ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 物流システムソリューション
  4. 物流におけるAI・IoT活用
  5. NECの考える3つの最適化
ここから本文です。

NECの考える3つの最適化

サプライチェーン上の物流の動きをデータを収集・可視化・高度化し、
物流リソース配備(在庫・人・車両・拠点)や輸配送ルートを最適化

AI・IoTの活用により「サプライチェーン最適化」「リソース最適化」「ルート最適化」の3つを実現

サプライチェーン最適化

グローバルでのサプライチェーン上での物流の動きを共有・可視化。リアルタイムな物流情報の把握を可能とし、適切な輸送モードの選択や課題への対処を行うことで、サプライチェーン全体の最適化を実現します。

リソース最適化

日々変動する物量に対して、物流にかかわるリソース(在庫、人、車両、拠点)の配置を最適化します。
更には従来は熟練者のノウハウに依存していた作業を自動化することで、作業の効率化を実現します。

ルート最適化

配車業務を自動化し、配送中はリアルタイムに進捗状況を把握することにより輸配送業務の効率化を行います。また、ドライバーのノウハウを可視化することにより、誰でも高い水準での輸配送業務が行えるようにします。

ページの先頭へ戻る