サイト内の現在位置

マネーフォワード クラウド会計

ロゴ

管理業務を劇的にラクにするクラウド型会計ソフト

銀行やクレジットカードと連携して明細を自動取得・自動仕訳します。クラウド上でいつでもどこでも最新データを見ることができるため、資金繰りや売上のチェック、税理士との共有がカンタンです。

会計

クラウド会計の強み

MFクラウド会計の強み

マネーフォワード クラウド会計なら作業削減間違いなし!

圧倒的に記帳(手入力)作業がなくなります。

従来のパッケージソフト

従来のパッケージソフト

マネーフォワード クラウド会計

マネーフォワード クラウド会計

マネーフォワード クラウド会計と従来の違い

従来型の会計ソフトは会計帳簿をつけるために、パッケージ型のソフトを入手しパソコンにインストールして会計情報の入力が必要です。会計情報は様々な帳簿に点在しているため、帳簿の作成に経理担当者様は非常に労力を割いています。 マネーフォワード クラウド会計は、点在している情報の自動収集が可能となっており、経理担当者様のご負担を軽減できるだけでなく、クラウド上の会計サービスという利点を活かし、経営者の方々へも経営に必要な数字を迅速に届けることが可能です。

手入力が多いのみならず、帳票が散在

従来の方法

自動取り込により
ミスなくデータ化される上、帳票類も電子化

MFクラウド

AIを活用して日々の業務が自動化

  1. 金融機関データの自動取得やExcelデータ取込により手作業を大幅に削減
    金融機関における入出金データを自動で取得することで、自分で手入力する手間や会計事務所に資料を送る手間を大幅に省くことができます。Excelで作成した入出金データも簡単に取り込むことができます。
  2. 面倒な仕訳作業が簡単に
    取得したデータは、明細の文言を元に自動で仕訳作業が行われます。
  3. 自社の仕訳の特徴を学習
    勘定科目は元々自動提案されますが、自社のルールを学習させることも可能です。一度学習したルールは次回以降ルール通りに提案されるため、使えば使うほど手間がかからなくなります。

明細の自動取込機能

日付・金額・摘要(明細)を自動で取り込みます。
経理担当者が手入力する負担や、会計事務所に資料を郵送する手間が省けます。
個人用・法人用口座※ともに100%連携対応している上、電子証明書や総合振込(一部)の自動取り込に対応しています。

※都市銀行、地方銀行、第二地方銀行、信用金庫、JAバンクに限定した場合です。

Excelデータ取込機能

Excelで作成した現金出納帳・総勘定(補助)元帳をMFクラウド会計に簡単に取り込むことができます。
簿記に詳しくない方には日付・金額・適用を入力するだけの「勘定科目なし」のExcelテンプレートがおすすめです。取り込まれたExcelデータについても仕訳ルールを学習するので、勘定科目や補助科目の入力や修正が非常にラクになります。

※マネーフォワード クラウド会計にそのまま取り込みができるテンプレートはマネーフォワード クラウド会計内からダウンロードできます。