ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 製品
  3. ファクトリコンピュータ
  4. FC98-NXシリーズ
  5. 旧製品情報(本体)
  6. FC-R20W
ここから本文です。

FC-R20W Series

 ※本製品は、現在販売しておりません。 (2018年12月末日 販売終了)

製品情報

耐環境・長期供給・長期保守可能な産業用サーバ 2U ラックマウントモデル 新登場。

R20W 本体

  • 出荷開始時期 : 1Way Windows Server® 2008 R2 SP1日本語版
    1Way Windows® 7 SP1日本語
    1Way OS未添付モデル
    ・2013年01月25日
    1Way Windows Server® 2008 R2 SP1英語版
    1Way Windows Server® 2003 R2 SP2日本語版/英語版
    1Way Windows® 7 SP1英語版
    ・2013年03月22日
    2Way
    ・2013年03月下旬
    Linuxプリインストールモデル
    ・2014年04月
  • 供給終了時期 :Windows Server® 2003 R2 SP2プリインストールモデル
    ・2018年05月21日
    Windows Server® 2003 R2 SP2プリインストールモデル以外
    ・2018年12月末日
  • 保守終了時期 :2025年12月末日

仕様

項目 型名 R20W ※1 ※2
1Wayモデル 2Wayモデル
RAID1 RAID5 RAID1 RAID5
CPU ※3 Quad-Coreインテル® Xeon® プロセッサー E5-2418L
  動作周波数 ※4 2.00GHz (拡張版Intel SpeedStep® Technology搭載)
コア数 / スレッド数 4コア / 8スレッド 8コア / 16スレッド
キャッシュメモリ 2.5 MB/core
システムバス 6.4GT/s
チップセット インテル® C604 チップセット
メモリ ※5 最大16GB (DIMMスロット×4) ※6
DDR3 Buffered (Registered) DIMM 1333MHz
ECC機能付き
最大32GB (DIMMスロット×8) ※6
DDR3 Buffered (Registered) DIMM 1333MHz
ECC機能付き
表示機能 ※7 マネージメントコントローラチップ (EXPRESSSCOPE® エンジン3)に内蔵
最大解像度 1280×1024ドット (SXGA 1677万色)





ディスクドライブ ※8 約600GB(HDD)×2台
または
約100GB(SSD)×2台
[空き]6スロット
約600GB(HDD)×3台
または
約100GB(SSD)×3台
[空き]5スロット
約600GB(HDD)×2台
または
約100GB(SSD)×2台
[空き]6スロット
約600GB(HDD)×3台
または
約100GB(SSD)×3台
[空き]5スロット
光学系ドライブ [セレクション] DVD-ROMドライブ ※9またはDVDスーパーマルチドライブ ※10
コンパクトフラッシュ ※11 1スロット







※12
USB 6ポート (フロント×2、リア×4)、USB2.0対応
シリアル 最大115,200bps D-sub9ピン×2(オス)
ディスプレイ アナログRGB:ミニD-sub 15ピン(メス)
サウンド関連 なし
ネットワーク ※13 RJ45(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T)LANコネクタ×4
RJ45(100BASE-TX/10BASE-T)LANコネクタ×1[マネージメント専用LAN]
Remote Power ON機能サポート






