サイト内の現在位置

MegaOak Template for 問診

デジタル問診サービス

従来 紙で行なっていた問診票記入を、患者自身のスマートフォン等のデバイスや、院内で用意したタブレット等のデバイスを使用し、院内外から入力可能とするクラウドサービス※です。

  • 患者が問診入力することで、受付、ヒアリング、転記といった業務負担を軽減します。
  • 患者は自身のデバイスを使って場所、時間を問わず簡単に問診入力が可能です。
  • 多数な標準テンプレート、柔軟なテンプレート構造で問診設計をサポートします。
MegaOak Template for 問診を用いた問診情報入力のイメージ

導入メリット

電子カルテとの連携、患者自身での問診入力による業務負荷軽減

入力した問診情報は、電子カルテのテンプレートに引用したい項目を項目単位で選択できるため、転記作業にかかっていた業務負担を軽減することができます。
患者自身で問診入力することで受付やヒアリングの業務時間の軽減が図れます。また、患者が院外から入力することで待合室での混雑緩和、感染拡大の防止が図れます。

シンプルな操作性でいつでも、どこでも入力可能

医療機関で用意したタブレット等のデバイスでの院内での入力に加えて、患者自身のスマートフォン等のデバイスを利用して場所、時間を問わず入力可能です。院外で事前に入力することで院内の滞在時間、待ち時間の短縮につながります。
入力画面は、直感的に確認・操作頂けるようなデザインになっています。数値、時刻、日付なども簡単に入力できるため、患者様にストレスなく使用いただけます。

多彩な標準テンプレート、柔軟な設問設計

現在医療機関で使用している問診だけではなく、弊社が用意している多数の標準テンプレートを使った問診作成が可能です。
問診内容を柔軟に設計でき、問診の設問は患者の回答内容によって次に表示される設問が変わる仕組みのため、無駄なく最小限の項目での問診設計を実現します。

(設問例)
  • 本製品はMegaOak Cloud Gateway を介して電子カルテシステムと連動するクラウドサービスです。
  • 本製品は医療機器ではありません。

お問い合わせ