サイト内の現在位置

ユースケースによるMEC導入効果とメリット

マルチアクセス・エッジ・コンピューティング(MEC)
自動搬送(工場)
遠隔操作支援(工場)
人物行動検知(施設)

ユースケース1:
工場の生産ラインにおけるAGV制御

工場の生産ラインや物流現場の倉庫での自動化が進み、近年導入が増加しているAGV(自動搬送ロボット)の導入が近年ますます増加しています。自動搬送ロボットの制御にローカル5GとMECを用いることで、映像処理による位置情報把握に必要な大容量通信や、安定したリアルタイム通信を行うことができ、複数台が干渉しない最適なナビゲーションを実現します。
また、MEC単独でローカル5G環境以外のWi-Fi環境等でのご利用も可能です。
ローカル5G環境でのご利用には、「ローカル5G用UPF(MEC統合版)」をお勧めします。

導入の効果

  • 集中制御により、生産の全体最適化が図ることができ、在庫の削減が可能になります。
    また、トラブル発生時の対応が迅速かつ容易になります。
  • ローカルに処理を行えるため、クラウドに送信するデータを必要最低限にすることができ、セキュリティ面でのリスクを軽減できます。
  • ローカル5G環境でお使いの場合は、ローカル5Gの低遅延/高速性/大容量性とMECのリアルタイム処理性を活かし、カメラ映像やセンサデータ等を利用した集中的かつリアルタイムで大容量なAGV制御が可能になります。

このようなお客様に

  • 映像分析、ロボティクス等を活用して、生産ラインの運搬業務の自動化を検討しているお客様
  • すでにAGVを活用しているが、さらに多様なAGVの活用を検討しているお客様

提供価値

  • AGV導入による省人化と生産効率向上、人件費の削減、中間在庫の割減

ユースケース2:
工場の生産ラインにおけるARを活用した遠隔作業支援

近年、現場の作業支援にスマートグラス等を用いた遠隔作業支援の導入事例が増加しています。遠隔作業支援にローカル5GとMECを用いることで、離れた場所から作業指示を行うだけでなく、周辺カメラやARの映像を含め、映像AIが活用でき、作業員のリアルタイムな注意喚起やオペレーターの支援を行いやすくなります。また一元的な制御により複数作業員間でのリアルタイムな連携も行うことができます。
さらに、MEC単独でローカル5G環境以外のWi-Fi環境等でのご利用も可能です。
ローカル5G環境でのご利用には、「ローカル5G用UPF(MEC統合版)」をお勧めします。

導入の効果

  • 端末側での処理をMEC上で行うことができるため、端末での処理量を減らしつつ、映像AIなどの高度な処理結果を表示することができます。
  • ローカルに処理を行えるため、工場内の映像データ等をクラウドに送る必要がなく、セキュリティ面でのリスクを軽減できます。
  • ローカル5G環境でお使いの場合は、ローカル5Gの低遅延/高速性/大容量性とMECのリアルタイム処理性を活かし、 複数端末への処理を並行してリアルタイムに行えます。

このようなお客様に

  • これから遠隔作業支援を導入したいと考えているお客様
  • すでにスマートグラス等を用いて現場での遠隔作業支援を行っているお客様

提供価値

  • 遠隔作業支援による業務の効率化、トラブル対応時の遠隔からの的確な支援による作業時間削減
  • センターからの作業員への一括での作業支援が可能なため、指導者の人件費を削減

ユースケース3:
MEC上でのビデオアナリティクスを活用した人物行動検知

MEC上で映像AI処理等を行うことにより、人物行動(侵入や滞留)の検知を安定してリアルタイムに近い速度で行うことができます。
映像AI処理はローカルで行うため、大容量の映像データ等をクラウドへ送る必要がなく、通信料の削減やセキュリティ面での堅牢性確保が行えます。
また、MEC単独でローカル5G環境以外のWi-Fi環境等でのご利用も可能です。
ローカル5G環境でのご利用には、「ローカル5G用UPF(MEC統合版)」をお勧めします。

導入の効果

  • ローカルで処理を行えるため、顔の画像データなどをクラウドに送る必要がなく、セキュリティ面やプライバシーといった点でのリスク管理が行えます。
  • ローカル5G環境でお使いの場合は、ローカル5Gの低遅延/高速性/大容量性とMECのリアルタイム処理性を活かし、カメラ映像を用いた認証による一連の判定処理を自動でかつリアルタイムに行えます。
  • MEC上で映像AI処理を動かすことにより、自社の業務アプリケーション等との容易な連携が行えるとともに、他機器(センサやカメラ)の追加等といった拡張性も向上します。

このようなお客様に

  • 施設や店舗等で人物の行動検知によりお客様対応の効率化を行いたいお客様
  • 現場や施設等での人物の侵入検知により、立ち入り禁止等の自動監視を行いたいお客様

提供価値

  • 人物行動検知の自動化により、人件費の削減や対応時間の短縮と業務効率化
  • ローカル処理によるセキュリティ面での信頼性向上
  • 他アプリケーションとの連携の容易さや拡張性の高さによる、導入や展開の容易性

製造業や小売業などの現場における活用例を、詳しくご紹介したインタビュー記事を掲載中!

お問い合わせ