LANGUAGE

エバンジェリストインタビュー

お客さまとの対話で、
DXの扉を開く

デジタルトランスフォーメーション
茂木 崇

テクノロジーの進化やデバイスの普及を背景としてDXの取り組みが加速しています。DXがもたらす新たな可能性とは何か。DXが上手く進まない悩みを解消するヒントとは。DXのエバンジェリストに、DXで期待される成果やお客さまへの具体的な支援などを聞きました。

茂木さんはエバンジェリストとして、DXをどのように捉えているのでしょうか。

茂木:私は、ビジネスや社会変革に貢献するDXを、次のような視点で捉えています。1つは、DXには「できたらすごい」をかなえる力があるということです。あらゆることがデジタル化され、そのデータを活用することで、いままで夢物語だったことが実現できる可能性が広がっています。

もう一つは、従来の「枠を超えた新しい可能性」が生まれるという点です。個人同士のコミュニケーションの広がり、業種を超えた企業のつながり、新たなビジネスの機会創出など、デジタル技術をポジティブに活かすことで、さまざまな領域でメリットを生み出すことが可能になります。

茂木さんはお客さまのDX推進を、どのように支援したいと考えていますか。

茂木:エバンジェリストとして多くのお客さまと接する中で、共通して感じることあります。それは、解決したい課題や実現したい目的をお客様が持っているのにDXがなかなか進まないということです。DXは、AIやIoTなどの先進技術をただ導入すればよい、というわけではありません。私は、テクノロジーのみならず、組織、制度、企業文化など、お客さまが直面しているさまざまな壁をひとつひとつクリアして、DX実現の扉を開くサポートをしたいと考えています。

マーケティング部門の一員として、ビッグデータ、AI、IoTなど先進テクノロジーに関する知識やノウハウをベースに、自らもICT領域や業種の枠にとらわれない支援を行っていきます。

これまでの茂木さんの経歴と、現在行っている業務を具体的に教えてください。

茂木:NEC入社後は金融業様向けシステムのSEとして現場で経験を積みました。お客さまとの対話を通して、お客さま自身もまだ気付いていない真の課題に目を向けることの重要性を、肌で感じました。その後、マーケティング部門に異動し、先進技術を活用した自社の新規事業の立ち上げに数多く関わりました。マーケティングというと裏方的な仕事をイメージされるかもしれませんが、事業検証や案件開拓をするうえで、お客さまと直接対話する機会も増えました。その一つが、AIなどの先進デジタル技術を活用したDX領域のエバンジェリストとしての活動です。

DX領域のエバンジェリストの具体的な業務としては、DXをテーマに様々な業種・業務のお客さまに向けた講演やセミナーのほか、メディアやアナリストからの取材対応などを行っています。また、NEC自らのDX実践の経験値をもとに、DXに対する正しい理解やその可能性、推進する際に苦労する点などをお客さまにお伝えすることも私の重要な役割です。

DXの取り組みに対する、茂木さんの思いを聞かせてください。

茂木:企業が課題解決やビジネス変革のために、DXを推進するということはもちろん重要ですが、私としてはDXに対してもっと大きな期待を持っています。それはDXによってどんな新しいことが生まれるのか“できたらすごい”の実現です。例えば、AIの可能性やNECのAI技術をより多くの方に知っていただく試みとして、名作文学の読後感をコーヒーの味わいで再現した“飲める文庫”、新聞の記事をもとに時代のムードを味覚で再現した“あの頃はCHOCOLATE”など、パートナー企業様との共創により企画・開発・販売しました。そこでこだわったのは、デジタル技術を活用したこれまでにない体験を提供することと、NECのイメージを打ち破ることでした(笑)。

NECとパートナー企業様で行ったこれらの取り組みで重要なのは、業種を超えた企業のつながりや、共創による新たなチャレンジです。枠にしばられない柔軟な発想や試みによって、DXの可能性はこれからも多彩な分野で大きく広がると感じています。

DXのエバンジェリストとして、今後のどんな展望がありますか。

茂木:講演やプレゼンテーションなど、現在は言葉を使ったコミュニケーションがメインです。これからはAIやIoT、5Gなど先端テクノロジーを活かしてリアルとバーチャル双方から、DXをもっと身近に、もっと具体的に感じられる体験や共有の場を生み出していく活動なども積極的に行っていきたいですね。

茂木さんから、お客さまへのメッセージをお願いします。

茂木:私は、DXについての一方向の情報発信をするだけでなく、お客さまとの対話を大切にしたいと考えています。お客さまと直接向き合うことで、DXについて知りたいこと、いま困っていることをきちんと把握し、お客さまにあったご提案や支援、共創が可能になります。また、あるお客さまとの対話や取り組みが、まったく違う業界のお客さまのヒントになるなど、新たな発見やビジネスのきっかけにもつながります。「DXとは、こういうものだ」と枠をもうけず、”できたらすごい”をともに実現するために、気軽なお声がけをお待ちしています。

LANGUAGE