変化への対応のご提案 変化への対応のご提案

New Normalへの流れはCOVID-19の収束とともに、元通りに戻るというものではありません。私たちは、New Normalを前提として、お客様のビジネス戦略を実現し、社会価値を提供していきたいと考えています。NECグループでは、この大きな変化と向き合い、いまこそデジタルのチカラで、人間性を十分に発揮できる持続可能な社会の実現に向けて、「いま、私たちができること」を着実に進めてまいります。

Under/Post COVID-19のパラダイムシフト

「新しい生活様式」が浸透し、移動の自粛、三密の回避(ソーシャルディスタンスの確保)、日々の感染予防といった価値観・行動の変化により、3つのスタイル「ライフスタイル」「ワークスタイル」「ビジネススタイル」で大きく急激なパラダイムシフトが起こっています。
ワークスタイルでは、働き方がリモートを前提としたものに変化し、ビジネススタイルもあらゆるビジネスは場所の壁や時間の壁を超えてオンライン化にシフトしていきます。また、すべての企業はビジネスの継続・再開という切迫した課題や業務の自動化・省人化など、将来に向けた”備え”という課題に直面しており、マネジメント、業務プロセス、デジタル活用において生き残りを賭けた変革(トランスフォーメーション)を余儀なくされています。
ライフスタイルでは、安全意識の高まりの中で、タッチレス非接触(タッチレス)による感染予防、感染後の行動確認による拡散防止が当たり前に生活に織り込まれていきます。
また、人が働く場所などリアルで対面する場や、デジタルシフトの加速による増え続けるシステムやデータの安心・安全の確保のために、透明性や可視化が重要になります。デジタルシフトが加速するNew Normal時代ならではの新たな信頼関係の構築がいま改めて求められています。

Under/Post COVID-19におけるDX実現のステップ

私たちは、起きている急速な変化を捉え予測し、先手、先手で柔軟かつ俊敏に行動を積み重ねていくことがこれからはますます重要となります。これまでデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めてきた企業の皆さまにとってもNew Normalは、DXの動きを加速し時間軸を一変させる重要な一要素となります。
私たちはNew Normalな時代において、社会課題を的確にとらえることで、皆さまのビジネス戦略の実現をICTでご支援し、New Normalにおける社会価値を提供していきたいと考えています。

リモートでもリアルと変わらないワークスタイル実現を

これまでの会社や現場に出勤して働くことや、お客さまを訪問し対面で商談を進めるといったワークスタイルは、常識にとらわれずリモートを前提に考えることが、安全面、効率面において重要となります。NECが実践しているスマートワークの経験とテクノロジーを活かし、お客さまのリモートワーク実現をご支援します。

<取り組み例>

コンビニ交付サービスで恩恵を受ける社会
住民票の写しなどをコンビニで取得できる「コンビニ交付サービス」。2010年2月のサービス開始から10年、参加市区町村は742団体に及び、対象人口は1億人を突破しました。コンビニ交付サービスに学ぶ誰もがICTの恩恵を受ける社会の実現についてご紹介します。

リモートワークによるワークスタイル変革
-(高セキュアなテレワーク環境、テレワークセキュリティなど)
これまであたりまえだった会社や現場への出勤や対面での商談から、リモートを前提にしたオンラインな働き方にオフラインな働き方を融合した改革が、安全面、効率面において重要となります。
会社環境へ安全にリモート接続したい、離れていてもコラボレーションしたい…といったテレワークに関する課題の解決策をご提案します。

オンラインの顧客接点でいつでもどこでもサービス享受を

オンラインショッピングやデジタルコンテンツ消費に慣れたライフスタイルへの変化は、新たなオンラインビジネスやサービスへのニーズやチャンスを生み出します。NECは新しい発想で、ビジネスや行政における生活者とのオンラインの新たな接点や体験を創り出すことをお客さまとともに目指しています。

<取り組み例>

年末調整手続の電子化
「年末調整」が大きく変わろうとしています。2020年10月から、法令上、控除申告書を電子的に提出した場合、控除証明書を紙ではなく電子データで提出できるようになるからです。
年末調整手続の電子化は私達にどのようなメリットをもたらすのかをご紹介します。

暮らしと経済を守るデジタル・ガバメント
リモートワーク、オンラインショッピングなど、移動を伴わない様々な活動が急速に社会に浸透してゆく中、印鑑や書面での契約、対面手続など、デジタル化のボトルネックも顕在化しています。
社会全体のデジタル化を進める上での課題と解消策をご紹介します。

ブロックチェーン技術を用いた、外国人ITエンジニア向け人材採用サービスの実証実験を開始
パーソルキャリア株式会社とNECは、Self-Sovereign Identity(自己主権型アイデンティティ)のコンセプトをベースにした、外国人ITエンジニアの採用を検討する日本企業向けのダイレクトリクルーティングサービスの実証実験を行います。

モノに触れない非接触がもたらす安心・安全を

衛生面の価値観にも変化が起きています。決済、ゲートの入退場など様々な場面で、モノに触れないサービスが、生活者や従業員の安心・安全につながりと同時にオートメーション化による効率化にもつながります。非接触(タッチレス)なサービスを生み出すために、NECは世界トップレベルの生体認証テクノロジーなどを提供しています。

<取り組み例>

レジレス型店舗の新たな可能性~商品以外に触れずにお買い物~
NEC本社では顔認証を使った無人のレジレス店舗を運営しています。新型コロナウイルスの影響で人やモノとの接触が懸念されるなか、商品以外のモノに触れないショッピングを実現しました。

触れずに安心。NECの顔認証
顔認証でドアのロックを解除したり、財布やカードを取りだすことなく決済することができます。また、マスクを着用しても認証できる最先端の顔認証をご紹介します。

スマホで給油オーダー(NECプラットフォームズ)
スマートフォンのアプリで事前に給油オーダーと決済を行い、SS店舗に着いたら外設機を操作することなく、給油機付近のQRコードを読み取るだけで給油ができる、かんたんでスピーディなサービスです。

AIやロボティクスで自動化・省人化による効率化を

リモートワークによる事業継続や、オンラインサービスによる顧客接点改革の実現には、AIやロボティクス、IoTの活用によるオートメーション化も不可欠です。また社会のデジタルシフトはより多くのデータを生み出し、それを活かしたインサイトの獲得やデバイス制御においてもAIの活用が期待されています。NECはそうしたニーズに応える様々なAIテクノロジーとノウハウで実現に貢献しています。

<取り組み例>

AIチャットボットで住民サービス向上
各種手続きの簡易化、迅速化など、地方公共団体に寄せられる住民の要望は高度化しています。
地方公共団体との共創による、AIチャットボットの活用で、職員の業務効率化や生産性向上を図りつつ、住民サービス向上の実現についてご紹介します。

デジタル社会の透明性・可視化で信頼関係の構築を

働く場所など対面をともなうリアル空間や、増え続けるシステムやデータの透明性や可視化による安全性の担保など、デジタル社会ならではの信頼関係の構築が、いま改めて求められています。NECは空間の混雑度の可視化や健康管理の支援、セキュリティのノウハウなど、人、システムの透明性や可視化を信頼の構築・維持に活かし、安心・安全な社会の実現に貢献します。