※12
PCI Express(x16) ※14 1スロット (フルハイト ショートサイズ) 2スロット (フルハイト ショートサイズ)
PCI Express(x8) 2スロット (LowProfileサイズ) ※15
PCI Express(x1) 1スロット (LowProfileサイズ)
RAS機能 ※16 マネージメントコントローラチップ (EXPRESSSCOPE® エンジン3)搭載、 ESMPRO®/ServerManager,ServerAgent(添付)、ソフトウェアRASツール(添付) ※17
電源リモートコントロール機能 [標準]背面の電源リモートコントロール端子への入力により可能
規格等 RoHS指令対応、VCCI class A適合
消費電力 ※18 約 224W (最大約 408W) 約 231W (最大約 408W) 約 271W (最大約 561W) 約 278W (最大約 561W)
皮相電力 ※18 約 226VA (最大約 412VA) 約 233VA (最大約 412VA) 約 274VA (最大約 567VA) 約 281VA (最大約 567VA)
発熱量 ※18 約 807kJ (最大約 1469kJ) 約 832kJ (最大約 1469kJ) 約 976kJ (最大約 2020kJ) 約1001kJ (最大約 2020kJ)
エネルギー消費効率
(2011年度省エネ達成率) ※19
I 区分 1.694 (-)
外形寸法 443(W) × 531(D) × 87(H) ㎜
(フロントマスク、突起部、コネクタ部は除く)
質量 ※20 約 20.8kg 約 21.1kg 約 21.2kg 約 21.5kg
キーボード/マウス/ディスプレイ 未添付 (オプションで提供)
  • ※1型名・型番については、セレクションメニュー表を参照してください。
  • ※2ドライバ提供OS(サポートOS)は以下の通りです。Microsoft® Windows Server® 2008 R2 日本語版/英語版(Service Pack 1以上:64bit版),Microsoft® Windows Server® 2003 R2 日本語版/英語版(Service Pack 2以上:32bit版),Microsoft® Windows® 7 Professional 日本語版/英語版(Service Pack 1:64bit版)のドライバは、製品に添付のバックアップDisc媒体に格納されています。
  • ※3使用環境や負荷により CPU動作をダイナミックに変化させる制御機能を搭載しています。
  • ※4プリインストールOS以外でのOS環境では、拡張版Intel SpeedStep®機能が使用できない場合があります。
  • ※5搭載メモリはセレクションメニューで4GB/8GB/16GB/32GB(2Wayモデルのみ)の中から選択可能です。製品ご購入時またはご購入後にメモリを増設される場合は、オプションのFC-UG-M033(4GB/DDR3)が利用できます。
  • ※61Wayモデルと2Wayモデルで搭載メモリ容量(使用可能スロット数)が異なります。
  • ※7本機のもつ解像度および表示色の能力であり、接続するディスプレイによっては表示できないことがあります。
  • ※8ディスクドライブを最大で8台まで搭載可能です。
  • ※9DVD- ROMドライブの仕様(読込み)は、CD-ROM 最大24倍速・CD-R 最大24倍速・CD-RW 最大24倍速・DVD-ROM 最大8倍速・DVD-Video 最大4倍速・DVD-R(1層)最大8倍速・DVD+R(1層)最大8倍速・DVD- R(2層)最大6倍速・DVD+R(2層)最大6倍速・DVD-RW 最大8倍速・DVD+RW 最大8倍速・DVD-RAM 最大5倍速となります。DVDビデオ再生ツールは市販品をご利用ください。
  • ※10DVDスーパーマルチドライブの仕様は、CD-ROM 最大24倍速(読込み)・CD-R 最大24倍速(読込み/書込み)・CD - RW 最大24倍速(読込み)、最大10 倍速(書込み)・DVD-ROM 最大8倍速(読込み)・DVD-Video 最大4倍速(読込み)・DVD-R(1層)最大8倍速(読込み/書込み)・DVD+R(1層) 最大8倍速(読込み/書込み)・DVD-R(2層)最大6倍速(読込み)、最大4倍速(書込み)・DVD+R(2層)最大6倍速(読込み)、最大4倍速(書込み)・DVD-RW最大8倍速(読込み)、最大6倍速(書込み)・DVD+RW 最大8倍速(読込み/書込み)・DVD-RAM 最大5倍速(読込み/書込み)となります。書込みツールは、「Roxio Creator LJB [日本語版/英語版](サポートOSはWindows® 7)」を添付しています。DVDビデオ再生ツールは市販品を利用してください。
  • ※11コンパクトフラッシュ® カードは実装されていません。市販品をご使用ください。ご使用にあたっては、事前にお客様にて評価/ご確認をお願い致します。
  • ※12市販品のご使用にあたっては、事前にお客様にて評価/ご確認をお願い致します。
  • ※13搭載されているLANチップは、チーミング機能に対応しております。ただし、チーミング機能の動作確認はおこなっておりません。
  • ※141Wayモデルと2Wayモデルで使用できるスロット数が異なりますので、ご注意ください。
  • ※151スロットはRAIDボードで占有しております。
  • ※16Windows® 7は2014年4月末より、Linuxは2014年11月より対応しています。
  • ※17ソフトウェアRASツールはインストールしておりません。必要に応じてお客様でインストールしてください。ソフトウェアRASツールでは、ハードウェア状態監視機能・ロギング機能・異常出力機能・障害解析機能・RAS機能チェックツールをサポートしています。
    ソフトウェアRASを利用する場合は、お客様でアプリケーションの開発が必要になります。ソフトウェアRASでは、64bitアプリケーションには対応しておりません。64bit版OSで使用される場合は、32bitアプリケーションでの作成をお願いいたします。
  • ※18本体+キーボード+マウス+ディスプレイの構成で、CPUのコア(スレッド)をすべて有効にして本体を動作させた時の測定値で表記しています。CPUのコア数(スレッド数)や動作周波数、本体の動作条件によっては、記載している消費電力値より低くなります。出荷時の装置構成および設定にて、負荷ソフトウェアを実行させた状態で計測した値をもとに表記しております。
  • ※19エネルギー消費効率とは、省エネ法(目標年度2011年度)で定める測定方法により測定した消費電力を省エネ法で定める複合理論性能(単位:ギガ演算)で除したものです。省エネ基準達成率の表示語-は達成率100%未満、Aは達成率100%以上200%未満、AAは達成率200%以上500%未満、AAAは達成率500%以上を示します。
  • ※20出荷構成(本体のみ/光学系ドライブ搭載)での測定値です。

