サイト内の現在位置を表示しています。

InfoCage SiteShell

動作環境

InfoCage SiteShell

  • InfoCage SiteShell Ver4.2 での動作環境です。
  • InfoCage SiteShell製品の保守サポートに、後述したOS、Webサーバ、Java環境、データベース欄に記載の製品の保守サポートは含まれませんので、必要に応じて別途手配をお願い致します。

ホスト型 InfoCage SiteShell(IIS 版)本体

OS(*1)
Windows Server 2016, 2019, 2022 (x64)
Web サーバ(*2)
Internet Information Services 10.0
CPU 1GHz以上
メモリ 300MB以上
ディスク 200MB以上(ログ使用領域を除く)
  • (*1)
    ・システムロケールは、日本語と英語をサポートします。
    ・Windows Server 2022 (x64) 環境は、Ver4.2.0.3 以降でサポートします。
    ・コンテナ環境は未サポートです。
  • (*2)
    ・IIS アプリケーションプール詳細設定 「32ビット アプリケーションの有効化」 には、False(無効) を選択する必要があります。

ホスト型 InfoCage SiteShell(Apache Windows版)本体

OS(*3)
Windows Server 2016, 2019, 2022 (x64)
Web サーバ(*4)

Apache HTTP Server 2.4 (x64)
WebOTX Application Server V10.4,V11.1,V11.2 同梱 Apache

CPU 1GHz以上
メモリ 300MB以上
ディスク 200MB以上(ログ使用領域を除く)
  • (*3)
    ・システムロケールは、日本語と英語をサポートします。
    ・Windows Server 2022 (x64) 環境は、Ver4.2.0.3 以降でサポートします。
    ・コンテナ環境は未サポートです。
  • (*4)

    ・マルチプロセッシングモジュール(mpm)は、「mpm_winnt」(Windows版のデフォルトモジュール)にのみ対応しています。
    ・WebOTX Application Server V11.1 環境は、Ver4.2.0.4以降でサポートします。
     WebOTX Application Server V11.2 環境は、Ver4.2.0.6 以降でサポートします。
     上述したメモリ、ディスクはSiteShell単体として必要なリソースとなります。
     「WebOTX Application Server」が必要とするリソースについては、
     こちらをご覧ください。

ホスト型 InfoCage SiteShell(Apache Linux版)本体

OS(*5)
Red Hat Enterprise Linux 7,8,9 (x64)
Rocky Linux 8,9 (x64)
CentOS Stream 8 (x64)
CentOS 7,8 (x64)
Amazon Linux 2,2023 (x64)

※コンテナの作成および動作確認は、下記のコンテナイメージを使用しております。
  ・CentOS 7
  ・Rocky Linux 8.7
  ・Rocky Linux 9.1
Java 環境(*6)

Oracle JDK 8,11,17 (x64)
Oracle OpenJDK 8,11,17 (x64)
Red Hat OpenJDK 17 (x64)
Amazon Corretto 17 (x64)

Web サーバ(*7)

Apache HTTP Server 2.4 (x64)
WebOTX Application Server V10.4,V11.1,V11.2 同梱 Apache

CPU 1GHz以上
メモリ 300MB以上
ディスク 200MB以上(ログ使用領域を除く)
  • (*5)
    ・システムロケールは、日本語と英語をサポートします。
    ・コンテナ環境は、Ver4.2.0.5以降でサポートします。
    ・Red Hat Enterprise Linux 9 (x64)環境は、Ver4.2.0.5以降でサポートします。
    ・Rocky Linux 8 (x64)およびRocky Linux 9 (x64)環境は、Ver4.2.0.5以降でサポートします。
    ・Amazon Linux 2023環境は、Ver4.2.0.5以降でサポートします。
  • (*6)
    ・Oracle JDK 17 および Oracle OpenJDK 17 環境は、Ver4.2.0.4 以降でサポートします。
    ・Red Hat OpenJDK 17 およびAmazon Corretto 17 環境は、Ver4.2.0.5以降でサポートします。
  • (*7)
    ・WebOTX Application Server V11.1 環境は、Ver4.2.0.4以降でサポートします。
     WebOTX Application Server V11.2 環境は、Ver4.2.0.6 以降でサポートします。
     上述したメモリ、ディスクは、InfoCage SiteShell単体として必要なリソースとなります。
     「WebOTX Application Server」が必要とするリソースについては、
     こちらをご覧ください。

