サイト内の現在位置

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャ(HCI)

インフラ運用を効率化!
HCS Consoleの魅力をご紹介

昨今、テレワークの普及やDX(Digital Transformation)への取り組みにより、社内インフラ運用の効率化を課題とする声も増えています。

若手SEのナギサちゃんもその1人です。HCIの特長やバックアップの理解も深まり、新たにインフラ運用も任されている様子。そのなかで上司から業務効率化の指示が出てしまい・・・
この課題をどう解決していくのでしょうか。

もっとHCIを知りたい方必見!

※お客様情報入力後、ダウンロードいただけます。

HCIはかせとナギサちゃんの今までのお話はこちら!

登場人物

HCIはかせ

未来から来たHCIのエキスパート。これからのITについて日々研究している。ナギサちゃんにとって頼りになる存在。

若手SEの
ナギサちゃん

大手企業の情報システム部門に勤める社会人4年目。頼りになる先輩の異動で業務が増えて困惑中。

ヤマモトさん

NECのHCIプリセールスを担当。仮想化ソフトウェア・ハードウェアに詳しいだけでなく、丁寧な仕事に定評がある。いちご大福に似た文鳥をこよなく愛する。

ナギサちゃんの上司

ナギサちゃんの上司。「HCIを使った次世代ITインフラ計画」をナギサちゃんに依頼中。今回もあれこれと要件を出している。

第2章

第1章

業務効率化を進めなさい!

(前回までのおさらい)
やっぱりNEC Hyper Converged System for VMware vSANが一番合っていそうだけど、最近色々忙しくて検討が進んでいないや。このあと、上司と1on1だから準備しないと。

(1on1にて)
ナギサさん、ここ最近は残業が多いみたいだけど何かあったの?

はい、なかなか仕事が終わらないのです・・・
例えば、こんなことがあります・・・

情報システム部門の残業発生の要因「急な人事異動による熟練者不足」「リモート管理ができない」「巣ステムエラーによる作業増加」

確かにナギサさんの業務がパンパンだね。ただ、全社的にも経費削減要請が出ているから、できるだけ残業しないやり方を探してもらいたいんだ。もう4年目だし、他にも任せたい業務もあるからよろしくね。

はい
(そんなこと言われても・・・)

業務効率化ってなんで必要なの?

はぁ、残業しないやり方って何だろう?
誰か教えて~。

呼んだ?

あ、HCIはかせ!ちょうどよかった。
上司から残業しない方法を考えるように言われて困っているんだ。

うんうん。
それじゃあ、なんで会社は残業しないようにって言うんだろうね?

ずばり、人件費がかかるから!

それもあるけれど、残業することで社員のモチベーションや生産性も低下し、企業全体にマイナスの影響が出るからなんだ。

残業が企業に与える影響「人件費の増加」「モチベーションや生産性の低下」

そうならないために必要なのが業務効率化で、これが今回上司からナギサさんへの依頼に繋がったんだね。

なるほど。そういう背景があったんだ。

それから、業務効率化によって空いた工数を優先すべき業務にシフトすることができるね。一例としてDX化に取り組む企業も増えているよ。
これは会社にとってもプラスだよね。

DX化!(なんかカッコいいワード!!)

・・・業務効率化が企業に必要なのは分かったけど、結局どうやったらできるの?

ナギサさんはNEC Hyper Converged System for VMware vSANを検討中だよね?
その辺りをヤマモトさんに聞いてみたらどうかな?

第2章

NEC Hyper Converged System for VMware vSANで実現する業務効率化

(リモートミーティングにて)
ヤマモトさん!ちょっと相談があるのですが・・・

チーヨチヨチヨ♪
ナギササン、ヒサシブリー

お久しぶり・・・です!?
(あれ、ヤマモトさんの声こんな感じだったっけ?)

ごめん、ごめん。文鳥が勝手に返事しちゃった(汗)
今日はテレワークなもので。

今回はどのようなご相談ですか?

