サイト内の現在位置を表示しています。

Linuxサービスセット - SANブート環境

ブレードサーバを効率よく稼動させることの出来るSANブート環境に対応しています。

SANブートには、一般的に以下のような特長があります。

  • SANストレージの各種機能により、OS/データ領域が保護されること
  • SANストレージのバックアップソリューション利用により、バックアップ運用が容易となること
  • サーバHW障害時、予備機に切り替えることが可能で、システム運用が容易となること
SAN boot構成

SANブート環境でLinuxサービスセットを使用する場合は、SANブート環境対応製品をご利用ください。

[PDF]Linuxサービスセット SANブート環境対応製品一覧

※ SANブート環境は、Linuxサービスセット Red Hat Enterprise Linux -EX- にて対応しています。他のLinuxサービスセットでSANブート環境を希望される場合は、弊社担当営業までご相談ください。

※ 仮想化環境(VMware)をSANブートしてその上のゲストOSとして使用する場合は、仮想化環境向けの製品をご利用ください。

サポート対象

対象ストレージはiStorage D/EおよびMシリーズです。iStorageについては下記のWebサイトをご確認下さい。

下記のサーバとOSバージョンの組み合わせでSANブート環境をサポートします。

サーバモデル RHEL7 RHEL8
R120h-1E (3rd-Gen) (*1)(*2)
R120h-2E (3rd-Gen) (*1)(*2)
R120h-1M (3rd-Gen) (*1)(*2)
R120h-2M (3rd-Gen) (*1)(*2)
D120h (*1)(*2) -
  • (*1)
    iStorage Mシリーズのみ対応
  • (*2)
     x86_64(EM64T)版のみ対応

対応するカーネルバージョンの詳細については下記資料の「SANブート 対応機種、対応OS、対応カーネル最新状況」を参照してください。

上記以外のOSでご要望がありましたら、弊社担当営業にご相談ください。

ミドルウェアについて

SANブ-トの構成では、下記例のような各ミドルウェアが利用されます。
特に、SANブート機能のメリットを十分に生かすためにSigma System Centerの導入を強く推奨します。

  • iSM (iStorage Manager)
  • SSC (Sigma System Center)
  • SPS (Storage Path Savior)
参考:SW構成例

Linux環境の構築について

SANブート環境向けの製品は、プリインストールに対応していません。単体での出荷後に、お客様またはSEにてインストールして下さい。
詳細については弊社担当営業までお問い合わせください。