サイト内の現在位置

信販クレジットカード総合サービス『マルチファンクション・クレジット・サービス(MCS)』

ノンバンク業界でのシステム構築実績とクラウドサービス提供ノウハウを組み合わせ、信販クレジットカード総合サービスを提供。クレジットカード業務を標準化し、クラウドサービスとしてSaaS型で提供することにより、低価格かつ迅速な業務の立上げが可能です。

ポイント

  • クレジットカードの総合サービス機能を豊富に品揃え
  • クラウドサービスにより、低価格に、迅速に業務の立上げが可能
  • NECの強固なセキュリティ環境でのサービス提供を実現

背景

システムコストの削減が重要な経営課題に

昨今のクレジット環境は、貸金業法改正、割販法改正等に伴い、信用与信枠の減少と貸出金利の低下により、収益性が低くなりつつあります。しかし一方では、ポイントサービスの拡充、電子商取引(EC)によるインターネット環境への対応や、IC・電子マネー等の新しい技術への対応、それらに伴う取引量の増大により、システム投資は年々増加傾向にあり、システムコストの削減が経営課題となっています。

クレジットカードシステムの構築実績とクラウドサービスノウハウを融合

NECでは、大手通信販売系のクレジット会社のサービス提供基盤の構築実績や、小売・スーパーへのASPサービスで培ったノウハウを基に、クレジットカードに関わる様々な業務(申込み~審査~貸付~顧客取引~債権管理等)を標準化し、クラウドサービスとしてSaaS型で提供します。クラウドサービスにより、低コストかつスピーディーな業務の立上げが可能です。

概要

クレジットカード業務のフローに沿ったサービスを提供

NECのクレジットカード総合サービスは、申込み~審査~貸付~顧客取引~債権管理まで、クレジットカード業務の各フローで必要となる機能をサービスとして提供します。現在、クレジットカード業務を行っている企業に関しては、運用・保守に関わる大幅なTCOの削減を、新たにクレジット業務を開始される企業に関しては、導入費用を抑え、短期間、低価格でのサービス導入による新事業の開始を実現します。

導入メリット

「低価格」なサービス費用

クレジット業務を標準化し、クラウドサービスとしてSaaS型で提供するため、持たざるITの実現によるコスト削減を実現。ハードウェア/ソフトウェア製品の更新に伴う投資も不要です。これにより、自社導入におけるシステム構築費用と比較して、大幅にシステム投資を削減できます。(自社でのシステム開発・運用・保守にかかる費用と比較し、約50%削減でのサービス提供費用を実現)

「短期間」でのサービス立上げ

パッケージ化された標準機能をクラウドサービスとしてSaaS型で提供するため、申込みから最短3ヶ月でのサービス利用が可能です。また、ヘルプデスクサービスを標準機能として備えており、本サービスへのスムーズな移行・システム切替えを支援します。さらに、ATM、業務端末、POS向けにも標準化されたインタフェースを保有。既存端末資産をそのまま利用し、短期間でのサービス利用を実現します。また、ご要望により最小限の機能で迅速にサービスを開始できるスタートアップ版もご用意しています。

「拡張性・利便性」を追求したサービス提供

会員数が数万人の小規模なサービス利用から、会員数が一千万人以上の大規模なサービス利用まで、会員数の規模に合わせた柔軟なサービス提供を可能とします。サービス導入開始後の新機能の追加や会員数の増加、それに伴う取引量の増加にも柔軟対応。必要なときに必要な分のサービス機能を利用することで、ステップアップ導入による投資リスクの抑制かつ適切なシステムコストを実現します。さらにクレジットカードサービスに関わる豊富なオプション機能を準備。サービス機能の拡張も容易に行えます。

強固な「セキュリティ」を実現

NECの強固なセキュリティ環境によるサービス基盤上に本サービスを実装。サービス利用企業ごとにセキュリティを確保しているため、各企業のセキュリティレベルを満たすセキュアな環境でサービスを提供。これにより、各企業での、安心・安全なサービス利用を実現します。

利用イメージ

豊富なサービスメニューをご提供

基本メニューに加え、豊富なオプションメニューを準備。企業のあらゆるニーズに応えます。

サービスメニュー