サイト内の現在位置

JANPS2018に出展

NECは、2018年11月28日(水)~30日(金)の3日間、東京ビックサイトで開催される「第23回新聞製作技術展JANPS2018」に出展いたします。JANPS2018は、3年に1度の国内唯一の新聞製作技術専門展です。

NECブースでは、デジタルトランスフォーメーションを実現する「コンテンツ編集AIアシスタントサービス」を中心とした様々な最新技術のほか、豊富な導入実績を誇る新聞製作の上流から下流までのトータルソリューションを出展致します。新聞社様の持つ多様なコンテンツに更なる価値を付加し新事業の創出に貢献するとともに、業務の効率化・高品質化を図るソリューションにより新聞社様の信頼性の向上を支援し、ニュースメディアに新たな価値を提供します。

出展ソリューション
   ・コンテンツ編集AIアシスタントサービス
   ・顔認証エンジン「NeoFace」を活用した人物検索ソリューション
   ・空間の価値、見える化します「FieldAnalyst」
   ・コンテンツマネジメントシステム「NewsGlobe Ⅳ」
   ・トータル新聞編集システム「NEPCELL-UX Ⅳ」
   ・DTP新聞組版システム「SUPER DIGITORIAL/EX」
   ・トータル広告管理システム「AdsGlobe SE」
   ・サーマルCTP装置「AMZISETTER-SX」
   ・業務効率化ソリューション 「RPA:NEC Software Robot Solution」「NIAS×Box」
   ・多様なニーズに対応するNECのマルチクラウド
   ・時代のムードを味わう「あの頃はCHOCOLATE」
    など、その他メディア業界を超えた弊社の取り組みをご紹介します。

開催概要

会期
2018年11月28日(水)~2018年11月30日(金) 10:00 ~ 17:00
会場
東京ビッグサイト  東京国際展示場(東京ビッグサイト)東6ホール
東京都江東区有明3-11-1
new window会場アクセス
主催
一般社団法人日本新聞協会
new window主催者サイトへ
入場料
無料(登録入場制)
※当日、受付にて業種等をご登録いただくだけで入場できます。
 名刺をお持ちの方はご持参ください。

ブースマップ

出展内容

NECのもつ最新技術や、新聞製作の上流から下流までのトータルソリューションをご紹介いたします。

+を押すと詳細が表示されます。

コンテンツ編集AIアシスタントサービス

AIを活用し編集作業やコンテンツ製作、アーカイブ管理業務を効率化するサービスです。AIが自動で「自動分類」「自動タグ付け」「自動要約」「類似記事検索」などリアルタイムで同時に処理します。クリエイティブな業務に注力でき、より高品質なコンテンツ製作をアシストします。また、アーカイブの資産を有効活用することで、新たなビジネス展開も可能となります。

NECが持つ世界No.1※の性能を誇る顔認証エンジンNeoFaceを活用して、大量の顔写真から同一人物を見つけ出すことが極めて短時間で可能になります。この技術を応用することで、新聞社様の保有する大量の画像から特定人物を効率的に抽出することができます。

2015年のリリース以降、多数のお客様にご評価いただき、活躍しているCMS<NewsGlobe>。新聞社様のニーズに応えた多メディア対応機能を備え、記事・画像を一元管理し、ワンストップで様々なメディア向けにリアルタイムに編集・配信することができます。

多数のお客様にご採用いただき、豊富な導入実績を誇るNECの<NEPCELL-UX>。通常の組版機能や自動編集機能に加え、災害対策やイベント用途としても活用できるモバイル型の組版端末もラインナップしております。

300ユーザーの豊富な導入実績を持つ日本語編集・組版ソフト<SUPER DIGITORIAL>。雑誌・新聞の制作や発行、電子書籍出版における、多様なニーズに対応する多様な機能を持ち、柔軟な編集・組版が可能です。

新聞社の広告管理特有の業務に対応した広告管理システム<AdsGlobe>。申込・割付の管理や、売上・請求・入金等の、精度の高い管理を実現します。

多数のお客様にご採用いただいております、NECの新聞印刷向けサーマルCTP装置「AMZISETTER」シリーズ。
レーザー光学系による、高い描画品質と高生産性を誇り、高精細スクリーンにも対応します。「AMZISETTER-SX」では、1L/2Lプレートに対応し、混在運用も可能です。ケミカルレス、プレセスレスなど環境負荷軽減プレート等でもマルチに対応が可能です。

