機能概要

従来の「部品表」と「工程表」の考え方では困難だった、副産物・連産品・リサイクルなどプロセス産業特有の複雑な生産工程を実態に即してシステムで管理します。

在庫保管場所の階層別管理をはじめ、ロット別の在庫状態管理、有効期限管理、在庫の保管単位と異なる単位での受払などきめ細かな在庫管理を実現します。

設備能力計算(CRP:Capacity Resource Planning)を行いながら、資材所要量計算(MRP:Material Requirements Planning)を実行し、効率のよい生産計画立案を支援します。

生産活動に必要な原材料や資材、備品、消耗材などについて、購買要求から発注、受入、請求管理までの、調達に関わる一連の業務プロセスを支援します。

標準単価/数量や実際単価/数量を使った品目別原価積み上げ、活動基準原価計算(ABC)といった手法を実現し、原価情報の可視化を実現します。

受注~引当~出荷~請求といった一連のライフサイクルのうち、特に受注と出荷に着目し、納品明細ごとの詳細管理を実現します。

資料ダウンロード・お問い合わせ