サイト内の現在位置を表示しています。

InterSecVM/PS - 特長/機能

仮想化基盤上で動作し、スパムメールやウイルスメールはもとより、検出しづらく被害も大きくなりがちな標的型攻撃メールなど、外部から受信し脅威となるメールを排除するインバウンドメールセキュリティ仮想アプライアンス製品です。

仮想アプライアンスのため既存仮想化環境に導入しやすく、また国内だけではなく海外でも高い評価を受け多くの実績があるProofpoint社のエンジンを使用しており、企業・組織を外部メールの脅威から守ります。


機能一覧

  • インバウンドメールセキュリティ(外部からの内部へ送信されるメールへの対策)
    • スパムメール対策
    • フィッシングメール対策(標的型攻撃メール対策)
    • ウイルスメール対策

インバウンドメールセキュリティ(外部からのメールへの対策)

複数の手法を組み合わせ、外部から内部へ送信される、様々な問題メールをブロック可能です。

スパムメール対策

自動機械学習技術(MLX)によるスパムメール対策機能を搭載。
エンベロープ、ヘッダおよび構成、添付された画像のプロパティ、差出人の評価や、メッセージの本文などを分析、ローカルな予測行動データを組み合わせ自動的に最新の状況に適応します。
管理者によるチューニング等なしに、最新のスパムメールを検出可能です。

フィッシングメール対策・標的型攻撃メール対策

関係者等になりすまし、または関係者であるかと思わせて、受信者を騙すのが標的型攻撃メール(スピアフィッシングメール)の主な手口です。
Proofpointでは、コンテンツMLXによる「なりすまし検知」(※1)により、標的型攻撃メールの特徴を検出し、その侵入をブロックします。
まったく新しい形の標的型攻撃メールにも、「ゼロアワー対策」(※2)により、対応が可能です。

 

 (※1)「コンテンツMLX」 :メール各構成部分の相関関係解析によるなりすまし検知が可能
 (※2)「ゼロアワー対策」:「グレー(疑わしい)判定されたメール」を一時的に保留し、その間、最新定義ファイルで再判定を実施(繰り返す)

ウイルスメール対策

ウイルスメール対策機能はその他の機能と同一のインタフェースからの集中管理が可能です。ウイルス検知エンジンはF-Secureのウイルスチェックエンジンを使用しております。また、Zero-Hour Anti-Virus™モジュールにより、未知のウィルスへの対策も可能です。