シーン2:新たな発見が生まれる街歩き
タッチレスでのメニュー操作、ARによる多言語表示など新しいユーザビリティを体験します。