設置環境条件 ※1

FC-R20Wシリーズを安全に且つ安定的にお使いいただき、お客様への損害を未然に防止するためにも以下に記載の設置環境条件内でのご使用をお願いします。誤った設置環境でご使用になられますとFC-R20Wシリーズ本体およびシステムの誤動作および故障の原因となり、場合によっては感電・発煙・火災の原因となりますのでご注意ください。

FA環境において誤動作を引き起こすこともありますので、下記設置環境条件に十分配慮して使用する必要があります。
 

項目 HDD動作時
(光学系ドライブ非動作時)
HDD / SSD / 光学系ドライブ動作時 SSD動作時
(HDD非搭載) (光学系ドライブ非動作時)
周囲温度
※2 ※3
5~45°C
(5~40°C)
5~40°C
(5~35°C)
0~45°C
(0~40°C)
保存温度 ※4 -20~60°C -20~65°C
湿度
(非結露)
20~80% 20~90%
保存湿度
(非結露)
20~80% 20~90%
浮遊塵埃 ※5 特にひどくないこと [0.3mg/m³] JEITA IT-1004A class B ※6
導電性および吸湿性の塵埃はなきこと
腐食性ガス ガスが検知されない良好な環境であること JEITA IT-1004A class A
耐震性
※7
連続:2.0m/s²
短時間:4.9m/s²
JEITA IT-1004A class B
連続:1.0m/s²
短時間:2.0m/s²
JEITA IT-1004A class A
連続:4.9m/s²
短時間:9.8m/s²
JEITA IT-1004A class S1
耐衝撃性 (XYZ) ※7 通電:19.6m/s²
非通電:98m/s²
電源電圧 ※8

AC100V~127V ±10% (AC  90V~140V)
AC200V~240V ±10% (AC 180V~264V)

電源周波数 50/60Hz ±3Hz
電源雑音 1KV p-p 50ns~1μsパルス
絶縁抵抗値 20MΩ (DC 500V)
絶縁耐圧 AC1.5KV 1分間
漏洩電流 1mA以下
静電気耐力 ±6KV(接触放電)、±8KV(気中放電) EN61000-4-2 Level3
瞬時停電 20ms以下(定格電圧時)
接地 D種

  • ※1PC製品および市販のファイル装置を内蔵した場合、設置環境条件は増設したオプションの設置環境条件となります。周囲温度0℃以下の所で保存される場合、本体内の時計がずれる場合がありますので、使用する際には、BIOSセットアップメニューにて再設定をおこなってください。
  • ※2本機に搭載している時計の精度は汎用PCと同等です。システム時計に高い精度が求められる場合には、タイムサーバ(NTPサーバ 等)の運用を推奨します。
  • ※3( )内は、添付のフロントフィルタ装着時。
  • ※4別売りのキーボード/マウスの保存温度は、FC-KB007UFC-KB008U:-20~60℃、FC-000MS-005:-20~60℃となります。
  • ※5塵埃の多い場所あるいは金属粉・オイルミスト・腐食性ガスなどがある環境で使用される場合は、防塵ラックや密閉筐体などに収納してご使用ください。
  • ※6JEITAは一般社団法人 電子情報技術産業協会(Electronics and Information Technology Industries Association)の略称です。
  • ※7本体の固有周波数と近接した場合に生じる共振現象における耐力を保証するものではありません。
  • ※8本機に搭載の電源ユニットは、力率改善電源です。矩形波出力タイプのUPS(無停電電源装置)は利用できません。正弦波出力タイプをご利用ください。