びっくりしました(笑)
実は、最近残業が多くて、上司から業務効率化を考えるように言われてしまいました。

次期システムとして検討しているNEC Hyper Converged System for VMware vSANを導入することで業務効率化できるのでしょうか?

なるほど、NEC Hyper Converged System for VMware vSANでは、「HCS Console」という管理ツールが提供されています。
このツールを使うことでナギサさんのお悩みも解決できると思います!

本当ですか!? 詳しく教えてください!

業務課題で見るHCS Consoleの魅力とは

では、残業が発生する要因として何が思い当たりますか?

はい。いろいろあるのですが・・・

残業が発生する要因(各項目へジャンプ)

1. 現場中心の作業

システムの稼働状況を確認するためにマシン室と自室を行ったり来たりしています。さらに、複数の画面で監視しているので、時間がかかっています。

HCS Consoleではリモート接続が可能なのでマシン室に行かなくても稼働状況の把握ができます。
また、管理者が必要とする監視・操作機能を一画面に集約しているので、稼働状況を一目で把握できますよ。

HCS Console ダッシュボード画面

2. システム異常に気付かない

以前、システム異常が発生したときに気づくのが遅れてしまい、他の部門にまで迷惑をかけてしまったことがあります。

それならメール通報の機能があるので安心ですよ。
ナギサさんのメールアドレスを設定しておけば、何度も確認しなくても、異常発生にすぐ気が付きますね。

メール通報機能:異常検出時、設定したメールアドレスに送付

3. システムアップデート作業が煩雑

あとは、仮想化基盤(ESXi)のアップデート作業があります。
業務時間外に1台ずつ間違えないように作業するので時間がかかっていまして・・・結果的に残業になりやすいです。

アップデート作業は緊張しますよね。
HCS Consoleのローリングアップデートという機能を使うことで、稼働中の仮想マシンを停止せずにクラスタノードにおける仮想化基盤(ESXi)を自動アップデートすることができます。

ローリングアップデート機能:ソフトウェア・アップデートを一括で自動更新

4. シャットダウン作業が煩雑

最近では、計画停電による仮想マシンやノードのシャットダウン/起動などもありました。1つ1つシャットダウンしていくのでかなり大変でした(汗)

仮想マシンやノードのシャットダウン/起動はHCS Consoleの画面上から操作できますよ。
しかも、一括で自動シャットダウンできる機能もあるので作業が効率化します。

自動シャットダウン:メンテナンスの負荷削減 クラスタ全体の自動シャットダウン

5. 新システム移行への不安

HCS Consoleには便利な機能がそろっていますね。
でも、新しいシステムをいきなり使いこなせるか不安です。

いわゆるスイッチングコストですね。
NECではHCSの運用の参考となるコンテンツ(運用ガイド)を提供していますので安心ですよ。

HCS Consoleの写真付きで解説「NEC Hyper Converged System運用ガイド」

いざ!上司への提案

すごいですね!
これなら今のシステムで抱えている課題も解決できます!

はい。まさにHCSのコンセプトである「安心と先進でお客様のビジネスを支える」を実現できるツールになっているのです。

さっそく上司への提案資料に入れてきます!

あ、ちょっと待って

重要なことを言い忘れました。
今回紹介したHCS Consoleが実際に動いてるところを見てみませんか?
こちらの動画を見てみてください。

なるほど、イメージがつかめました。
HCS Consoleの機能について、より詳しく知りたい場合はどうすれば良いですか?

NECの営業に相談すればデモを紹介してもらえます。
今回紹介していない機能も見ることができますよ。
ナギサさんの上司もぜひ。

はい! ぜひ、お願いします!
早速、上司の予定を確認してみますね。
ヤマモトさん、今日は何から何まで本当にありがとうございます!!

もっとHCIを知りたい方必見!

※お客様情報入力後、ダウンロードいただけます。