画像から自動で人物・顔を検出。画像認識技術を活用し年齢、性別などを推定する「FieldAnalyst」。今まで人の手で実施していた、イベント来場者や顧客の数・流れ・顧客層などの細かな調査や分析をシステムで実現し、得られたデータから効果的なマーケティングに活用できます。

RPA業務自動化ソフトウェアロボットのNEC Software Robot Solutionにより、定型業務を自動化・効率化しデジタル時代に即した新しい働き方を実現します。NIAS×Boxでは、散らかったファイルサーバを見える化、さらにファイルサーバの容量肥大化からも解放され、ファイル管理を支援します。

NECのクラウドサービスであるNEC Cloud Iaasのほか、AWSなどの各種クラウドサービスをマルチに活用することで、多様なニーズに対応します。クラウド、ハウジング、オンプレなどの計画策定~構築~運用までトータルにサポートします。

NEC the WISEとBean to Barチョコレート専門店のダンデライオン・チョコレート・ジャパンのコラボレーションにより「あの頃はCHOCOLATE」を開発。NEC the WISEが約60年分の新聞記事からその時代のムードをチョコの味わいで再現しました。

ブース位置

東京ビッグサイト 東6ホール

NECブース位置 東6ホール

セミナー 自由視聴(事前申込不要)

  日  時  2018年11月28日(水) 12:45~13:30

  場  所  東6ホール セミナー会場 Bゾーン

  テ ー マ   メディア業界に起こるシンギュラリティとNECの最先端AI技術

  内  容  2045年になると、AIが自分より頭の良いAIを作り、そのまたAIがAIを作り…というように
        爆発的に知能が加速し、AIが人類の知能を超える技術的特異点 “シンギュラリティ” が起こると
        言われています。しかし、広告の世界では今、様々なメディアやアドテクに変化が起きており、
        2045年を待たずに “アド・シンギュラリティ” が起こり得ます。
        NECはこの時代の潮流を予測し、来たるべき環境変化に備えられるよう、最先端のAI技術で、
        新聞社のビジネスをアップデートし続ける企業であれたらと考えます。本セミナーでは展示する
        AI技術(自動記事要約、顔認証など)を中心に紹介しながら、これからのメディアの未来には
        どんなシンギュラリティが起こるのかを考えてみたいと思います。

  登 壇 者   日本電気株式会社 放送・メディア事業部  データアナリスト 志村 典孝

        ※お席に限りがございますのでお早めにご来場ください。

来場状況の計測について

日本電気株式会社は、来場者の方々によって、より便利で快適な施策を検討するために、第23回新聞製作技術展JANPS2018(11月28日(水)~11月30日(金)の3日間)にて、カメラ映像を使用し、NECブース来場者の通行状況を計測します。本取組みにおいて、ブース内での人流量の把握と次回以降の快適なレイアウトやイベントの検討に役立てます。

・カメラで撮影した映像から来場者の移動方向、属性(性別、年代)および人数の推定データを生成します。
・カメラで撮影した映像は、来場者の移動方向、属性(性別、年代)および人数の推定データを生成後、即座に破棄されるため、来場者個人を特定可能な情報は保存されません。

◆撮影内容詳細◆
撮影期間       : 2018年11月28日(水) ~ 2018年11月30日(金) 各日10:00~17:00
カメラ設置場所と台数 : NECブース(2台)

◆映像取得から分析までの流れ◆
【取 得】来場者の顔を含む全身画像
【加 工】顔を含む全身画像から生成される来場者の移動方向、人数、属性を示すデータ
【破 棄】来場者の移動方向、人数、属性を示すデータを抽出後、即座に映像を破棄
【推 定】移動方向、性別、年代および人数
【分 析】通行量、移動状況
                                                 以 上

お問い合わせ

当日のブース来場のお問い合わせ、招待券発送のご要望、ご質問等につきましては以下までご連絡をお願いいたします。

日本電気株式会社
放送・メディア事業部 メディアソリューション営業部
吉田
〒108-8001 東京都港区芝5-7-1
03-3798-4666