サイト内の現在位置を表示しています。

MX240

Juniper MXシリーズ

サービスプロバイダアプリケーションに適した、俊敏でコンパクトなエッジルーター

パワフルでコンパクトなMX240 3Dユニバーサル エッジルーターは、企業および家庭向けのさまざまなサービスに加え、データセンターやエンタープライズ向けアプリケーションに対応します。

製品概要

SDN対応MX240 3Dユニバーサル エッジルーターは、ビジネス向けおよび家庭向けのブロードバンド サービス、大規模なインターネットデータセンターにおけるインターネットワーキングなど、多種多様なサービスプロバイダやエンタープライズアプリケーションで求められるハイパフォーマンス、信頼性、拡張性を提供します。

MX240は、わずか5ラックユニット(5U)のコンパクトなモジュール型プラットフォームでありながら、1.92Tbpsのシステム容量を実現。高密度の10GbE、40GbE、100GbEインターフェイスだけでなく、従来のSONET/SDH、ATM、PDH接続にも対応します。洗練されたタイミング機能に加え、MX240はJunos Fusion技術、およびジュニパーネットワークスのバーチャルシャーシ技術もサポート。ネットワークの設計と運用の合理化を促進します。

MX240は、スペア交換やメンテナンスの費用対効果を高めるために、ルーティング、コントロールおよびスイッチングコンポーネント、ラインカード、サービスカードなどのフィールド交換可能ユニット(FRU)を共通セットとしてMX960およびMX480と共有します。障害許容力の高い完全冗長構成アーキテクチャにより、一貫した運用およびサービス環境が実現します。

特長

  • 高密度かつハイパフォーマンスで、省スペースな筐体に全機能を備えたルーター。
  • さまざまなビジネス要件および技術的要件を満たすため、複数の冗長化レベルに対応しています。
  • エンタープライズとデータセンターの相互接続、および小規模サービスプロバイダのエッジアプリケーションに最適です。

仕様

機種名 MX240
システム容量 1.92Tbps
スロット当たりのスイッチ ファブリック性能 480Gbps
シャーシ当たりのDPC/MPC数 2(通常時)または 3(オプション)
ラック当たりシャーシ数 9
寸法(幅 x 高さ x 奥行き) 44.32 x 22.12 x 70.49cm(17.45 x 8.71 x 27.75インチ)
(奥行きの総計には標準ケーブルマネージャーの計測値が含まれます)
最大重量 59kg/130ポンド
マウント方式 前面または中央
電力オプション AC/DC:-40~-72V DC
100~240V AC
動作温度 0~40°C(32~104°F)
湿度 5~90%(結露しないこと)
高度 4,000m(13,000フィート)までパフォーマンスの低下なし
  • Juniper Networksは米国特許庁に登録されています。
    また、Juniper Networksは諸外国においてJuniper Networks Inc.の商標として登録されています。
  • Internet Processor、SDX、JUNOS、JUNOScript、MX80、MX240、MX480、MX960、MX-series、ACX500、ACX1000、ACX1100、ACX2100、ACX2200、ACX4000、ACX5000、ACX-seriesはJuniper Networks Inc.の商標です。
  • その他記載されている商標、サービスマーク、登録商標、登録サービスマークは各所有者に所有権があります。これらの仕様は予告なく変更されることがあります。