サイト内の現在位置

NECの社会価値創造事例

社会課題解決やSDGsについて考えてみよう!

現在、多種多様な社会課題が地球的な規模で発生しています。
少子高齢化による労働力不足、大量に発生する食品ロス・廃棄、移動や輸送にかかるエネルギーロス、限りある資源の浪費、安心かつ信頼できるサービスへの希求…。

ここでは、NECの社会課題解決事例を通じ、実際の現実社会において、どのように課題が解決されていくのか?
また、企業がどのようにSDGs達成をしようとしているのか学習いただけるコンテンツをご用意しました。
是非、社会課題解決解決やSDGs学習の参考としてください。

本ページの進め方

  1. はじめに、NEC(日本電気株式会社)の 紹介動画をご覧ください。
  2. 次に、NECの課題解決事例・社会貢献事例(②~⑪)の動画をご覧ください。
  3. 動画閲覧後に、アンケートページより設問に回答してください。

①デジタルで産業に変革を ~NEC Value Chain Innovation~ [02:28]

テクノロジーの進歩が私たちの生活に驚きや感動を与えてくれる一方で、地球上では様々な社会課題が顕在化しています。 デジタルの力により、私たちができることとは?
企業・産業の皆さまと『人が豊かに生きる社会』を実現するために、どのように社会課題に向き合い解決していくか。

②ビッグデータ分析で収穫量を最大化!カゴメとの共創によるバリューチェーン革新 [02:15]

データ分析に基づき、収穫の最大化を図るポルトガルの農場でのカゴメ様との共創事例です。
衛星、ドローン及びセンサーを使い、気象や土壌データを収集・分析することで農作物の収穫量増加、栽培効率化を実現し、結果として、持続的な農作物の生産に不可欠な水や肥料などの投入量の削減と収穫量の最大化を最適な形で管理することができ、周囲の農場より10%多い収穫量を達成しました。

③生体認証で公平な社会の実現へ~インド国民ID事例~ [02:46]

インドでは、13億人の国民が、公平な社会サービスを受けれるように国民一人ひとりに固有のIDを発行する「Aadhaar(アドハー)プログラム」を推進しています。
NECは、指紋・顔・虹彩を組み合わせたマルチモーダル生体認証システムを提供し、社会保障の受け取り時や口座開設時の本人確認を行い、なりすましの防止や手続きの簡素化を実現しています。
今までは、食糧配給を受け取りのためにいつも大変な思いをして列に並んでいる農夫もいれば、銀行口座を作るとか、携帯電話を買うとか、会社設立に必要な手続きに大変な量力を割いていた若い起業家もいましたが、大幅に改善されました。

④顔認証を活用したおもてなしによる地域活性化 ~南紀白浜 便利で快適な旅行体験~ [02:59]

歌山県南紀白浜で行われている“IoTおもてなしサービス実証”。
顔認証を活用した食事やショッピングでの決済、空港やホテルで特別なおもてなしなど、快適・便利な旅行体験を提供し、地域の活性化に貢献致します。
ホテルから部屋の鍵と財布を持たずにビーチやショッピングに出かけたりしても、ホテルの部屋の入退出や支払いで困ることが無い、特別なおもてなし体験を提供しています。

⑤災害に強い街づくりのために!世界初の群衆行動解析技術を用いた豊島区の総合防災システム [3:00]

人口が高密度に集中する都市では、地震、台風、洪水などの災害に対し、都市特有のリスクを抱えています。人々が安全・安心に暮らすために、都市における危機管理・災害対策は不可欠です。
東日本大震災の時、交通機関は停止し、いわゆる帰宅困難者が豊島区の池袋駅周辺にあふれていました。豊島区は新庁舎の開庁と合わせ、NECの、世界初の「群衆行動解析技術」を用いた総合防災システムを導入しました。
防災カメラによるリアルタイムな情報収集に加え、「群衆行動解析技術」によって異常混雑や滞留状況を自動的に解析し、帰宅困難者対策などの迅速な初動対応を可能にします。

⑥Smart Transportation ~インド アーメダバード事例~ [02:55]

インド第7の都市として成長著しいアーメダバード市は、スマートシティプロジェクトにおいて、NECのIoTを活用した安全で正確なバスの運行を実現する「高度交通運用管理システム」を導入しました。同市は交通インフラの高度化に向け、先進的なICTの活用に取り組んでおり、NECは管制センター運用から保守までをトータルで支援し、アーメダバード市民には欠かせない1日80万人にのぼる乗客数を抱える交通インフラのサービスを支えています。

⑦社会をつなぎ、ビジネスを革新するロジスティクスソリューション [01:58]

現在、モノの多品種少量化や労働力不足の進展により、生産・物流・販売の3位一体でのサプライチェーン全体の最適化が求められています。NECにおいては、AI・IoTを活用したロジスティクスプラットフォームの提供により、戦略的なロジスティクスネットワークの構築をご支援します。「必要なものを、必要なときに、必要なだけ」届けるロジスティクスの実現により、人々の豊かな暮らしに貢献します。

⑧今よりもっと自由に空を移動するために。NECの空飛ぶクルマの挑戦 [02:59]

NECは、空の移動革命の実現に向けて、交通整理や機体間・地上との通信などを支える管理基盤の構築を本格的に開始します。
本取り組みの第一段階として、近未来型の空飛ぶクルマにおける機体管理の機能や飛行特性を把握するために試作機を開発し、NEC 我孫子事業場に新設した実験場で浮上実験に成功しました。
近い将来における無人ドローンによる物の輸送・人の移動の実現に向けて、NECは日々情熱的に取り組んでいます。

⑨日本文化とAIの共創 Summer Arts Japan 2018での実証 [02:42]

2018年8月、東京藝術大学主催で行われた「Summer Arts Japan 2018」。
音楽と書、いけばなとテクノロジーの総合芸術祭。
NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」の遠隔視線推定技術で特別協力し、華道家元池坊次期家元の池坊専好様とのコラボレーションが実現。
ステージ上で、凛とした姿でいけばなを披露する池坊先生の視線を検知し、掛軸に見立てたディスプレイに、その場面に合わせた動画を先生の目線で次々と映していく。テクノロジーと日本文化の融合によって、新しいアートの形が生まれます。

⑩太陽系誕生の秘密に迫る「はやぶさ2」のテクノロジーを紹介 [03:00]

数々の最新機器を駆使してミッションに挑む「はやぶさ2」のテクノロジーの一端を、現在までNECが支えてきた人工衛星たちと共に紹介しています。今後起きようとしている国際探査という大きなムーブメント、そこに日本の貢献度を高める、そのためにNEC がしっかりそれを下支えしていきたいと考えてます。
はやぶさ2が挑む数々のミッション、はやぶさ2が持ち帰るサンプルによって太陽系に生命が誕生した秘密が解き明かされるかもしれません。

⑪AIがチョコレートで時代のムードを再現「あの頃はCHOCOLATE」 [01:00]

NECのAI「NEC the WISE」が新聞記事から時代のムードを味覚指標で表現、チョコレート専門店のダンデライオン・チョコレート・ジャパン株式会社とのコラボレーションで時代のムードを味わう「あの頃は CHOCOLATE」を新たに開発しました。あなたも「人類発の月面着陸」や「魅惑のバブル絶頂」をチョコレートで味わってみませんか?

アンケート

アンケートへのご協力をよろしくお願いします。

本アンケートは、MACROMILL社のQuestantを利用しています。

ご参考