パートナー様との"共創"による商品企画へのこだわりとロードマップ

導入・運用の視点から迫る「HCIの今、HCIの進化」インタビュー特集記事

新しいタイプの仮想化基盤であるハイパーコンバージド・インフラストラクチャ(HCI=Hyper Converged Infrastructure)。この市場のなかで、NECはパートナーとの共創によってつくられたHCIオールインワンモデルを提供している。パートナーのビジネスを次のステージへ引き上げることも見据える、このモデルの特長と導入メリットを紹介する。

なぜHCIは注目を集めている?

HCIは、新しいタイプの仮想化基盤で、現在仮想化基盤市場において注目されている製品の1つだ。従来の仮想化基盤の基本的な構成要素である「サーバ」「共有ストレージ」「ストレージネットワーク」の機能を、HCIでは、ストレージ仮想化技術「SDS(Software Defined Storage)」によってすべてサーバに統合することで、サーバの内蔵ストレージを束ねて共有ストレージとして使用。そのため、ストレージ専用機器の設置が不要となり、シンプルな仮想化基盤環境を実現できる。

日本電気株式会社 プラットフォームソリューション事業部
プラットフォームサービス企画G
主任 猿田 智広

このHCIが注目を集めている理由について、日本電気株式会社プラットフォームソリューション事業部プラットフォームサービス企画G主任の猿田智広は次のように語る。

「新たに仮想化環境を導入する場合、ストレージ専用機器とサーバ、仮想化ソフトウェアを組み合わせた環境構築に時間とコストを要します。また、ストレージ専用機器の運用には専門知識が必要とされるため、ITインフラSEを豊富に持たない企業には負担が大きいと言われていました。HCIは、導入および拡張が容易に実現することが重要なポイントです。これにより、スモールスタートを可能とし、ITインフラ投資における無駄を減らすメリットが生まれます」

パートナーの要望を踏まえた商品企画にこだわる意義とは

NEC Hyper Converged System(NEC HCS)は、HCIオールインワンモデルだ。NECがあらかじめシステムの設計・構築・検証を行い、構築済みの仮想化基盤として提供。そのため、既存のシステム環境に仮想化環境をすぐに用意できることがメリットになる。

「ITシステムの維持管理・運用を外部SIer(パートナー)に委託しているお客さまが多いため、HCIの導入時の行程において、パートナーさまの維持管理・運用作業をいかに効率化できるかがポイントになります。そのため、パートナーさまからの要望を踏まえた商品企画にこだわりました。1年以上NECとパートナーさまとが試行・改善を重ねる“共創”を経て、その内容を当社のNEC HCS開発部門に的確にフィードバックしています。これは当社の基本的な製品開発の姿勢でもあります」(猿田)。その意味でNEC HCSは導入時の行程においても、NECとパートナーの“共創”によって初めて完成する製品と言える。

NEC HCSの最大の特長は、ITシステムの検討・構築・運用・保守フェーズにおける作業効率化を実現している点にある。また、それぞれのフェーズにおいて、パートナーのさまざまな困りごとや障害が発生するケースを想定してツール・サービスを用意していることも特筆すべき点である。「『安全・安心』面と『構築・運用』面の充実によって、システム検証や運用の行程でSEの工数を可能な限り効率化することが最大の課題です」と猿田は話す。その解消のためにNEC HCSが提供できる価値は大きく分けて「導入プロセスの自動化・効率化」「運用プロセスの自動化・効率化」の2つだ。

「導入プロセスの自動化・効率化」においては、NEC HCSではサイジング構成や見積、導入設計、構築にかかる期間の削減を支援する。特に構築フェーズでは、顧客ニーズや状況に応じて「NECにすべてを任せる構築」「『インストール手順』を参照する構築」「システム構築支援ツールを使った自動構築」の3メニューがある。「パートナーさまとの実証結果として、導入期間の最大70%の短縮や、従来3日間必要だった作業を4時間で完了したケースがあります」(猿田)

構築フェーズにおける3つの支援メニューをご提供

また、「運用プロセスの自動化・効率化」では、直観的な視認性と操作性、多様な自動化機能を、NECが独自開発した管理ソフトウェア「NEC Hyper Converged System Console」によって提供する。ダッシュボード上で運用管理に必要な情報を一覧で確認できるだけでなく、管理対象のクラスタノード、仮想マシンリソースの状態、異常発生時のステータスを確認可能だ。「NEC Hyper Converged System Consoleは、日常的なHCIの運用管理シーンを想定した管理ソフトウェアで、特に管理の自動化に力を入れています。ディスク交換作業、クラスタノード起動・停止、レポーティング作業等、日常的なHCIの運用管理において手間のかかる部分の作業をシンプルにしている点がポイントです」と猿田は語る。

システム管理者が必要とする監視・操作機能を一画面に集約

パートナーのビジネスを新たなステージへ

現状、ITシステムの検討・構築・運用・保守それぞれのフェーズで作業プロセスを自動化することで、パートナーの主にシステム部門の業務効率化に貢献し続けるNEC HCS。将来的な展望として、猿田は「さらにパートナーさまの経営層や営業部門の視点で、このNEC HCSを基盤としてパートナーさまのビジネスを発展させたいと考えています。例えば、お客さまのシステム運用データをあらかじめ分析し、そのデータに基づいたレコメンドサービスをNEC HCSに搭載し、パートナーさまの営業活動をより顧客価値の高い活動にできるよう貢献します。中長期的な目線で見た場合、HCIは仮想化基盤の導入において作業効率化という価値を提供していますが、まだお客さまのシステム全体の運用管理をドラスティックに改善できる存在には至っていません。NECは今後も自動化技術を提供していくことで『システム全体を俯瞰した、自律運用が可能な基盤』として進化し、パートナーさまの会社全体の経営への貢献も目指していきたいです」と語った。

パートナーさまのビジネスを支える基盤としての進化