サイト内の現在位置を表示しています。

ものづくりDX基盤NEC Industrial IoT Platform ものづくりDX基盤NEC Industrial IoT Platform

ものづくりDX基盤
NEC Industrial IoT Platform

データドリブン型ものづくりを支えるDX基盤
NEC Industrial IoT Platform

データドリブン型ものづくりを始めるためには、まず生産設備や人(音声、映像)、周辺システムなどの一つひとつからデータを収集し、1つのデータベースに集約する必要があります。
それにより、①ラインレベルの分析・改善が実現できます。さらにデータ収集の範囲を広げ、②工場レベル③全社・グループレベルへデータ活用の規模を広げることで、全社横断的なデータドリブン型ものづくりを実現します。

NECでは、この3階層のデータベースに必要なノウハウを詰め込んだものづくりDX基盤「NEC Industrial IoT Platform」をご提供しています。

データドリブン型ものづくり

NEC Industrial IoT Platform の3つの特長

1

データ活用で迅速な改善を実現

5Mデータモデル(※1)とシステム連携

製造指示データ/設備/人/検査実績などの項目をあらかじめ整理した5Mデータモデルを利用することで、分析画面を簡単に作成・すぐに改善活動に活用できます。
さらに、各種インターフェースが用意されており、周辺業務システムやBIツール、AI、NECのソリューション群と連携。お客様の改善活動の定着化・改善PDCAサイクル高速化に貢献します。

  • (※1)
    5Mデータモデル:収集したIoTデータの実績情報を、5M(Material、Machine、Man、Method、Measurement)、 オーダ/ロットを切り口に見える化を可能とするデータモデル

データ活用で迅速な改善を実現

2

実践的なシナリオで課題解決を支援

ものづくりDX改善ガイド

7大ロス(※2)などの課題解決に役立つ「データ分析の手順やコツ」をまとめたものづくりDX 改善ガイドをご用意。さらに、データ分析・活用のデジタル人材育成も支援し、お客様の自律的な改善、活動の定着化を目指します。

  • (※2)
    7大ロス:設備が原因となって生じるロスの分類。故障ロス、段取り・調整ロス、刃具交換ロス、立上りロス、チョコ停・空転ロス、速度低下ロス、不良・手直しロスの7つに分類される。

実践的なシナリオで課題解決を支援

3

お客様のものづくりDX推進を加速

パートナー連携

NECものづくりDXパートナープログラムを通じて、パートナー企業様と連携。それによりお客様要望に合わせた最適なソリューションの提供が可能となり、お客様のものづくりDX推進を加速します。

お客様のものづくりDX推進を加速

連携する各種ソリューション

NECはお客様のものづくりDX実現に向け、最適な仕組みの構築をトータルでご支援します。

連携する各種ソリューション

NECへのお問い合わせはこちら

資料ダウンロード