカルシンキングとクリティカルシンキング
    • 【ワーク】ロジカルシンキングの練習
    • (2)中立を保つ姿勢
    • (3)前提や思い込みを把握する
    • 【ワーク】最初のケーススタディをもとに、疑問点に対する解決案と理由(根拠)を考えてみてください
    3.クリティカルシンキングの手順
    ~3つのステップ
    • (1)批判~疑ってみる
    • 【ワーク】ケーススタディをもとに、「疑う」訓練をしましょう
    • (2)分析~他の視点から物事をとらえてみる
    • 【ワーク】最初のケーススタディをもとに洗い出した解決案を整理し、一番優先順位の高い解決案を再検討しましょう
    • (3)再構築~新しい主張・見解を出してみる
    • 【ワーク】優先すべき解決案を1つ選んだあと、理由(根拠)を挙げて見解を出しましょう
    4.クリティカルシンキングの注意点
    ~2つの配慮
    • (1)論理性 vs. 感情
    • (2)クリティカルシンキングの推進において
    • 【ワーク】明日からクリティカルシンキングをどの場面で使っていけるか、具体的に考えてみてください
    5.まとめ
  • オンライン研修に関して
    • 研修はミーティングアプリ「Zoom」を利用してWEBもしくはアプリからの接続で受講いただけます。​
    • スマートフォン、タブレットPCでご参加の方は、事前にZoomアプリ​をインストール頂く必要があります。​
    • パソコンの場合は、アプリ接続・WEB接続いずれでも受講可能です。​(推奨:アプリ接続)
    • グループワークもZoom上で実施​します。
    • お一人ずつにWEBカメラ、マイク環境が必要となります。(ご自身を写して、ご参加頂きます。)
    • 出来るだけ安定したネット環境で接続の上ご参加下さい。
    • 受講者様側のPC不調、ネットワーク環境などにより、スムーズに研修にご参加頂けない場合がございます。
    • 研修テキストはご指定先に郵送させて頂きます。
    • 各種詳細、簡単な操作マニュアルはお申込み者各位に改めてお送りさせて頂きます。
  • 昨年受講者の声
    ご紹介
    2019年度上位満足度100%
    2019年 37社46名ご参加
    • クリティカルシンキングを初めて学びましたが、考え方だけでなく伝え方等も学べ、実業務で生かせると感じました。​
    • クリティカルシンキングを学ぶことで普段意識していない点に気付くことができた。​
    • グループ討論を交えた研修は活気があり、他の方から気づかされることもあり有意義でした。
    • 全体を通して分かりやすく、時間配分も良かったと思います。
    • 分析する必要性を改めて感じました。大変参考になりました。
  • 担当委員
    小林 秀樹(住友電装株式会社)
  • お問い合わせ先
    中部NUA事務局(加美・池内・井上)
    Tel:(052)222-2148
    E-Mail:chubu@nua.jp.nec.com

    ★現在、COVID-19感染症対策のため、事務局業務をテレワークにて実施しております。
    大変申し訳ございませんが、ご連絡はE-MAILにてお願い申し上げます。
参加申込

※お申込フォームが別ウィンドウで開きます