サイト内の現在位置を表示しています。

Express5800シリーズのWindows情報

Windows Server® 2019 概要

Windows Server 2019 は、Windows Server 2016をベースに、 ハイブリッドクラウドの活用、ハイパーコンバージドインフラストラクチャの強化、セキュリティの強化、アプリケーション実行環境の強化などを施した、最新OSです。

Express5800シリーズでは、以下エディションを採用し、ご提供しています

  • Microsoft Windows Server 2019 Standard
  • Microsoft Windows Server 2019 Datacenter
【画像】「Windows Serverロゴ」「Express5800シリーズラインアップ」イメージ

これらのエディションの位置づけと諸元は、以下のとおりです。

  Standard Datacenter
ライセンスモデル サーバーライセンス*1

クライアントアクセスライセンス(CAL)

仮想化環境において
同時に実行可能な
ゲストOSの数

(物理サーバのコア数に応じて必要なライセンス数を満たすごとに)2つ

(物理サーバのコア数に応じて必要なライセンス数を満たせば)無制限

対応アーキテクチャ 64bit (x64)
最大論理プロセッサ数*2 物理(ホストOS): 制限なし、仮想(ゲストOS): 240
最大メモリ容量*2 物理(ホストOS): 24TB、仮想(ゲストOS): 12TB
主な機能 ・Hyper-V
・IIS
・WSFC
・Active Directory
・WSUS
・コンテナーなど
左記Standardの機能に加え、以下の固有機能を搭載
・シールドされた仮想マシン
・記憶域レプリカ(フル機能) *3
・Software Defined Storage
 (記憶域スペースダイレクトなど)
・Software Defined Network
  • *1:

    物理サーバが搭載しているCPUのコア数に応じた数のライセンスが必要です。(最低16コア)

  • *2:

    OSとしての値です。実際の導入時には、ハードウェアの諸元などもご確認ください。

  • *3:

    記憶域レプリカは、Standardエディションにも機能制限つきで搭載されました。(最大2TB の単一ボリュームに制限)

  • 【お詫び】以前「シールドされた仮想マシン」について、Standardエディションに搭載されたと記載していましたが誤りでした。Windows Server 2019 でもDatacenterエディション固有機能となります。

Windows Server 2019 Datacenterを採用するメリット

Datacenterエディションだけに搭載されている機能が利用できると共に、仮想化環境において実行可能な仮想マシン(ゲストOS)数に制限がない為、以下のようなメリットを享受いただけます。尚、基本的な機能のみをご利用される場合や、導入時の初期コストを抑えたい場合は、Standardエディションをお選びください。

新機能活用のメリット

下記機能を活用頂くことで、セキュリティやシステム構成の柔軟性が向上します。これらの機能は、Windows Server 2016 Datacenterエディションだけに搭載されています。

  • シールドされた仮想マシン:仮想マシンの暗号化や管理者権限の適切な棲み分けを実現し、第三者からの不正アクセスを防止
  • 記憶域レプリカ:ストレージデータの複製(レプリケーション)可能。
    (Standardエディションにも搭載されているが、複製の形態やデータ量に制約あり。)
  • 記憶域スペースダイレクト:複数サーバのストレージを仮想的に統合し、1つの記憶域として共用化。
    「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)」を構成する機能。
  • Software Defined Network (SDN):物理的/仮想的に用意したルータ、スイッチ、ネットワークデバイスなどを組み合わせ、仮想的なネットワーク環境を構成
  • 一部の機能については、リリース当初はExpress5800シリーズ上での動作に制限が設けられています。詳細はこちら

仮想マシン集約のメリット

CPUのメニーコア化やメモリの大容量化など、最新サーバでは、1台の物理サーバで実行可能な仮想マシン数が数年前に比べて大幅に増加しています。仮想マシンの集約率を上げると、この最新サーバのリソースを有効に活用できます。さらにDatacenterエディションを採用することで、仮想マシンを無制限に利用できるというメリットも享受できます。

ライセンス管理の簡素化のメリット

仮想化環境のOSライセンスをStandardエディションで手配すると、サーバ1台あたり数十コア、場合によっては百を超えるコアライセンスの手配が必要となり、ライセンス管理が煩雑になります。 Datacenterエディションでは、物理サーバのコア数に応じたライセンスを手配すれば仮想マシンを無制限に利用できますので、仮想マシンの数が多い場合や複数サーバ間で仮想マシンを移動させる運用形態の場合でも、ライセンスをシンプルに管理できます。

ご購入前のご相談・お問い合わせ

ご不明点、気になる点などございましたら、お気軽にご相談下さい

まだ、導入するかわからない・・・という方でも、ハードウェア、ソフトウェア、ソリューションに数多くの実績を持つNECが対応いたします。

ファーストコンタクトセンター

0120-5800-72

月曜日~金曜日(除祝日、弊社休日)9:00~12:00 / 13:00~17:00

もっと詳しく製品を知りたい方

ショールーム:NEC Future Creation Lab(NEC フューチャー クリエイション ラボ)

NEC Future Creation Lab(NEC フューチャー クリエイション ラボ)は、お客様の課題解決や新しい価値創出に対し、「ICT活用による実現性」を体感できる施設です。 ※NEC Platform Solution Center は NEC Future Creation Lab に名称変更いたしました。