サイト内の現在位置

ものづくり研究グループ 第九期 SCM・ロジスティクス分科会

製造業を取り巻く環境が複雑化している中、これまで以上に不確実性への適応が重要であり、デジタル技術を最大限に活用したサプライチェーンマネジメントの高度化が求められています。 
ものづくり研究グループでは、これまで、物流・ロジスティクスをテーマに各種情報の交流・検討を図るための「ロジスティクス分科会」を実施してきました。今年度は、「サプライチェーンマネジメントの高度化」までテーマを拡げ、参加者同士が各テーマに関する取組みについて情報共有・情報交換を行いながら、課題解決のヒントを見い出す場となるべく企画いたしました。

活動内容をご確認の上、ご参加ご検討いただきますようお願い申し上げます。
皆さまのご参加をこころよりお待ちしております。

開催概要

会期
2022年 7月 ~ 2023年 3月の期間において、全5回開催。
※各回13:00~16:00の時間帯での開催を原則とします。
会場
オンライン(ZoomもしくはTeams)、または、状況に応じて
ハイブリッド(東京会場とオンライン)で開催。
※申込された方の利用状況により、オンライン会議ツールを決定します。
主催
NEC ものづくり研究グループ
参加費
無料
定員
10社
※1社1名のご登録とさせていただきます。
 ご登録メンバーの他、各回のテーマに応じて、1名ご同伴いただけます。
対象
①全社SCM・ロジスティクスの企画・再編を検討・推進される部長クラスの方(推奨)
②固定メンバー制で実施のため、継続してご参加が可能な方
 ※ものづくり研究グループ会員様を対象としています。
  ものづくり研究グループ非会員の方は、お申し込み時に、会員登録いたします。
お申し込み
締め切り
定員になりましたので、お申込みを締切いたしました。

スケジュール(予定)と 活動内容

  開催日 内容
第1回 2022/7/7(木) ・オリエンテーション
・NECから話題提供
・メンバー自己紹介、事前アンケートの共有
第2回 2022/9/8(木) ・メンバー各社から話題提供、意見交換
第3回 2022/11/10(木) ・メンバー各社から話題提供、意見交換
第4回 2023/1/12(木) ・メンバー各社から話題提供、意見交換
・グループ別ディスカッション
第5回 2023/3/2(木) ・メンバー各社から話題提供
・まとめ

活動について

  • 第1回会合開催前に、本分科会で取り上げて欲しいテーマの事前アンケートを実施し、第1回会合にて検討の上、テーマ、話題提供の分担を決定します。
     ≪ 情報交換テーマ ≫
      ロジスティクス全体の見える化、グローバル物流、構内物流、調達物流、出荷物流、
      物流費・在庫低減、物流業務・オペレーションの効率化(IoT、AI活用)、物流の共同化、
      その他(物流品質他)
  • 第2回会合以降は、より深いディスカッションをすることを目的に各社様のお取組み内容や課題について、話題提供をお願いします。
    話題提供は、簡単な資料作成とご発表をお願いします。(1社1回:20分程度)

お問い合わせ

NEC
ものづくり研究グループ事務局
monozukuri@mml.jp.nec.com