設置条件

FC-R20Wシリーズを安全且つ安定的にお使いいたくためにも、以下の条件を守って設置してください。

設置方向

横置き設置 縦置き設置

 

 

 

 

可能

 

禁止

 

禁止

 

禁止

 

本体周辺の空間について

本体には温度上昇を防ぐための通風孔が開けてあります。
通風孔エリアおよびケーブル接続エリアを確保するために、本体前面側、背面側を他機器などから50mm以上離して設置してください。

設置空間

世代番号

FC98-NXシリーズでは、長期供給/サポートのご要望にお応えするため、ロングライフ部品を選定し採用しております。しかし、パソコンのキーコンポーネンツ(チップセット/グラフィックボード/固定ディスクドライブ/光学系ドライブなど)は技術進歩による最新テクノロジー品への移行が加速されています。 したがって、今後も装置としての長期供給/サポートを継続する上で、装置仕様の互換を維持した中での部品変更を行うことが予想されますので、あらかじめご承知おきいただけますようお願い致します。

本世代番号は、各製品の装置銘板および保証書に記載の”型名”に付加し、保守/サポートの際にもお客様でご使用されている製品の構成情報が世代番号により判断でき円滑に対応が可能となります。

【補足事項】

  • 世代番号変更の際、装置仕様としては互換性を維持します。
  • 世代番号変更の際、事前にホームページ、メール配信等にてご案内いたします。
  • メール配信について
    本ホームページの「FC User Lounge」にご登録戴ければ、新商品情報、保守・集約情報等を随時、ご案内しております。是非、ご活用ください。

FC-R20Wシリーズ 世代番号情報

世代番号 変更内容 適用時期
A 初期設定  

世代番号表示位置

世代番号は、装置銘板および保証書の下記"赤丸"部となります。  

装置銘板 保証書
銘板 保証書

寿命品・消耗品

本体には、消耗品/寿命品が含まれています。消耗品/寿命品は、使用頻度、使用条件あるいは経過年数により消耗や劣化します。使用頻度や使用条件に合わせて定期的に交換することをお勧めします。
消耗品/寿命品の購入や交換については、お買い求めの販売店またはNEC フィールディング株式会社にご相談ください。

  • 【注意】本データは周囲温度25℃の標準状態における計算値であり、弊社が推奨する交換時期を記載しております。保証値ではありませんのでご注意ください。

消耗品

使用頻度や使用量により消耗の進行が異なります。
本体の保障期間内であっても部品代は有償となります。

部品名 推奨交換周期 交換用部品
バッテリ 10年(無通電放置) FC-BT003 ※1
フロントフィルタ 定期点検による※2 FC-FF001 ※1
  • ※1:販売店から購入して、お客様で交換が可能な部品です。
  • ※2:お客様にて防塵フィルタの目詰まりや劣化の有無を確認してください。
    劣化とは、フィルタを清掃しても目詰まりが解消されなかったり、清掃によりフィルタの目が粗くなった状態をいいます。

消耗品

使用頻度や経過時間、使用環境によって磨耗、劣化の進行に大きな差が生じ、修理による再生ができなくなる部品です。本体の保障期間内であっても部品代は有償となる場合があります。

部品名 推奨交換周期 交換用部品
DVDスーパーマルチドライブ 4年 ※1
DVD-ROMドライブ 4年 ※1
17型LCDコンソールドロア 50,000時間 ※1
電源ユニット 10年 FC-PW002※2
HDD 4年または20,000POH※3(通電時間)の短い方 FC-HD600KA/B ※2
SSD 5年または書き換え寿命の短い方 FC-SD100KA/B ※2
空冷用ファン 10年 FC-FN006 ※2
キーボード 打鍵1000万回以内 FC-KB007U ※2
FC-KB008U ※2
マウス 打鍵300万回以内 FC-MS004U ※2
FC-000MS-005 ※2
外付DVDスーパーマルチドライブ 4年 FC-DV002UB ※2
  • ※1:部品の販売はおこなっておりません。NECフィールディング株式会社での修理、交換となります。
  • ※2:販売店から購入して、お客様で交換が可能な部品です。
  • ※3:20,000POH(通電時間)の目安
    • 24 時間連続運転の場合 : 8,760時間/年間 (約2年間)
    • 1日12時間/毎日運転の場合 : 4,380時間/年間 (約4年間)
    • 1日12時間/週5日運転の場合 : 3,120時間/年間 (約6年間)
    • 1日8時間/毎日運転の場合 : 2,920時間/年間 (約6年間)
    • 1日8時間/週5日運転の場合 : 2,080時間/年間 (約9年間)
    運用開始から約4年が経過している場合は交換をお勧めします。

