サイト内の現在位置を表示しています。

ストレージルータ(WB7810)   [iStorage ストレージ]

WANとSAN構造を最適な状態で連結
ストレージ製品の活用範囲拡大、パフォーマンス向上に貢献します。


標準価格:400万円~(税別)
[PDF] カタログPDF

【筐体画像】WB7810

広域SANを構成する製品で、FC/IP 変換機能により遠隔地のSANストレージ同士を接続することが可能。FC/IP変換機能は、サイト間を接続する方法としてIPネットワークを利用する機能。

  • 全二重 最大1600MB/sのFCポートを4ポート標準装備。iStorageディスクアレイ装置とストレージルータ間のパスを二重化することが可能
  • 全二重 100MB/sのGEポート(1000BASE-T)を2ポート標準装備。安価なUTPケーブルでネットワークと接続可能

主な機能

FC/IP変換機能

既存のIP回線を使い遠く離れた場所にあるFC-SAN同士の接続が可能。LANとSANを1つのIPネットワークに包括することで、遠隔地にあるストレージにデータリプリケーションが可能です。(ストレージが有するRDR機能を使用)

【画像】FC/IP機能を利用した遠隔地間のSAN間接続

データ圧縮機能

転送データを圧縮してIP回線に送信し対向機でデータを復元することで、WAN回線の帯域以上の速度でデータ転送が可能。 (データ圧縮率は、データパターンに依存します)

高速Write機能

ローカルストレージからのWriteコマンドに対するリモートストレージの応答を待たずにデータを送信。距離遅延が大きい場合の転送性能を向上。