NW 型 InfoCage SiteShell 本体

OS (*8)
Red Hat Enterprise Linux 7,8,9 (x64)
Rocky Linux 8,9 (x64)
CentOS Stream8 (x64)
CentOS 7,8 (x64)
Amazon Linux 2,2023 (x64)
Java環境(*9) Oracle JDK 8,11,17 (x64)
Oracle OpenJDK 8,11,17 (x64)
Red Hat OpenJDK 17 (x64)
Amazon Corretto (x64)
CPU 1GHz以上
メモリ 300MB以上
ディスク 200MB以上(ログ使用領域を除く)
  • (*8)
    ・システムロケールは、日本語と英語をサポートします。
    ・リバースプロキシ方式は IPv6 にも対応しています。他の方式は IPv4 にのみ対応しています。
    ・Red Hat Enterprise Linux 9 (x64) 環境は、Ver4.2.0.5以降でサポートします。
    ・Rocky Linux 8 (x64)およびRocky Linux 9 (x64) 環境は、Ver4.2.0.5以降でサポートします。
    ・Amazon Linux 2023 環境は、Ver4.2.0.5以降でサポートします。
    ・コンテナ環境は未サポートです。
  • (*9)
    ・Oracle JDK 17 および Oracle OpenJDK 17 環境は、Ver4.2.0.4 以降でサポートします。
    ・Red Hat OpenJDK 17 およびAmazon Corretto 17 環境は、Ver4.2.0.5以降でサポートします。

運用管理コンソール

  • OS(*10)
    Windows Server 2016, 2019, 2022 (x64)
    Red Hat Enterprise Linux 7,8,9 (x64)
    Rocky Linux 8,9 (x64)
    CentOS Stream 8 (x64)
    CentOS 7,8 (x64)
    Amazon Linux 2,2023 (x64)
    Java 環境(*11)

    Oracle JDK 8,11,17 (x64)
    Oracle OpenJDK 8,11,17 (x64)
    Red Hat OpenJDK 17 (x64)
    Amazon Corretto 17 (x64)

    データベース(*12)

    PostgreSQL 9.6以降、10.x、11.x、12.x、13.x、14.x、15.x、16.x
    ※動作確認は下記のバージョンを使用しております。
      ・9.6.16 ・10.11 ・11.6 ・12.6 ・13.2 ・14.4 ・15.4 ・16.0

    Web ブラウザ(*13) Microsoft Edge Chromium版
    ※動作確認は 94.0.992.38 を使用しております。
    Google Chrome
    ※動作確認は 78 を使用しております。
    CPU 1GHz以上
    メモリ 600MB以上
    ディスク 300MB以上(ログ使用領域を除く)
  • (*10)
    ・システムロケールは、日本語と英語をサポートします。
    ・コンテナ環境は未サポートです。
  • (*11)
    ・Oracle JDK 17 および Oracle OpenJDK 17 環境は、Ver4.2.0.4 以降でサポートします。 ・Red Hat OpenJDK 17 および Amazon Corretto 17 環境は、Ver4.2.0.5以降でサポートします。
  • (*12)

    ・PostgreSQL 14 環境は、Ver4.2.0.4 以降でサポートします。
     PostgreSQL 15 および PostgreSQL 16 環境は、Ver4.2.0.6 以降でサポートします。
    ・PostgreSQL 文字セットは「UTF8」を推奨します。「SQL_ASCII」は未サポートです。

  • (*13)
    ・画面の解像度は、1024x768 ピクセル以上、High Color (65536 色) 以上を推奨します。

Webサーバ監視オプション/Web改ざん防止

  • Webサーバ監視オプション/Web改ざん防止 Ver3.0 での環境になります。
OS
Windows Server 2016 (x64)
CPU 1GHz以上
メモリ 100MB以上
ディスク 50MB以上(ログ使用領域を除く)

国内主要クラウド基盤サービス(IaaS)での動作

InfoCage SiteShellは、下記の国内主要クラウド基盤サービス(IaaS)で動作確認済みです。
クラウド基盤のセキュリティ対策に有効な防御ツールとして導入をご検討ください。

(社名50音順)

Amazon Web Services

・NEC Cloud IaaS

・BIGLOBEクラウドホスティング

・Microsoft Azure