サイト内の現在位置を表示しています。

ACX4000

Juniper ACXシリーズ

2.5U筐体と環境耐性の強化

環境耐性が強化された2.5U ACX4000は、Junosオペレーティングシステムで動作するハイパフォーマンス モバイルアクセスを提供します。

製品概要

ACX4000は、2.5U、アクティブ冷却、現場導入向けの環境耐性強化を特徴とするアクセスルーターです。 この汎用的なハイパフォーマンス モバイルアクセスプラットフォームはJunosオペレーティングシステムで動作します。

ACX4000は、16個のT1/E1ポート、6個のGbE銅線/光ファイバーコンビネーションポート、または4個のCHOC3/STM-1ポートを搭載可能な2個のモジュラーインターフェイスカード(MIC)スロットを備え、あらゆる導入環境に対応する汎用的なモバイルアクセスプラットフォームを提供します。 このプラットフォームには、2個のMICスロットに加え、2個の10GbE、2個のGbE SFP、または8個のGbEコンビネーション(銅線/光ファイバー)に対応したいくつかの固定ポートも用意されています。

このユニバーサルアクセスルーティングソリューションは、モバイルユーザーのエクスペリエンスが向上するように最適化されているだけでなく、サービスプロバイダにとってもネットワークの収益性の大幅な向上に役立ちます。

特長

  • オペレーショナルインテリジェンスを備えた適応サービスアーキテクチャにより、ビジネスニーズに合わせたアクセスネットワークの拡張に対応します。
  • 柔軟なアーキテクチャにより、キャリアイーサネット、L2、L3、MPLS、トラフィックエンジニアリング、CAC、および簡易サービスプロビジョニングと運用がサポートされています。
  • Junos Space Services Activation Directorを使用することで、迅速なリモートプロビジョニングが実現され、管理が容易になります。
  • 最大60Gbps(GbEおよび10GbEサポート)の拡張性とパフォーマンスを誇り、T1/E1、GbE、10GbE、およびPoE++の広範なインターフェイス範囲に対応しているため、3G/4G/LTEへの移行が容易です。
  • クロッキング技術はSyncEおよびIEEE1588-2008に対応しているため、QoE(Quality of Experience)を最大化できます。
  • Junos SDKを使用すると、プロビジョニングのカスタマイズや、サードパーティーアプリケーションおよびツールとの統合を簡単に行うことができます。

仕様

機種名 ACX4000
システムスループット 最大60Gbps
インターフェイスサポート 8 × GbEコンボ(銅線/光ファイバー)(うち2ポートはPoE++)
2 × GbE SFP
2 × 10GbE SFP+
2.5 RU
ETSI 300
2 MICスロット(MIC オプションあり):
6 × GbEコンボ(銅線またはSFP)
4 × CHOC3/STM-1/1 × CHOC12/STM-4
16 × T1/E1
寸法(幅 × 高さ × 奥行き) 44.5 × 11 × 23.5cm(17.5 × 4.375 × 9.25インチ)
最大重量 10.82kg(23.8ポンド)(フル構成時 - PSU 2個、MIC 2個)
電源(DC) -48V telco公称または
-60V telco公称または
+24V DC公称
電源(AC) 90~240V AC
消費電力量 150W(MICなし)、45W(MIC当たり)、65W(PoE++ポート当たり)
湿度 95% RH(結露しないこと)
騒音値 33dBA(周囲温度が27°Cの場合)
動作温度 -40~70°C(-40~158°F)
  • Juniper Networksは米国特許庁に登録されています。
    また、Juniper Networksは諸外国においてJuniper Networks Inc.の商標として登録されています。
  • Internet Processor、SDX、JUNOS、JUNOScript、MX80、MX240、MX480、MX960、MX-series、ACX500、ACX1000、ACX1100、ACX2100、ACX2200、ACX4000、ACX5000、ACX-seriesはJuniper Networks Inc.の商標です。
  • その他記載されている商標、サービスマーク、登録商標、登録サービスマークは各所有者に所有権があります。これらの仕様は予告なく変更されることがあります。