サイト内の現在位置

FIT2018(金融国際情報技術展)

金融国際情報技術展 FIT2018

この度、NECは、10月25日(木)~26日(金)に開催されます、株式会社日本金融通信社(ニッキン)主催の「FIT2018(金融国際情報技術展)」に出展する運びとなりましたので、ご案内いたします。

今回は、「デジタルでの本人確認」、「AI」、「オープンAPI」にスポットを当て、金融機関様によるご講演も交えて3つのセミナーを実施致します。

少しでも皆様のビジネス戦略やIT戦略にお役立て頂ければ幸いです。

開催概要

会期
2018年10月25日(木)~2018年10月26日(金) 13:30 ~ 17:00
※NECは25日のみとなります。
会場
東京国際フォーラム  ホールB5(1)会場
東京都千代田区丸の内3-5-1
new window会場アクセス
主催
日本金融通信社(ニッキン)
new window主催者サイトへ
入場料
ご参加は金融機関(証券・保険・ノンバンクなども含む)及び、金融機関系列会社の方に限らせていただきます。

NEC B5特別セミナープログラム(事前申込制)

10月25日(木)13:30~17:00 会場:ホールB(1)

時間 講演概要
B5(1)-21
13:30~14:30
「デジタルテクノロジーで変わる本人確認(KYC)/AMLの未来 ~犯収法の施行規則改正を見据え~」

NEC FinTech事業開発室
主任 渡邊 輝広

不正防止やマネー・ローンダリング対策の観点から、厳格な対応が求められる金融サービスの本人確認。昨今は、デジタル取引の増加に伴い、新たな手法を用いた本人確認の利便性やセキュリティの向上を目指す動きが出始めています。
さらに、犯収法の施行規則改正で、口座開設における本人確認のオンライン化が実現されるなど、金融事業者様においては本人確認業務のデジタル化対応の重要性が増しています。
本セミナーでは上記を見据えた新たな本人確認のかたちのご紹介とその先にあるデジタル・アイデンティティにも触れていきたいと思います。
B5(1)-22
15:00~15:45
「AIチャットボット活用で照会応答業務を迅速化 ~三井住友銀行での導入事例を踏まえて~」

株式会社三井住友銀行 システム統括部
上席部長代理 栗原 輝氏

三井住友銀行では、対話型AI自動応答システム「SMBCチャットボット」を、行内のシステム環境に関する照会窓口や人事関連の規定・手続の照会窓口に導入し、照会応答業務の迅速化と効率化を推進しています。さらに三井住友フィナンシャルグループ各社にも順次展開を行っております。
本セミナーでは、AIによる自然な対話形式での高精度な回答と自動学習による運用負担やメンテナンスコストの削減を実現した「SMBCチャットボット」について、デモを交えご紹介いたします。
B5(1)-23
16:15~17:00
「オープンAPIによる産業横断イノベーションの創出 ~金融×他業種APIエコシステムの形成~」

NEC 第二金融ソリューション事業部 バリュークリエイション部
部長 児玉 直宏

改正銀行法や政府が掲げる日本再興戦略において、銀行やカード会社等の金融事業者様には「オープンAPI」への対応が求められており、既に多くの金融事業者様が必要な体制・システム面での整備に着手しております。
当社では、オープンAPI対応を契機とした「新たな顧客サービスの創出」や「産業横断のイノベーション」をご支援すべく、金融事業者様と他業種事業者様や行政関係機関様との共同研究会を開始しました。
本セミナーでは、それら取組みの概要、検討テーマの一例、今後の展望等をご紹介いたします。
  • 事前申込制です。(9月25日より受付開始予定)

new windowセミナー申し込みはこちらから

問い合わせ先:
NEC FIT2018運営事務局 fit_event@fsp.jp.nec.com