ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

「最新アーキテクチャ向けプログラムチューニング技術」ワークショップにてSX-Aurora TSUBASAのための性能チューニングに関する講演があります

掲載日:2019年02月20日


3月15日に開催予定の 九州大学情報基盤研究開発センター主催「最新アーキテクチャ向けプログラムチューニング技術」ワークショップにてNEC SX-Aurora TSUBASAシステムのための性能チューニングに関する講演が予定されております。

 


◆「最新アーキテクチャ向けプログラムチューニング技術」ワークショップ

日時: 2019年 3月 15日(金) 14:00 – 17:30 (13:30 受付開始)
場所: 九州大学 伊都キャンパス 情報基盤研究開発センター 2階多目的教室
    https://www.cc.kyushu-u.ac.jp/scp/
主催: 九州大学情報基盤研究開発センター


SX-Aurora TSUBASAに関するご講演は以下です:

★14:40~15:10 

「SX-Aurora TSUBASAのための性能チューニング 」

ご講演者: 滝沢 寛之様(東北大学)

ご講演概要: 
最新のベクトル型システムであるNEC SX-Aurora TSUBASAを初期評価した結果を紹介するとともに、そこで明らかになった性能チューニングのポイントをいくつか紹介する。その結果に基づいて、将来のHPCシステムにおける性能チューニングで重要になると予想される要点を考察する。


ワークショップの詳細は以下をご参照ください。
参加を希望される方は事前申し込みが必要です。

◆「最新アーキテクチャ向けプログラムチューニング技術」ワークショップ

https://www.cc.kyushu-u.ac.jp/scp/users/news/2018/454.html

 

 

Top of this page