最新情報

  • 2017年07月10日カタログを更新しました。
  • 2016年11月07日供給期間を延長 (【Server2003モデル】受注停止:2018.02.28、出荷停止:2018.05.21、【Server2003モデル以外】受注停止:2018.09.28、出荷停止:2018.12.28)
  • 2015年08月26日カタログを更新しました。
  • 2015年06月15日17型LCDコンソールドロア(1U:FC-LD17BA001) 商品販売集約をご案内 (受注停止:2015年06月19日 出荷停止:2015年09月30日)
  • 保守受付期間3年延長U/LD(FC-LS001U/LD) 商品販売集約をご案内 (受注停止:2015年06月19日 出荷停止:2015年09月30日)
  • 2014年03月24日Linuxプリインストールモデル 受注を開始しました。
  • 2013年07月05日カタログを更新しました。
  • 2013年01月23日新商品「FC-R20W」一部モデルにて出荷開始時期を変更いたしました。

◆商標

  • Microsoft、Windows、Windows Server、Internet Explorerは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • インテル、Intel、Xeon、Intel SpeedStepは、米国およびその他の国におけるIntel Corporationおよびその子会社の商標または登録商標です。
  • Linuxは、Linus Torvalds氏の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
  • EXPRESSSCOPE、ESMPROは日本電気株式会社の登録商標です。
  • Roxio Creatorは、カナダ、米国、およびその他の国におけるCorel Corporationとその子会社の商標または登録商標です。
  • 本書中のその他の登録商標および商標はそれぞれの所有者に帰属します。
  • 記載されている商品名は、各社の商標または登録商標です。

◆注意事項

  • 本商品には、有寿命部品(HDD等)が含まれています。安定してご使用いただくためには定期的な保守による部品交換が必要になります。特に長時間連続して使用する場合には、安全等の観点から早期の部品交換が必要です。有寿命部品の交換時期の目安は、使用頻度や条件により異なりますので、本体添付の電子マニュアルを参照ください。
  • お客様が選択されましたOSに合わせて、ご使用になるソフトウェアおよび周辺機器の対応OS、動作可否や使用条件をご確認の上ご利用ください。
  • 本製品情報に記載の固定ディスク容量は1GBを10億バイトで計算した場合の数値です。OSから認識できる容量は、実際の値より少なく表示されることがあります。
  • 各種拡張機器/OS/アプリケーションの動作確認については、各メーカにご確認ください。
  • プリインストールおよび添付のソフトウェアのバージョンや詳細機能などは、予告なく変更する場合があります。それに伴い一部機能に制限が生じる場合があります。
  • 予告なく固定ディスクドライブ・SSDの容量や、DVDドライブ等を変更する場合があります。
  • 本商品(ソフトウェアを含む)は日本国内でのみ販売するものであり、当社では海外の保守サービスおよび技術サポートは行なっておりません。
  • 本商品(ソフトウェアを含む)が、外国為替および外国貿易法の規定により、規制貨物などに該当する場合は、日本国外に持ち出す際には、日本国政府の輸出許可申請など、必要な手続きをお取りください。詳しくは、マニュアルまたは各製品に添付しております注意書きをご参照ください。
  • 本機にインストールされているOSは、Microsoft社のアップグレード/ダウングレード対象製品ではありませんのでご注意ください。
  • Linux(カーネル)を含むオープンソースソフトウェアは、NECがその動作を保証するものではありません。Linuxシステムの導入や運用につき ましては、あくまでもお客様の自己責任のもとでお願いいたします。
  • 装置本体に添付しています保証書や媒体(「リカバリDisc」「バックアップDisc」等)の再発行および販売は致しません。紛失および傷・破損には十分注意して管理をおこなってください。

ページの先頭へ戻る