LPガスメーター指針値提供サービス サービス紹介

LPガス業界のSCM最適化

サービス全体概要

LPガス検針用IoT無線通信ユニット、LPWA回線(sigfox)、取得したデータを活用して提供するクラウドサービスの3つを組み合わせた一体型サービスとして提供します。費用は、「IoT無線通信ユニット」購入費用(初回のみ)+サービス利用料金(月次・台数分)となります。

図:「LPガスメーター指針値提供サービス」概要

LPWA回線「sigfox」について(特長)

2020年3月の人口カバー率99%を目指し、京セラコミュニケーションシステム株式会社が全国に基地局展開を進めるIoTネットワークです。電波免許が不要な920Mhz帯を利用し低コストを実現しています。

  • 全国エリアに対応(グローバルローミングも可能)
  • 下記クラウドサービスとあわせリーズナブルな月額料金で提供

LPガス検針用IoT無線化ユニットについて(特長)

NECがsigfox回線サービス向けに開発した専用IoT無線通信ユニット。他社サービスの端末に比べ安価で、省電力による長期利用を実現しています。

  • 取り付け簡単、電源工事不要(内臓バッテリで10年間稼働)
  • 屋外設置に耐える防塵防水性能
  • 指針データ送信は1日1回
  • NEC独自の軽量暗号化技術「TWINE」採用
図:LPガス検針用IoT無線化ユニットの、寸法、外観

クラウドサービスについて(特長)

IoT無線通信ユニットで取得した指針値(日次)やメータ保全情報(セキュリティアラーム)などの情報をNECのデータセンターに蓄積。事業者様は「API接続」もしくは「CSVダウンロード」の2方式でデータ取り出しが可能です。

  • 大きな初期投資不要でスピード導入可能
  • 災害に強くセキュリティ対策も万全のNECクラウドサービスで運用
  • 上記LPWA回線(sigfox)とあわせリーズナブルな月額料金で提供
図:「LPガスメーター指針値提供サービス」のデータ出力方式

将来的にはこれらのデータを活用した「料金の見える化」「スマホで料金支払い」「高齢者世帯の見守り」など、新たなサービスの提供も将来に見据え、エネルギー(LPガス)販売から総合生活支援サービスへの変革の支援を目指しています。