ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. HULFT Series
  4. 最新情報
  5. TLS 1.0、1.1によるOffice 365への接続に対するサポート終了に伴うセゾン情報システムズ社製品への影響について
ここから本文です。

TLS 1.0、1.1によるOffice 365への接続に対するサポート終了に伴うセゾン情報システムズ社製品への影響について

最新情報一覧へ戻る
初回掲載日:2018年 8月 3日

Microsoft社から、2018年10月31日にTLS 1.0、1.1によるOffice 365への接続に対するサポートを終了し、TLS 1.2での接続を推奨する旨の告知がありました。
上記に伴い、セゾン情報システムズ社製品に対する影響についてご案内いたします。

内容

2018年10月31日にTLS 1.0、1.1によるOffice 365への接続に対するサポートは終了され、TLS 1.2による接続が推奨されます。そのため、TLS 1.0、1.1による Office 365への接続が失敗する可能性があります。

調査状況

上記について、セゾン情報システムズ社製品における影響と対応についてご案内いたします。
<セゾン情報システムズ社製品調査状況 - 2018年 7月31日 9:00時点>

製品名 調査状況
HULFT

影響はありません。
メール機能に対応しているが、 TLS をサポートしていなく、 Office 365への接続をサポートしていないため。

HULFT8 Script Option

影響があります。
HULFT8 Scriptのメール送信機能はTLS 1.2に対応していないため、メールサーバにOffice 365を使用したメールの送信ができなくなります。
TLS 1.2に対応したエンハンスパッチを2018年8月3日にリリースしました。メールアダプタをご利用のお客様、また、今後ご利用を検討されているお客様はエンハンスパッチの適用をご検討ください。

・エンハンスパッチの提供方法について
エンハンスパッチはmyHULFTからの提供になります。エンハンスパッチをご希望のお客様は、myHULFTよりダウンロードを行ってください。

HULFT IoT

影響はありません。
メール機能に対応しているが、 TLS をサポートしていなく、 Office365 への接続をサポートしていないため。

HULFT-HUB

影響はありません。
メール機能が存在しないため。

HULFT-DataMagic(Ver.1,2)
DataMagic(Ver.3)

影響はありません。
メール機能が存在しないため。

HULFT クラウド(Ver.1)
HULFT-WebFT(Ver.2)
HULFT-WebFileTransfer(Ver.3)

影響はありません。
メール機能に対応しているが、Office 365 の暗号化プロトコル (STARTTLS) をサポートしていないため。

HDC-EDI Suite

<HDC-EDI Base>
影響はありません。
メール機能に対応しているが、Office 365 の暗号化プロトコル(STARTTLS) をサポートしていないため。

<HDC-EDI Manager>
影響はありません。
メール機能が存在しないため。

iDIVO

影響はありません。
メール機能に対応しているが、Office 365 の暗号化プロトコル(STARTTLS)をサポートしていないため。

SIGNAlert

影響はありません。
メール機能に対応しているが、 TLS をサポートしていなく、 Office 365への接続をサポートしていないため。

補足

TLS 1.0、1.1 によるOffice 365への接続に対するサポート終了につきましては、Microsoft社の以下の URLに告知がございます。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4057306/preparing-for-tls-1-2-in-office-365

ページの先頭へ戻る