サイト内の現在位置を表示しています。

Express5800シリーズを支える「ものづくり」

Express5800シリーズ生産拠点

Express5800シリーズ生産拠点は、「NECプラットフォームズ 甲府事業所」です。甲府事業所では、最先端テクノロジーを凝縮したスーパーコンピュータの開発生産で培った高品質な回路実装や冷却などの高い技術に加え、RFID(Radio Frequency Identification)などのICTを活用した生産システムを構築しています。

Express5800シリーズができるまで

Express5800シリーズの生産の流れは、以下大きく5つの行程を経て出荷となります。

  1. 受入: 調達した部品の受け入れ検査
  2. ボード製造: ボード製造・検査
  3. 装置組立: お客様仕様による個別構成組立
  4. 装置検査: お客様仕様による最終品質保証検査
  5. 出荷
【画像】甲府事業所製品の生産の流れ

お客様仕様に応じて1台ずつ生産するBTO

甲府事業所で生産される12万台のExpress5800サーバのほとんどは、BTOの受注生産です。10万通り以上のバリエーションが存在するPCサーバの受注出荷プロセスでは、受注・生産・出荷を管理する各システムが連動し、“最短4営業日”という短い納期でお客様に製品をお届けすることを可能としています。

【画像】BTO生産の概要

制作協力:ASCII.jp