サイト内の現在位置を表示しています。

MX80

Juniper MXシリーズ

エンタープライズネットワークまたはサービスプロバイダーネットワーク向け

MX80は、2個のMICスロットと4個の10GbEポートを備え、エンタープライズネットワークまたはサービスプロバイダーネットワークでの柔軟なサービス提供を実現します。

製品概要

MX80 3Dユニバーサル エッジルーターは、スペースや電力に制約があるサービスプロバイダー設備やエンタープライズ用途向けの柔軟なフル機能搭載 MXシリーズ ソリューションです。

MX80は次の2つの筐体で提供されています。

  • MX80は、インターフェイスの柔軟性を高める2個のモジュラーインターフェイスカード(MIC)用スロットと4個の固定10GbEポートを備えています。
  • MX80-48Tは、48個の固定ギガビットイーサネットインターフェイスと4個の固定10GbEポートを備えています。

どちらのMX80製品にも、キャリアグレードNAT(CGNAT)、ステートフルファイアウォール、IPsecなどの仮想ネットワークサービス用のマルチサービスカードをサポートする追加のMICスロット(背面)が用意されています。

MX80では、コンパクトな筐体と仮想サービスのサポートにより、パフォーマンスや機能に影響を及ぼすことなく、投資効率や運用効率を最適化できます。

特長

  • Junos OSおよびJunos Spaceを利用したブロードユニバーサルエッジ ポートフォリオにより、エンタープライズやあらゆるタイプのサービスプロバイダーにおいて、高い資本効率および運用効率の維持が実現されます。
  • 3Dモデルが実現する拡張性とパフォーマンスにより、20Gbpsから80Tbpsまでの投資が長期的に保護され、あらゆるビジネス要件および技術要件に対応できます。
  • SDNに対応しているため、ジュニパーネットワークス ContrailなどのSDNコントローラとシームレスに統合でき、柔軟なサービス提供やカスタマイズを通して運用の簡素化や差別化による競争力向上を図ることができます。
  • 卓越した信頼性により、常時オン/常時接続のビジネスユーザーおよびホームユーザー向けにノンストップのサービス提供および高品質のQoSが実現されます。

仕様

機種名 MX80
システム容量 80Gbps
スロット当たりのスイッチファブリック性能 -
シャーシ当たりのDPC/MPC数 -
2個のMIC(オプション)
ラック当たりシャーシ数 24
寸法(幅 x 高さ x 奥行き)

シャーシ:44.5 x 8.9 x 59.6cm
(17.5 x 3.5 x 23.5インチ)

最大重量 13.7kg/ 30ポンド
マウント方式 前面または中央
電力オプション AC/DC:-40~-72V DC
100~240V AC
動作温度 0~40°C(32~104°F)
湿度 5~90%(結露しないこと)
高度 4,000m(13,000フィート)までパフォーマンスの低下なし
  • Juniper Networksは米国特許庁に登録されています。
    また、Juniper Networksは諸外国においてJuniper Networks Inc.の商標として登録されています。
  • Internet Processor、SDX、JUNOS、JUNOScript、MX80、MX240、MX480、MX960、MX-series、ACX500、ACX1000、ACX1100、ACX2100、ACX2200、ACX4000、ACX5000、ACX-seriesはJuniper Networks Inc.の商標です。
  • その他記載されている商標、サービスマーク、登録商標、登録サービスマークは各所有者に所有権があります。これらの仕様は予告なく変更されることがあります。