サイト内の現在位置を表示しています。

イベント・セミナー

FIWAREから考える都市OSハンズオン!~ご当地オープンデータで情報ダッシュボードを作ってみよう~

自治体オープンデータを可視化する情報ダッシュボード作成を体験できる、市民参加型スマートシティのハンズオンです。
参加者の皆様には、FIWARE(ファイウェア)(*)を利用して、加古川市のオープンデータでオリジナル情報ダッシュボードを作成していただきます。 兵庫県および各市のオープンデータも利用可能です。
ハンズオンに参加して「まちの課題の解決」や「まちの活性化」のヒントを見つけてください。

開催概要

日時 2020年6月27日(土)13時~16時
会場 オンライン
  • 本ワークショップはZoomを使用します。
主催 NEC、Code for Kobe、Code for Japan
定員 30名
参加費 無料(事前申込制)
対象 FIWAREに興味のある方
オープンデータ活用に興味のある方
内容
  • オープニング
  • ダッシュボード作成方法についてのデモ(30分)
    講師:NEC コーポレート技術戦略本部
  • ご当地ダッシュボードの作成(90分)
  • クロージング

見守りカメラの設置状況、避難所の設置場所と収容人数、通学路の安全、新型コロナウイルスの発生状況などの様々なダッシュボードを作成

ダッシュボードは部品をつなげて、わずかな設定をするだけで完成

  • 兵庫県、神戸市、姫路市、尼崎市、西宮市、芦屋市、豊岡市、赤穂市、宝塚市、明石市、高砂市、川西市、三田市、たつの市のオープンデータも利用可能です
その他
  • インターネット接続環境、PCをご準備ください。
  • Chrome、 Firefox、 SafariのいずれかのWebブラウザの最新版をご準備ください。
  • ZoomIDとパスワード、FIWAREハンズオン環境のログインIDとパスワードは、お申込みいただいた方に対して1週間前にご連絡します。
  • 当日までに、各自FIWAREハンズオン環境への接続確認をお願いします。
  • (*)
    FIWARE
    FI(Future Internet)WARE(次世代インターネット基盤ソフトウェア)。FI-PPPが次世代インターネット技術における欧州の競争力強化と、社会・公共分野のスマートアプリケーション開発を支援するために、開発した基盤ソフトウェア。FIWAREの仕様はオープンかつロイヤルティフリーで、オープンソースソフトウェアによるリファレンス実装と、オープンAPIを持つ。FIWAREが実装するオープンAPIは、「NGSI」のコンテキスト管理に係るインタフェース「NGSI-9/10」で、データ流通やデータモデルなどの仕組みを標準化したベンダーニュートラルな仕様であり、既存の各種IoT基盤と並立して業種を超えたデータの相互利活用を促すもの。
    参考URL:
    new windowhttps://www.fiware.org/
    new windowプレスリリース「NEC、FIWARE Foundationにプラチナメンバーとして参画」

お問い合わせ先

NEC Future Creation Hub KANSAI イベント事務局
メール:kansai@bbs.jp.nec.com