ARマーケティング

店頭でスマートフォンを操作する女性店頭でスマートフォンを操作する女性

ARマーケティング

多くの小売店では、来店客の興味・関心に関する分析をPOSデータに依存しています。来店客が購入までにいくつかの商品を手に取っても、購入されない商品の情報は取得できていません。これを可能にするのがARマーケティングです。

ARマーケティングは、店舗に設置したタブレットや来店客のスマートフォンを通して、来店客にARで商品情報を提供します。カメラが商品や商品POPを捉えると、設定したコンテンツが表示されます。CM動画を提供して広告連動のプロモーションをしたり、口コミ情報により購入を促進することが可能です。訪日外国人旅行者の多い店舗では、多言語表示に利用すると効果的です。

ARマーケティング
ARマーケティング

ARマーケティングでは、店舗に設置したタブレットや来店客のスマートフォンにインストールされたARアプリの履歴を蓄積し、マーケティングデータとして活用することが可能です。POSデータだけではわからない、来店客の興味・関心を分析します。

ARアプリの履歴から来店客の興味・関心を分析
ARアプリの履歴から来店客の興味・関心を分析

主な適用分野

店舗における商品の販売促進

店頭で商品を手にする女性

小売業

化粧品、菓子、飲料など商品のプロモーション

口紅(リップ)

製造業

事例紹介

来店客に、ARで商品情報を提供する実証実験を実施しました。商品棚に置かれたタブレットを商品にかざすと、その商品の使い方が動画で確認できます。訪日外国人旅行者の来店用に、ARによるPOPの多言語表示も提供しました。

化粧店にてARで商品情報を提供

活用するテクノロジー

ARマーケティングでは、来店客の興味・関心の推定にAR視線検出を活用します。スマートデバイスに搭載されたカメラの方向とARコンテンツの表示時間から、来店客の興味・関心を推定します。

店頭の商品にスマートフォンをかざす手
AR視線検出