ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. InfoCage
  4. InfoCage 不正接続防止
  5. 動作環境
ここから本文です。

InfoCage 不正接続防止 - 動作環境

InfoCage 不正接続防止 V5.4 RemoteConsole

OS(32bit)
  • Windows 7 Professional(SP1)
  • Windows 7 Ultimate(SP1)
  • Windows 7 Enterprise(SP1)
  • Windows 8.1 Pro
  • Windows 8.1 Enterprise
  • Windows 10 Pro
  • Windows 10 Enterprise
OS(64bit)
  • Windows 7 Professional(SP1)
  • Windows 7 Ultimate(SP1)
  • Windows 7 Enterprise(SP1)
  • Windows 8.1 Pro
  • Windows 8.1 Enterprise
  • Windows 10 Pro
  • Windows 10 Enterprise

InfoCage 不正接続防止 V5.4 マネージャ

DomainManager/SiteManager同居、またはDomainManagerのみ

OS(32bit)
  • Windows Server 2008 Standard(SP2)
  • Windows Server 2008 Enterprise(SP2)
OS(64bit)
  • Windows Server 2008 Standard x64(SP2)
  • Windows Server 2008 Enterprise x64(SP2)
  • Windows Server 2008 R2 Standard(SP1)
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise(SP1)
  • Windows Server 2012 Standard
  • Windows Server 2012 Datacenter
  • Windows Server 2012 R2 Standard
  • Windows Server 2012 R2 Datacenter
  • Windows Server 2016 Standard
  • Windows Server 2016 Datacenter
CPU

2GHz 2コア以上

メモリ 2GB以上
ディスク 40GB以上の空き容量
備考
  • NET Framework 3.5 SP1必須
  • Webコンソールの対応ブラウザは以下の通り
    -Internet Explorer 9~11
      (ただし、OSがサポートしていないバージョンの利用は対象外)
  • 対応DBは以下の通り
    -SQL Server 2008 R2 Express
    -SQL Server 2014 Express
     (SQL Server 2014 SP2 Expressは製品バンドル)

SiteManagerのみ

OS(32bit)
  • Windows Server 2008 Standard (SP2)
  • Windows Server 2008 Enterprise (SP2)
  • Windows 7 Professional (SP1)
  • Windows 7 Ultimate (SP1)
  • Windows 7 Enterprise (SP1)
OS(64bit)
  • Windows Server 2008 Standard x64 (SP2)
  • Windows Server 2008 Enterprise x64 (SP2)
  • Windows Server 2008 R2 Standard (SP1)
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise (SP1)
  • Windows Server 2012 Standard
  • Windows Server 2012 Datacenter
  • Windows Server 2012 R2 Standard
  • Windows Server 2012 R2 Datacenter
  • Windows Server 2016 Standard
  • Windows Server 2016 Datacenter
  • Windows 7 Professional x64 (SP1)
  • Windows 7 Ultimate x64 (SP1)
  • Windows 7 Enterprise x64 (SP1)
CPU

2GHz 2コア以上

メモリ 2GB以上
ディスク 150MB以上の空き容量

InfoCage 不正接続防止 V5.4 SwichManager

OS(32bit)
  • Windows Server 2008 Standard(SP2)
  • Windows Server 2008 Enterprise(SP2)
OS(64bit)
  • Windows Server 2008 Standard x64(SP2)
  • Windows Server 2008 Enterprise x64(SP2)
  • Windows Server 2008 R2 Standard(SP1)
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise(SP1)
  • Windows Server 2012 Standard
  • Windows Server 2012 Datacenter
  • Windows Server 2012 R2 Standard
  • Windows Server 2012 R2 Datacenter

※Windows Server 2016には未対応

CPU Intel(R) Xeon(R) CPU E5502 @ 1.87GHz相当以上
メモリ 2GB以上
ディスク 1.1GB以上の空き容量
備考 Java Runtime Environment Version 8必須

InfoCage 不正接続防止 V5.4 Linux版 NetworkAgent

OS(64bit) CentOS 7.3
CPU

2GHz 1コア以上

メモリ 2GB以上
ディスク 256MB以上の空き容量
備考 仮想環境上での動作はサポート対象外

InfoCage 不正接続防止 V5.4 Windows版 NetworkAgent

OS(32bit)
  • Windows 7 Enterprise(SP1)
  • Windows 7 Professional(SP1)
  • Windows 7 Ultimate (SP1)
  • Windows Server 2008 Standard (SP2)
  • Windows Server 2008 Enterprise(SP2)
  • Windows 10 Pro
  • Windows 10 Enterprise
OS(64bit)
  • Windows 7 Enterprise(SP1)
  • Windows 7 Professional(SP1)
  • Windows 7 Ultimate(SP1)
  • Windows Server 2008 R2 Standard(SP1)
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise(SP1)
  • Windows Server 2012 Standard
  • Windows Server 2012 Datacenter
  • Windows Server 2012 R2 Standard
  • Windows Server 2012 R2 Datacenter
  • Windows 10 Pro
  • Windows 10 Enterprise
  • Windows Server 2016 Standard
  • Windows Server 2016 Datacenter
CPU 2GHz 1コア以上
メモリ 2GB以上
ディスク 1GB以上の空き容量
ブラウザ OS標準のブラウザ(オンラインヘルプの表示に必要)
備考 以下の更新プログラムが適用されていること
・Windows Server 2008の場合
  KB2763674
・Windows 7、Windows Server 2008 R2の場合
  KB3033929 ※
※KB3033929をインストールする前にKB3035131のインストールが必要

仮想環境上での動作はサポート対象外

  • InfoCage 不正接続防止 マネージャ及びSwitchManagerは、「CLUSTERPRO X 1.0~X 3.2」での冗長化に対応しています。
  • 本製品(NetworkAgentを除く)は、VMware ESX・ESXiおよびMicrosoft Hyper-VにおけるゲストOS上での動作を以下の条件のもとでサポートいたします。
    ・ゲストOSに割り当てたスペックが動作環境の必要諸元を満たしていること

ページの先頭へ戻る