サイト内の現在位置

Utilization 知財活用による収益及び事業支援を通じた貢献

NECの知財部門:特許戦略

知財活用の幅を拡げ、経営に貢献します

知財に関するライセンス、譲渡、及びパテントプールにおける対外的な活動を通じて、収益面で経営に貢献しています。
新規事業開発や成長事業の拡大に、知財契約の観点から支援、知財を事業に有効活用すべく、社内アドバイス、対外的な交渉に取り組んでいます。


写真:譽田 裕丈
NEC知的財産部門
渉外統括部長
(シニアディレクター)
譽田 裕丈|Konda Hirotake

知的財産には様々な活用があります。特許について言えば、技術力のアピールや、技術の模倣を防ぐ効果を期待できます。しかし、特許などの知的財産を保有しているだけではその価値を十分に発揮できているとは言えません。他の会社にライセンス(実施許諾)すれば、その対価を得ることができますし、新しい事業の立ち上げにも活用できます。私たちは、NECの知的財産を様々な局面において活用することで経営に貢献しています。

NECでは、広く活用されることで社会の発展や市場の拡大に繋がる領域の特許などの知的財産を積極的にライセンスしています。他方で、何でもライセンスしてしまうとNECの強みが失われることもあります。私たちは、知的財産部門だけでなく事業部門とも連携し、常に最新の社会情勢を把握し、未来を予測して戦略的にライセンスの対象を選定等しています。

NECは第三者の知財を最大限に尊重しており、第三者にもNECの知的財産を尊重していただきたいと考えています。しかし、NECの知的財産を無断で使っていることが発覚した場合には、訴訟も辞さない交渉が必要になることもあります。私たちは、強い姿勢を示すことも事業を守るために重要であると考え、交渉に臨んでいます。

近年、知的財産を背景とした新規事業の開発や、スタートアップとの連携なども大きなテーマとなっています。お客様やパートナー様にNECの知的財産の価値を理解していただくためのアドバイスや知財契約などを通じて事業活動を支援しています。そのため、これまで以上に多岐に渡る知識が要求されています。ビジネス面におけるセンスも必要です。私たちは日々たゆまぬ研鑽を継続し、特許に限らない幅広い知的財産の新しい活用方法を広い視野を持って探っています。