サイト内の現在位置

建設業

「建設クラウド」や「建設現場DX」を推進する
さまざまなソリューションを提供

建設業界の動向

建設現場では若手を中心とした労働力不足が続いています。国土交通省が発表した建設労働需給調査結果(令和4年12月調査)によると、8職種すべてで労働力不足となっており、労働時間においては、全産業のうち運輸業・郵便業の165時間/月に次いで多く、163.6時間/月となっており、人手不足に拍車をかける状況となっています。このような中、2024年から時間外労働の上限規制が建設業にも適用されるため、建設業各社では働き方改革に取り組み始めています。
一方で、技能労働者の高齢化も課題となっており、建設業振興基金は、技能者の経験と技能に関する情報を業界統一のルールで蓄積し、適切な評価と処遇の改善、技能の研鑽を図ることを目指す「建設キャリアアップシステム」を19年4月に立ち上げました。
労働力不足、働き方改革、高齢化による技術継承問題など、建設業界はこれらの課題に対して迅速な対応が迫られています。

建設業になぜDXが必要か

  • 建設業が抱える課題とDX

    建設業界の労働力不足、少子高齢化の技術継承問題に対処するには、いかに効率的に業務を遂行し、専門知識やノウハウを蓄積し継承していくかが課題となります。また、現実的な問題として2024年4月にスタートする建設業の時間外労働上限規制にも対応しなければなりません。

    これらの課題を解決するには、従来のやり方では限界があり、データとデジタルを活用し、ビジネスモデルを変革するとともに業務や組織、プロセスを変革するデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進が求められています。

    ※国土交通省が推進する「i-Construction」は、デジタル技術の活用により生産性向上を目指すという、DXと同様の意味合いを持っています。
  • 建設DXへの取り組み

    建設業界のDXは産業全体の中でも進んでいると言われています。特に大手ゼネコンを中心にDXが進み、さまざまな技術が活用されています。

    <技術活用例>
    • クラウドサービス
      インターネット上の仮想サーバーにあるサービスを、パソコン、スマホ、タブレットを使って、作業現場等どこにいても利用することができます。
    • ICT(情報通信技術)
      通信技術を活用してコミュニケーションをとることができ、現場で入退管理が行えたり、オンラインで会議をしたり、ドローンで測量して3次元測量データ化することもできます。
    • 5G(第5世代移動通信システム)
      超高速で大容量の通信ができるため、現場状況をリアルタイムに把握したり遠隔操作が可能になります。
    • AI(人工知能)
      膨大なデータを速やかに処理できるため、現場の画像をAIが分析して、工事の進捗状況を判定することも可能になります。
  • NECがご支援できること

    建設業界の深刻な課題である労働力不足と低生産性。国土交通省は、ICTによる建設生産性向上の取り組み「i-Construction」において、2025年に20%労働生産性向上を目指しています。
    NECでは、この生産性向上をICTで貢献するため、「建設クラウド」や「建設現場DX」を推進するさまざまなソリューションを提供し、建設業のみなさまがスピーディに課題解決できるよう支援いたします。

NECの建設業ソリューション

建設業複数社と共創して開発した「建設クラウド」が同業界の経験やノウハウをベースにした高い業務適用率を支援します。

建設クラウド 建設業向け基幹システムサービス

ゼネコンと取引企業など、受発注者間の取引業務を電子化することで、購買調達部門、営業部門、現場、作業所などの業務効率化を支援します。

建設業界向け電子取引クラウドサービス LitesNEO

顔認証技術とGPS位置情報を組み合わせることで、建設現場で「誰が、いつ、どこにいるか」を把握することができます。

建設現場顔認証入退管理サービス(出面管理サービス)

顔認証による正確な入退管理をグリーンサイト※と連携し、入退管理業務の負荷とコスト削減を支援します。

  • グリーンサイトは、株式会社MCデータプラスの登録商標です。

建設現場顔認証 for グリーンサイト

事例紹介

南海辰村建設株式会社様

建設クラウド(CI-NET連携)で電子商取引を拡大。見積、注文の電子化で、業務負担を大幅に削減。
※建設クラウド 建設業向け基幹システムサービス

詳細はこちら

矢作建設工業株式会社様

原価管理システムを「建設クラウド」で刷新。業務フローの標準化と原価管理の精度向上を実現。
※建設クラウド 建設業向け基幹システムサービス

詳細はこちら

東急建設株式会社様・株式会社竹中土木様・日本国土開発株式会社様・TSUCHIYA株式会社様

ユーザ企業4社とNECが共同で開発する、建設業向け基幹業務クラウドサービス。
※建設クラウド 建設業向け基幹システムサービス

詳細はこちら

日東電工株式会社様

顔認証によるスムーズな入退場が実現。工事入場者の正確な把握が可能に。
※建設現場顔認証入退管理サービス

詳細はこちら

飛島建設株式会社様

飛島建設の全現場にNECの「建設現場顔認証forグリーンサイト」を採用
※建設現場顔認証 for グリーンサイト

詳細はこちら

株式会社熊谷組様

青森県むつ市で施工中の「むつ市総合アリーナ」の現場では、“顔”による入退場を行っている。
※建設現場顔認証入退管理サービス

詳細はこちら

建設業向け関連サービス


購買調達ソリューション
購買管理EDIツール(C-TRADE)

建設業界標準EDI規約CI-NET LiteSに対応したEDIツール。製品の組み合わせにより小規模~大規模システム構築に対応。

BI/データ活用ソリューション
InfoFrame Dr.Sum EA

ダッシュボードとOLAP分析機能を兼ね備えた新世代インタフェースは、企業活動のあらゆる「見える化」を支援します。

AI・ビッグデータプラットフォーム
SX-Aurora TSUBASA

科学技術の進展と産業の高度化を加速するHPC(シミュレーション)/AI/ビッグデータ解析向け新プラットフォーム。

環境パフォーマンス管理ソリューション
(GreenGlobeX:GGX)

工場やオフィスなど国内外複数ある拠点の環境データを効率的に収集・集計するソリューションです。

NEC 機械の稼働状況 見える化サービス
建機や重機など大型機械の稼働情報をセンサで取得し、稼働状況をデータ化。機械の稼働状況を一元管理できます。

働き方見える化サービスPlus
社内の働き方改革を後押しするクラウドサービス。労働時間の適正化やチームの生産性の向上をはじめ、テレワーク時代に適した働き方をサポートします。